FANDOM


ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

ネタバレだと? ミレニアム・ファルコンを知らないのか?

※ネタバレ注意:このページは映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレ情報を含みます。

「1人で死ぬのは嫌なもんだ、坊主。ヴァルの言う通りだ」
―リオ・デュラント[出典]

リオ・デュラント(Rio Durant)は惑星アルデニア出身の男性アルデニアンで、帝国時代に活動した犯罪者、パイロットである。[1] トバイアス・ベケットが率いるギャング団の一員であり、ベケットやヴァルと長い付き合いだった。優れた戦略家にして大の話好きでもあるリオは[3]、風変わりな経験談になりそうな新しい仕事に喜んで飛びついた。リオはもともとクローン戦争銀河共和国に協力した独立軍“フリーダムズ・サンズ”のメンバーだったが、戦争が終わると収入が無くなってしまったため、軍隊で培った技術を犯罪行為に役立てて生活費を稼ぐことに決め、すぐにベケットと一緒に仕事をするようになった。また、人が良いリオはチームの仲間に料理を振る舞うのが趣味だった。[1]

10 BBY、リオとベケット、ヴァルはクリムゾン・ドーンの首領ドライデン・ヴォスから銀河帝国コアクシウム奪取する仕事を与えられた。彼らは任務に必要なATホーラーを手に入れるため惑星ミンバン戦場を訪れ、そこでハン・ソロウーキーチューバッカと出会う。ヴァルはハンとチューバッカを厄介者とみなしたが、リオは彼らに好意的で、結局ベケットもこの2人を今回の任務のクルーに加えることにした。寒冷惑星ヴァンドア1で強奪作戦が始まると、リオはコアクシウムを積んだコンヴェイエクスの車両をATホーラーで持ち上げる係を務めた。しかし情報を聞きつけたクラウド=ライダーズがベケットのクルーを妨害し、リオはATホーラーに乗り込んできたスウープギャングとの銃撃戦で致命傷を負った。リオはコックピットに駆けつけたハンと短い会話を交わし、間もなく息を引き取った。[2]

制作の舞台裏

リオ・デュラントは2018年の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターで、ジョン・ファヴローが声優を務めた。ファヴローは2018年2月16日に自身が演じるキャラクターの画像をTwitter上にアップし、4月8日に初めて役名を公開した。

登場エピソード

参考資料

脚注