FANDOM


ラサン包囲戦(Siege of Lasan)は惑星ラサンに住むラサット種族をほぼ壊滅に追い込んだ銀河帝国軍隊による攻撃である。帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラスは、ラサットが起こした帝国に対する反乱運動の掃討任務を与えられた。カラスの命令のもと、帝国の兵士たちはラサットに向けてT-7イオン・ディスラプター・ライフルを使用した。ラサン儀仗兵のメンバーを殺した後、カラスはボー=ライフルを奪い取った。ラサットの虐殺を阻止するため、ロシュア・ツリー製の武器を身につけたウーキーの兵士が帝国との戦いに加わった。彼らの犠牲のおかげで、一部のラサットは虐殺を免れた。

ガラゼブ・オレリオスや彼の祖母はラサン包囲戦を生きのびた。

ラサン包囲戦の後、帝国元老院はT-7イオン・ディスラプターの使用を禁じた。しかし、帝国は現存していたT-7を回収し、ロザルで再製造しようと考えていた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。