FANDOM


リアナ・サレン(Rianna Saren)はトワイレックの女性で、奴隷生活を脱走し、犯罪者となったのちに反乱同盟軍のヒロインとなった人物。彼女はまだ幼い頃に、銀河帝国の奴隷商人、ザブラクザリエン・キーヴのもとへと売り込まれ、惑星コルサントでその状況から逃れるためだけに犯罪者としての道を歩んだ。0 BBY、サレンは傭兵カイル・カターンと接触し、彼から反乱同盟軍のことを紹介された。そしてサレンは反乱同盟軍のため任務をいくつか引き受ける。そうした任務の中には、惑星コルサントにあったブラック・サンの倉庫内の帝国の艦船の回収、ブラック・サンが新しい種類のドラッグを試すために拿捕した農業研究船破壊、そして惑星ムスタファーでの帝国のマーカナイト採集施設破壊といったものが含まれていた。これらの任務のあいだにサレンが出会った、ジーオーという名前のアラキッド・インダストリーズ社製のセキュリティ・ドロイドは、彼女の唯一の仲間になる。また、自分のかつての奴隷主、キーヴの居所を見つけたサレンは、彼女の復讐を果たそうと決めたが、すぐに彼によって捉えられてしまった。

サレンは刑務所の惑星、デスペイヤーに投獄された。そこは、惑星の全体すらも滅ぼすことが出来る銀河帝国の超兵器、初代デス・スターの建設現場でもあった。帝国はデス・スターの能力をテストするためにこの刑務所惑星を破壊したが、彼女はその直前にデスペイヤーを脱出し、この宇宙ステーションへと侵入していた。彼女はキーヴがデス・スター・プロジェクトの監督官、ダース・ヴェイダーと会話するのを耳にした。このとき、サレンは惑星ダヌータにおけるデス・スターの計画のことを知り、帝国こそが自分の本当の敵であることを悟る。デスペイヤーの破壊に関する彼女の報告は、反乱同盟軍へ向けてこのバトルステーションの火力に関する貴重な情報として提供された。サレンはのちにデス・スターから脱出してダヌータに赴き、奴隷主だったキーヴを殺害し、保管されていたデス・スターの計画を手に入れる。サレンの活躍のおかげで、反乱軍はデス・スターの完全な設計図を手にした。これは最終的に帝国の超兵器の破壊に繋がったのである。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

  • Death Star Designer (言及のみ)
  • Star Wars: Lethal Alliance (初登場)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki