FANDOM


ラスト・オブ・ジェダイ1 危険なミッションは『The Last of the Jedi: The Desperate Mission』の邦訳小説。ラスト・オブ・ジェダイのシリーズ1作目となる。ジュード・ワトソン著。西村和子訳。2006年7月オークラ出版から発行。『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』直後の、惑星タトゥイーンへと隠遁したオビ=ワン・ケノービを描く作品。

原書

「ラスト・オブ・ジェダイ1 危険なミッション」の原書、「The Last of the Jedi: The Desperate Mission」は2005年4月2日に発表された。原書のカバー・イラストを担当したのはジョン・ヴァン・フリート

あらすじ

オーダー66によるジェダイの虐殺を生き延びたジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービは、惑星タトゥイーンへと隠遁する。彼はシスの暗黒卿となったかつての弟子、アナキン・スカイウォーカーの息子であるルークを見守りながら生活を送っていた。そんな中、オビ=ワンはモス・アイズリーカンティーナで、銀河帝国に歯向かうフェラス・オリンのうわさを耳にする。オリンはかつてジェダイ訓練生だったが、クローン戦争当時にはジェダイ・オーダーを離れていた、オビ=ワンの知り合いだった。フォースの霊となった師匠クワイ=ガン・ジンの助言も聞き、オビ=ワンは一度タトゥイーンを離れ、オリンのいるという惑星ベラッサへと向かう決断をする。

オリンとローン・ランズなる人物が立ち上げたオリン/ランズ社は、ベラッサの首都アッサでの活動を停止していた。オビ=ワンは地元の孤児の少年、トレヴァー・フルームから情報を聞き出し、ドクター・アミー・アンティンと出会い、帝国と戦う抵抗組織<イレヴン>と接触する。その前後、オビ=ワンはフォースに影響力を持つ帝国のインクィジターマローラム、そして賞金稼ぎジャンゴ・フェットの息子であるボバを目撃する。その後ようやくオリンと合流したオビ=ワンだったが、マローラムがナブーポリス・マサの情報を追っていることが発覚する。これらの情報は、パドメ・アミダラの死と出産の事実、すなわちスカイウォーカーの子供たちの存在へとつながる、決して知られてはならないジェダイの秘密だった。

登場作品

登場人物 クリーチャー ドロイド 出来事 場所
組織 種族 乗物 テクノロジー その他

クリーチャー

ドロイド

出来事

場所

外部リンク


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。