FANDOM


ラルティア[1](Ralltiir)はコア・ワールド惑星であり、コアとコロニーの境界部分、パーレミアン・トレード・ルート沿いに位置していた。ラルティアは銀行業で有名な、ハイテクで魅力的な惑星だった。また、この惑星は大理石の採石場として、あるいは農業の社会や医療センターの存在でも知られていた。この惑星の強力な金融機関は中立の立場にあったため、投資家たちにとって資金の安全な避難場所としての評判を得ていた。そしてラルティアにはラルティア証券社ラルティア・コンソリデイテッド・マーブル社ズウィジ・マーブル社の本部が置かれていた。また、ラルティアは反乱同盟軍を支持した最初の惑星のひとつである。ローグ中隊パイロットデレク・クリヴィアンはラルティア出身である。

歴史

Ralltiir Financial district

ラルティアの金融地区

ラルティアはダーパ宙域の多くの他の惑星とは異なり、エッセリアン帝国に属していなかった。大規模な惑星間銀行システムを頼りに、独立を維持していたのである。クライアントの惑星や企業は自分たちの資産を保護するために、ラルティアの中立の手助けをしていた。ほとんどの投資家たちは、クローン戦争ニュー・オーダーの初期に銀河系を巻き込んだ政治上の、そして軍事上の混乱に、惑星ラルティアが被害を被らないと考えていたのである。

銀河共和国の最後の数年間に、ブラック・サンのリーダー、アレクシィ・ギャリンはラルティアに自身の基地をおいていた。しかし、彼は32 BBYダース・モールによって殺害されている。同じ年、モールはこの惑星からバートックの要塞を排除する。

銀河内戦の時代、銀河帝国に賛同する派閥がラルティアの金融システムに侵入し、帝国を支持する側に市場を導いていった。この活動では惑星外の投資家の財政的な記録の抹消も行われていた。ヤヴィンの戦いの直前、ラルティーリ最高評議会のメンバーだった反乱同盟軍の支持者は、これを止めて市場のバランスを回復しようと試みる。帝国元老院において惑星ラルティアを代表していた女性の元老院議員は、この件に関して皇帝パルパティーンの権威の前に迎合し、それに従っていた。

Ralltiir banker

地元ラルティアの銀行家

その後、帝国はタイオン卿率いる勢力をラルティアへと派遣し、砲撃を行った。帝国軍事勢力はラルティアの最高評議会を解散させ、この住民たちを監獄キャンプへと送り込んだ。そしてラルティアはデニックス・グレイバー総督がリーダーを務める軍事裁判所のもとに置かれることになった。また尋問センターも設立され、惑星の通りではストームトルーパーがパトロールを行うようになった。タイオン卿はまたラルティア星系全域を封鎖した(この封鎖では、例えば慈善援助団体がこの領域を通過することさえ許可されなかった)が、これはパーレミアン・トレード・ルート沿いの商業にひどい悪影響を及ぼすことになる。

ヤヴィン4における反乱軍と帝国軍の戦いよりも前、プリンセス・レイア・オーガナはラルティーリ最高評議会に医療品や装置を届ける慈善任務で、ラルティアへと赴いた。彼女はタイオン卿自身によって着陸を許可されたのである。ここで、レイア・オーガナは負傷した反乱同盟軍の軍人を救う。この軍人によって、帝国のデス・スターの存在が始めて明らかになった。その後、反乱同盟軍はラルティアの囚われの身の科学者たちを救うため、ルーク・スカイウォーカーと彼が指揮していたローグ中隊ローグ中隊を派遣する。彼らは遠く及ばないほどの帝国の第軍勢と戦いサークリィの亡命があったにもかかわらず、勝利を収めた。

ラルティアは新共和国が帝国から占領し返した最初のコア・ワールドの惑星だった。新共和国の攻撃チームは惑星の防衛用イオン砲やパワー・ジェネレーターを機能不能にし、6隻のモン・カラマリ・スター・クルーザーの特殊部隊で惑星への妨害を排除してここを安全にした。しかし、やがてラルティアはシャドウ・ハンド作戦のときに再び帝国の支配下に置かれることになる。

25 ABY、ラルティアはラルティーリ事務局の大臣、シャーカによって統治されていた。ユージャン・ヴォング戦争のあいだ、ラルティアはユージャン・ヴォングによって征服された惑星からの何百万人という避難民を受け入れていた。このエイリアンの侵略者たちは戦争中にさらに領土を拡げていき、レイア・オーガナ・ソロはラルティア政府に対してもっと多くの避難民を受け入れてくれるよう嘆願する。しかし、侵略を恐れていたラルティアの政府は、さらに多くの避難民を受け入れることを拒否する。

最終的に、ラルティアも侵略者ユージャン・ヴォングたちによって征服され、惑星の住民たちは奴隷にされた。惑星コルサントに対する襲撃のさい、ラルティアの住民の捕虜たちは、ユージャン・ヴォングが首都惑星のシールドへ仕掛けた、自殺的な攻撃を行った宇宙船の中に乗せられていた。この侵略戦争のあいだ、ラルティアは侵略者たちによってコロニー惑星として使用されていた。

40 ABY以前のある時点で、シャル・アンティリーズはラルティアの法廷で彼女の名前を法的に改名していた。137 ABYラルティアの戦いがこの惑星で行われる。

登場作品

Eaw Ralltiir

スター・ウォーズ エンパイア・アット・ウォー版ラルティア

  • Labor Pains
  • Star Wars Knights of the Old Republic 13: Days of Fear, Part 1
  • The Taris Holofeed: Invasion Edition (言及のみ)
  • Star Wars Knights of the Old Republic 19: Daze of Hate, Part 1 (言及のみ)
  • The Adjudicator Special Report: Tools of the Trade (言及のみ)
  • 偽りの仮面 (言及のみ)
  • 'Star Wars: Darth Maul
  • Episode I Adventures 3: The Fury of Darth Maul
  • Episode I Adventures 4: Jedi Emergency (言及のみ)
  • HNNsmall Coruscant Eliminated in Galactic Cup Opening Round—HoloNet News Vol. 531 47 (言及のみ)
  • HNNsmall New Xim Exhibit to Tour—HoloNet News Vol. 531 47 (言及のみ)
  • Imperial Commando: 501st
  • 反乱の夜明け (言及のみ)
  • Star Wars: Empire: Princess... Warrior
  • Star Wars radio drama
  • SWAJsmall "A Certain Point of View"―Star Wars Adventure Journal 8 (言及のみ)
  • Star Wars: Empire 13: What Sin Loyalty?
  • Star Wars: Rebellion
  • Fair Prey (言及のみ)
  • SWAJsmall "Galaxywide NewsNets"―Star Wars Adventure Journal 3
  • SWAJsmall "Galaxywide NewsNets"―Star Wars Adventure Journal 9
  • WEG icon2 "An Old Flame in Need..."—Shadows of the Empire Sourcebook (言及のみ)
  • Star Wars: Empire: The Wrong Side of the War (言及のみ)
  • Star Wars: Rogue Squadron III: Rebel Strike
  • SWAJsmall "Crimson Bounty"―Star Wars Adventure Journal 14 (言及のみ)
  • X-wing Rogue Squadron: Requiem for a Rogue (言及のみ)
  • ジェダイの失墜
  • Star by Star(猟獣/陥落(言及のみ)
  • The Unifying Force(迷走/統合(言及のみ)
  • Betrayal (言及のみ)
  • ミレニアム・ファルコン (言及のみ)
  • Star Wars Legacy 36: Renegade

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki