FANDOM


ランコア(Rancor)は惑星ダソミアに起源を持つ不格好な見た目の巨大な爬虫類動物である。ある程度の知性を備えた準知覚種族で、ブラスターも通用しない丈夫な皮膚を備えた。もともとランコアは獰猛な生き物ではなかったが、犯罪王や、道徳観念を持ち合わせない富裕層たちからトロフィーとして重んじられた。タトゥイーンに住むジャバ・ザ・ハット宮殿の中でランコアを飼育し、気に入らない相手の処刑に使っていた。

生態と特徴

Rancor.jpg

ジャバのランコア

ランコアは筋肉質で不格好な体格の爬虫類動物である。短く太い2本の脚と比較すると、腕は不釣り合いなほど長かった。ランコアは平均体高5メートル[4]、平均体重1,650キログラム[5]、洞窟や平原に棲息した。[1] ランコアはもともと獰猛な気性ではなかったが[4]銀河系で最も恐れられる猛獣のひとつだった。[3] また、彼らはある程度の知性を備えていた。[1] 顔のほとんどを大きな口が占めており、びっしりと生えた歯の隙間からよだれを垂らした。ランコアの皮膚は非常に丈夫で、ブラスターの弾が当たっても少し不快に感じる程度だった。[4]

亜種

ランコアには多くの亜種が存在した。[3][7] 惑星フェルーシアに住むジャングル・ランコアは明るい色の肌を持ち、手足に水かきのようなヒレを備え、体中に小さな突起があった。彼らは穏やかな性格で、フェルーシアンの農民と平和的に共存していた。[4][7] 黒い肌のシャドウ・ランコアは破壊好きとして悪名高く、手の届く距離にあるあらゆる物を攻撃した。薄茶色のハンター・ランコアは嗅覚が鋭く、同じくらいの大きさの生き物と比較して機敏だった。彼らもまた獰猛な性格で、運動能力を活かして別の生き物を追い回すことを好んだ。褐色のレイジ・ランコアは珍しい亜種で、一般的なランコアより邪悪な気性の生き物だった。[3]

ランコアと文化

ランコアの母星ダソミアだったが[1]犯罪王や道徳観念を持たない富裕層たちに気に入られ、さまざまな惑星へ持ち出されていた。[4] また、ランコアの革は衣類の素材に用いられることもあった。優雅な服を好んだドゥークー伯爵は、珍しいランコア革のブーツやベルトを着用していた。[5] また、ランコアは大物狙いのビッグ・ゲーム・ハンターたちにとって格好の標的となった。[3][9]

歴史

BARC Rancor.jpg

共和国軍のBARCスピーダーに描かれたイラスト

クローン戦争中、共和国グランド・アーミーにはアドバンスト・レコン・コマンドーコルトが指揮官を務める“ランコア大隊”という名の部隊があった。[10] また、共和国軍が使用したBARCスピーダーのサイドカーの1つに、ランコアの顔のイラストが描かれていた。惑星キロスの任務に赴いた際、ジェダイ・コマンダーアソーカ・タノがこのサイドカーに乗り込んで砲手を務め、彼女の師匠であるアナキン・スカイウォーカーがBARCを操縦した。[11] また、ノートランジェダイパダワンザットは、惑星フローラム海賊たちを相手にサーカスを披露することになった時、ランコアの衣装に身を包んだ。[12]

トランドーシャンの狩人ガーナックユブリキアン浮遊要塞の戦利品室にランコアの頭部を飾っていた。[9] また、帝国時代に惑星ダンドラン元老院議員を務めたジョハール・ケッセンは、ハンターとしてダソミアを訪れた経験があり、ランコアについても詳しかった。銀河内戦期、アウター・リム・テリトリーの惑星タトゥイーンにおいて、ランコア(およびその亜種)が銀河帝国反乱同盟軍の基地を襲撃する事件が起きた。[3]

タトゥイーンの犯罪王ジャバ・ザ・ハット宮殿パティーサという名のランコアを飼っていた。[8] このランコアは執事ビブ・フォーチュナがジャバにプレゼントしたもので、マラキリが飼育係を務めた。[1] ジャバを不愉快にさせた者たちは謁見室に仕掛けられた落とし穴から地下へ落とされ、ランコアの餌食となった。エンドアの戦いの直前にも、ジャバの命令を拒否したトワイレックの踊り子ウーラがランコアに食べられてしまった。それからしばらくして、ジャバはルーク・スカイウォーカーをウーラと同じ方法で処刑しようとしたが、この若きジェダイ・ナイトは獰猛なペットを返り討ちにする。[6]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki