FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ラッツ・タイレル(Ratts Tyerell)はアリーナ男性で、銀河共和国末期のポッドレーサーパイロットナブー危機のさなか、惑星タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに出場した。タイレルは巨大なポッドレーサーに乗り込み、前回覇者であるダグセブルバを破ろうとした。しかしラグーナ・ケイヴに飛びこんだ際に加速装置が故障し、タイレルはポッドレーサーの制御を失って鍾乳石に衝突してしまった。レース終了後、タイレルの死を嘆く家族の姿が目撃されたと伝えられている。

経歴

惑星アリーン出身のアリーナ男性、ラッツ・タイレルはプロポッドレーサーパイロットとして活躍した。彼は小柄だったが、特大のエンジンを搭載したポッドレーサーに乗り込んでいた。タイレルはアリーナのメカニック・チームを雇い、家族を連れてレース会場へと旅した。タイレルは故郷アリーナで大きな人気を集め、アリーンの間では一番の有名人と評価されることもあった。当時、タイレルのポッドレーサーを模したおもちゃも発売されていたほどだった。トレード・フェデレーションによるナブー侵略事件が起きていた頃、タイレルはアウター・リム・テリトリーの惑星タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに出場した。このレースの直前、タイレル夫人は第三子を出産した。ブーンタ・イヴの実況者を務めたフォード・アンド・ビードはレーサーの紹介でそのことを紹介した。

Finalmoments

タイレル最後の瞬間

ブーンタ・イヴ・クラシックにおけるタイレル最大の目標は、前回覇者であるセブルバを破ることだった。ダグ種族のセブルバは勝利のために不正を働く危険なレーサーとして知られた。ブーンタ・イヴの朝、タイレルのクルーはイオピーに部品を乗せて運び、モス・エスパ・グランド・アリーナのスターティング・グリッドにレース機を配置した。タイレルのポッドはセブルバとマホーニックのポッドに挟まれ、最前列に並んだ。司会者フォード・アンド・ビードはレースに向けて準備中のパイロットたちを紹介し、主催者であるジャバ・ザ・ハットを迎え入れた。

ジャバがレース開始を宣言すると、タイレルは順調なスタートを切ったものの、やがてトップのグループから後れを取ってしまった。ラグーナ・ケイヴと呼ばれる洞窟に差し掛かり、タイレルが他のパイロットに気を取られていた時、彼のポッドの加速装置が故障してしまった。ポッドは鍾乳石に直進し、制御を失ったタイレルは衝突を回避することができなかった。彼は悲鳴を上げながら爆発に包まれ、命を落とした。ブーンタ・イヴ・クラシックは人間のレーサー、アナキン・スカイウォーカーの優勝で幕を閉じる。レース終了後、タイレルのを嘆く家族の姿が目撃されたと伝えられている。地元の英雄の死は、家族だけでなくアリーナ全体にとって悲劇的なできごとだった。

個性と特徴

Databank rattstyerell

ラッツ・タイレル

ラッツ・タイレルは小柄なアリーナだったが、巨大なポッドレーサーを操縦した。彼の身長は0.79メートルで、ブーンタ・イヴ・クラシックの参加者の中でも最も小柄だった。タイレルは黒い目を持ち、肌のは青と白だった。レース司会者のフォード・アンド・ビードに紹介された際、タイレルは観衆に向かって気の利いたアピールをした。レース中、洞窟でポッドの制御を失ったタイレルは、死を逃れるすべがないことを理解して悲鳴を上げた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。