FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

ラック・シヴラック[1](Lak Sivrak)は、単にシヴラックとしても知られたシスタヴァネン男性である。偵察要員として、しばしばユヴィーナ星系保安隊のために働いていた。シヴラックは銀河帝国の暴政を知らないまま、この政府のために働いて名声を獲得していた。しかしシヴラックは共和国再建のための同盟の隠された植民地を発見した際、自分が政治的な信条を欠いていたことに気付き、彼らを助けることに決めた。シヴラックは反乱軍の逃亡者たちのことを帝国に報告しないと誓った。しかしいずれにせよ帝国は彼らの居場所を突き止め、シヴラックが報告を行わなかったことにも気づいた。シヴラックもまた帝国からの逃亡者となり、惑星タトゥイーンモス・アイズリーストームトルーパーから姿を隠す身になってしまった。

シヴラックは地元のチャルマンの宇宙港カンティーナを訪れ、そこでフォース=センシティブフローン・ランプロイドダイス・アイビゴンから反乱同盟軍に加わるように説得される。アイビゴンとシヴラックは恋人になり、ともに帝国と戦うことになった。このシスタヴァネンは当初、アイビゴンのそばに居たいがために彼女に付いていったが、やがてプライドの高い同盟軍兵士となり、帝国にとって厄介な同盟情報部のメンバーへと成長した。アイビゴンは惑星ホスにおける戦いで命を落とすが、シヴラックは彼女の最期の願いを聞き入れ、悲嘆にくれながらも戦い続ける道を選ぶ。

4 ABYエンドア戦いに、シヴラックはスターファイターパイロットとして参戦する。戦闘中、彼の宇宙船は修理できないほどに破損し、彼自身のも間近に迫った。このとき、シヴラックに最後のチャンスを与えるため、亡きダイス・アイビゴンはフォースを通して彼に接触をした。シヴラックは、カンティーナで彼女に初めて会ったときに戻り、同盟軍に加わらない道を選びなおすか、あるいはこのまま苦しんで死ぬかの選択肢を与えられる。シヴラックはそのままの運命を受け入れ、エンドアで英雄的な死を遂げた後、フォース・ゴーストとしてアイビゴンと共になった。

経歴

偵察兵

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはラック・シヴラックに関する1枚の画像があります。

脚注