FANDOM


ラーズ家(Lars family)は砂漠惑星タトゥイーンに住んでいた人間の一族。水分農場を営んでいた。

歴史

銀河共和国時代の後期、クリーグ・ラーズにはオーウェンという名の息子がいた。前妻を亡くしたクリーグは、奴隷だったシミ・スカイウォーカーを自由の身にし、新しい妻として迎えた。シミやクリーグの死後、オーウェンはベルー・ホワイトサンと結婚した。

シミの息子であるアナキン・スカイウォーカーシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーになった後、アナキンとパドメ・アミダラの息子であるルーク・スカイウォーカーは、オーウェンとベルー夫妻に預けられることになった。ルークは養子になった後もラーズと名を変えることは無く、育ての親をそれぞれ“オーウェンおじさん”、“ベルーおばさん”と呼んでいた。ヤヴィンの戦いの直前、オーウェンとベルーは銀河帝国ストームトルーパーに殺害され、一族の血は途絶えることになった。

家系図

 
 
 
 
 
 
レフ・ラーズ
 
グレダ・ラーズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイカ・ラーズ
 
クリーグ・ラーズ
 
シミ・スカイウォーカー
 
エダーン・ラーズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーウェン・ラーズ
 
ベルー・ホワイトサン
 
スカイウォーカー家を参照)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルーク・スカイウォーカー
(養子)


登場エピソード

参考資料


他言語版