Fandom

Wookieepedia

ラムー

9,056このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「ここでの生活は平和だ」
ゲイレン・アーソ[出典]

ラムー(Lah'mu)はアウター・リム・テリトリーレオバロ宙域に属した、肥沃な土地に恵まれた農耕惑星である。惑星の名前はニモーディアン言語で「繁栄」を意味する。ラムーは古代のが砕けた際に形成されたを持ち、地表には火山を含む脈、黒砂の海岸、間欠泉といったさまざまな地形が広がっていた。ラムーの水圏は豊かだったが、土壌に含まれる物質に汚染されていたため、飲水としては適さなかった。また、緑樹や土も火山堆積物によって汚濁していた。ラムーには特に珍しい産出物もなく、主要なハイパースペース・ルート付近の星で何でも事足りることから、この星が世間の注目を集めることは少なかった。銀河共和国はラムーをはじめとするアウター・リムの星々への移住プロジェクトを推進していたが、失敗に終わる。

ソウ・ゲレラの提案のもと、ゲイレンライラ・アーソとその幼い娘ジン銀河帝国から身を隠すため、人里離れたラムーの農場で隠遁生活を送った。しかし帝国先進兵器研究部門オーソン・クレニック長官13 BBYアーソ一家を見つけ出し、ゲイレンをラムーから連れ出してデス・スター・プロジェクトに参加させた。

特徴

Lahmu Databank.jpeg

ラムー

ラムーは銀河系アウター・リム・テリトリーレオバロ宙域に属す惑星である。主要なハイパースペース・ルートから離れており、惑星ダントゥインマイトズ・アロー航路の北側、チョパニの虚空チョパニ宙域との境界に位置していた。ラムーは惑星軌道にケイ土からなる大きなを持っていた。この環はクローン戦争のはるか昔に砕け散った古代の月の残骸から形成されていた。また、ラムーには環ができた後も自然の衛星がひとつ残っていた。

ラムーは植物が生い茂るダークグリーンの星で、惑星固有の生物圏がクロロフィルに変化させていた。ラムーの地殻は地理学的に早い段階で何度も分裂を経験しており、豊富な鉱物と土壌が地表にもたらされ、肥沃な大地が形作られた。ラムーの土壌には亜鉛塩素コバルト窒素ホウ素といったさまざまな鉱物が含まれていた。そのため、この星には大量の水圏が存在したにも関わらず、鉱物によって汚染されていたため地下は飲料水に適さなかった。また、火山テフラ(堆積物)も惑星の緑樹を汚染していた。

ラムーの地表の風景は青々として穏やかで、や台地が広がり、火山や黒い砂浜、塩水の間欠泉農地が点在した。ラムーの数少ない入植者たちは、西半球の特に肥沃な低地の周りに住んでいた。

歴史

肥沃な惑星

Lah'mu.png

ラムー

ラムーはニモーディアン言語で「繁栄」を意味する単語から名付けられていた。ラムーの地殻は地理学的に早い段階で何度も分裂し、地表に豊かな鉱物と土壌がもたらされ、まばらな入植者たちが農場を開拓した。ラムーはもともと複数の月を持っていたが、そのうちのひとつが粉々に砕けた際にケイ土から成る環が形成され、惑星地表に大きな影を投げかけた。また、同じ頃に火山から噴出されたテフラ(堆積物)がラムーの自然の緑樹を汚染したため、後世の入植者たちは慎重に土壌をフィルタリングしなければならなくなった。

銀河共和国の最後の数十年のあいだに、経済発展省はラムーをはじめとするアウター・リム・テリトリーの星々への移民を奨励し、農家の開拓に必要な土地などのインセンティブを提供した。このプロジェクトは失敗に終わり、多くの惑星が放棄されるか、小規模な植民が行われるに留まった。ラムーもそのひとつだったが、世間から忘れ去られている分、この星は安全な隠れ家にもなった。

帝国時代

Lahmu EW.png

アーソ農場にて、デス・トルーパー

帝国時代13 BBY当時、ラムーの人口は500人にも満たず、西半球に農場が設けられていた。住民の多くは戦争を避けるためにやってきた逃避者だった。クローン戦争期にオーソン・カラン・クレニックと関わりを持ったアーソ家も、銀河帝国の時代には人里離れたこの惑星で質素な生活を送っていた。ゲイレンライラ・アーソ夫妻は人口の少ない東半球を住居に選び、ソウ・ゲレラの助けを借りて65ヘクタールの土地を手に入れる。アーソ家はラムーで作物を栽培し、プリトーミン・エンバイロメンタル社製のGX-8水分凝結機を使って空気中の水分を収集していた。

一家にとって不幸なことに、帝国の先進兵器研究部門長官となったクレニックはアーソ家の隠れ家を突き止め、ゲイレンをデス・スター・プロジェクトに参加させるためデス・トルーパーを引き連れてラムーにやってきた。帝国に見つかった場合の備えを用意していたゲイレンは、ライラと幼い娘ジンを秘密の隠れ家に向かわせ、1人でクレニックを出迎えた。しかし、ライラは夫を救うため農場に戻り、デス・トルーパーに撃ち殺されてしまう。草むらの影から母親の死を目撃したジンは、デス・トルーパーに見つからないよう洞窟に向かい、人工岩のハッチの下にあるシェルターに身を隠した。帝国がゲイレンを連れてラムーから立ち去った後、ジンは駆けつけたソウ・ゲレラによって救い出された。

住民

ラムーは人口がまばらな惑星で、500人にも満たない人間の入植者たちが、西半球に広がる肥沃で閑静な土地で暮らしていた。彼らの多くは、共和国経済発展省の援助を受け、クローン戦争の戦火を逃れるためこの星にやってきた移民者だった。また、ラムーには固有の知覚種族が存在しなかった。

表記

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の劇場パンフレットではラ・ムーと表記されている。本サイトでは、アポストロフィによる音節区切りを中黒で表現しないという方針に従い、ラムーとする。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki