FANDOM


ラクサス(Raxus)は青々とした自然が生い茂るアウター・リム・テリトリー惑星である。タイオン・ヘゲモニーに属し、クローン戦争期には独立星系連合首都として機能していた。美しい自然で知られるラクサスは温暖な気候に恵まれ、表面は大洋と広大な土地に覆われていた。分離主義元老院議事堂首都ラクサロンに置かれていたため、ラクサスにはオンダロン出身のミーナ・ボンテリといった多数の元老院議員が居住していた。ラクサスには他にもラクサロンから遠く離れたタムウィズ・ベイという名の主要都市があった。

ラクサスはクローン戦争において非常に大きな戦略的価値を持ち、分離主義勢力は宇宙艦隊を配備して惑星を封鎖し、旅行者の厳重なチェックを行っていた。それにもかかわらず、銀河共和国パドメ・アミダラ議員とジェダイパダワンアソーカ・タノはボンテリ議員と対話するためラクサスへの密航を試み、中立星系から輸送船に乗ってラクサロンに潜り込むことに成功した。また、連合の国家主席であるドゥークー伯爵ホログラム通信を使って分離主義元老院の会議に参加したが、この星に直接足を運ぶこともあった。19 BBY、ドゥークーはとある式典のためラクサスを訪れたとき、ジェダイ・マスタークインラン・ヴォス賞金稼ぎアサージ・ヴェントレスに命を狙われた。戦争終結後、ラクサスは共和国の後継者である銀河帝国の標的になる。帝国はアンターの虐殺によって旧分離主義勢力の星々に圧力をかけ、ラクサスも降伏に追い込まれた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。