FANDOM


この記事は反乱同盟提督を扱っています。 あなたが探しているのはレジスタンスの軍艦かもしれません。
「こちらは反乱同盟軍のラダス提督だ。全中隊長、報告を」
―ラダス[出典]

ラダス(Raddus)はモン・カラマリ男性で、銀河内戦期に共和国再建のための同盟艦隊に仕えた提督である。MC75スター・クルーザープロファンディティ>を旗艦にしていた。惑星モン・カラ出身であるラダスは、銀河共和国の時代、都市ニスタラムの市長を務めていた。また、彼はモン・カラの惑星防衛軍で果たした功績により市民勲章を授与されていた。銀河帝国によってモン・カラが占領された際、クローン戦争中の辛い経験から学んだモン・カラマリ種族は大規模な脱出活動を開始した。水中都市を構成する「シティ=シップ」は次々と宇宙空間へ飛び立ち、ニスタラムの政府タワーだった<プロファンディティ>もラダスの指揮のもとモン・カラを脱出した。

その後、ラダスは反乱運動に参加した最初のモン・カラマリ将校のひとりとなった。モン・カラのシティ=シップはテラリス星系で同盟軍の主力艦として改造され、ラダス提督の<プロファンディティ>は真っ先に戦闘準備を完了した。ラダスは同盟軍最高司令部のメンバーだったが、艦隊で活動していることが多く、特に重要な会議のとき以外で衛星ヤヴィン4ベース・ワンにいることはごくまれだった。モン・カラの寒冷な深海で育ったため極めて実用主義的な性格の持ち主だったラダスは、正義や自由といった叙情的な言葉を弄する役目は他の者に任せ、ノワー・ジェベルをはじめとする同盟市民政府の一部メンバーから提唱された帝国との交渉案には反対の姿勢をとっていた。

0 BBYジン・アーソらの報告により、ジェダ聖都が銀河帝国の新型超兵器デス・スターによって破壊されたことが明らかになったとき、ラダスはジンの意見に同調し、帝国との開戦に踏み切るべきだと主張した。同盟市民政府は戦いを回避することに決めたが、ジンやキャシアン・アンドー率いるローグ・ワン分隊が独断でスカリフの戦いを起こすと、ラダスは市民政府の判断を待たず援軍を率いて戦場に向かった。スカリフ大気圏内にブルー中隊を送り込んだ後、ラダスの艦隊は惑星軌道で帝国宇宙軍と交戦した。また、ラダスはスフィルナ級コルベットライトメイカー>による体当たりで2隻のインペリアルI級スター・デストロイヤーを衝突・落下させ、スカリフ上空のシールド・ゲートを破壊した。ラダスの作戦が功を奏し、<プロファンディティ>は地上のローグ・ワンからデス・スター設計図のデータを受信することに成功した。しかしラダス自身はこの戦いを生き延びることができず、旗艦と運命をともにした。

登場エピソード

参考資料

脚注