FANDOM


ラネヴァー・ヴィルチャム(Lanever Villecham)はターサント男性で、エンドアの戦いの30標準年後に新共和国議長を務めた政治家。ターサント星系の代表者として銀河元老院に派遣されていたヴィルチャムは、銀河内戦終結時に新共和国と銀河帝国の間に結ばれた銀河協定に基づく平和主義政策の支持者だった。そのため、彼は在職中に中立星系との関係改善に重点を置き、レイア・オーガナ将軍レジスタンスが主張するファースト・オーダーの脅威を信じなかった。ファースト・オーダーの超兵器スターキラー基地ホズニアン星系破壊した際、ヴィルチャム議長は新共和国の首都ホズニアン・プライムで命を落とした。

経歴

ラネヴァー・ヴィルチャムは新共和国銀河元老院ターサント星系の代表者を務めていた。エンドアの戦いの29後、ヴィルチャムは元老院の議長に選出された。在職中、彼は長年にわたり共和国に不満を抱いていたトランス=ハイディアン・ボーダーランド中立星系群との貿易関係改善に重点を置いた。また、ヴィルチャム政権下の新共和国は銀河帝国の後継政府ファースト・オーダーの台頭に直面する。ヴィルチャムは銀河内戦終結時に新共和国と帝国の間に結ばれた平和条約、銀河協定が守られている限りファースト・オーダーが脅威になることは無いと考えていた。しかし、レジスタンスを率いるレイア・オーガナ将軍は成長を続ける帝国の残党に軍事的な対処を講じるべきだと主張した。オーガナは新共和国に軍備増強を求めるため、当時の首都惑星ホズニアン・プライムに使節のコー・セラ中佐を派遣した。しかし、ヴィルチャムとセラはファースト・オーダーの超兵器スターキラー基地ホズニアン星系破壊した際に命を落とした。

個性と特徴

ラネヴァー・ヴィルチャムはターサントの男性で、髪のは白く、目は黒、肌は褐色だった。彼は新共和国の平和原理主義を信じ、銀河協定が破られない限り、ファースト・オーダーとの間に新しい紛争を起こすべきではないと考えていた。ファースト・オーダーが超兵器を使って真っ向から敵対行動をとった際、新共和国は自衛する余裕もなく首都を滅ぼされ、ヴィルチャムもその犠牲となった。

登場エピソード

参考資料

脚注

新共和国
歴代議長 モン・モスマ - ラネヴァー・ヴィルチャム
組織 銀河元老院ポピュリスト - セントリスト) - 新共和国保安局 - 新共和国宇宙省 - セネト・ガード
軍隊 共和国司令部 - 新共和国軍特殊部隊
宇宙軍艦隊司令部 - スターファイター部隊 - 新共和国軍パイロット
地上軍新共和国軍兵士
関連記事 銀河協定 - 軍備縮小法 - 主席議員 - シャンドリラ - ナカディア - ホズニアン・プライム
[テンプレート]