FANDOM


ラウリ・ワーロ[2](Lauli Wahlo)はクローン大戦中に惑星コルサントアンダーワールドに住んでいたクオレン男性。大戦中、彼と彼のトワイレックの仲間ジャン・デズは、ワーロのヌードル店ライトセーバーを探していたジェダイパダワンアソーカ・タノと、マスターテラ・シヌーベ話しかけられた。ワーロはそれをどこで買うことが出来るか知っていると答えたが、このトグルータのパダワンが自分がジェダイであることを明かすと、デズはライトセーバーはスパイダー・アームズ・ホステルで会うことが出来るバンナムが盗んだのだと説明した。

経歴

クローン大戦の最初の年、年老いたジェダイ・マスターテラ・シヌーベと若いパダワンアソーカ・タノが彼の元を訪れたとき、クオレンのラウリ・ワーロは、彼のヌードル点でお腹を空かしたアイソリアンのために食べ物を出していた。このふたりのジェダイは、分離主義勢力に武器を売っていたウィークウェイの武器商人、カー・アファを捕まえるときにアソーカから盗まれたライトセーバーを探していた。ワーロは、20,000クレジットで、ライトセーバーをどこで手に入れることが出来るか知っていると答えた。自分の武器を取り戻したがっているアソーカは、そのライトセーバーの本来の持ち主が自分であることを明かした。ワーロのトワイレックの相棒、ジャン・デズは、彼女のライトセーバーはスパイダー・アームズ・ホステルに滞在しているパトローリアンの犯罪者、バンナムが所有していると教えた。

個性と特徴

ラウリ・ワーロは青い目とオレンジ色の肌をしたクオレンである。彼は惑星コルサントの下層に位置する小さなヌードル店を経営していた。22 BBY以前のあるときに、彼は右目を失い、そのかわりにサイバネティックのものを移植した。犯罪者でもあるワーロは、旧友であるバンナムを裏切ることを好まなかった。しかしバンナムがアソーカのライトセーバーを盗み、彼女がそれを取り戻したがっていたので、ワーロは珍しく例外をつくることにした。

Lauli Wahlo's Noodle Shop

下層コルサントにあったラウリ・ワーロのヌードル店

制作の舞台裏

ラウリ・ワーロは、クローン・ウォーズTVシリーズシーズン2、「奪われたライトセーバー」で初登場した。ジェームズ・アーノルド・テイラーが声優を務め、吹き替え声優は尾谷四郎が担当した。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 出典:TCW mini logo クローン・ウォーズ奪われたライトセーバー
  2. カタカナ表記は『奪われたライトセーバー』のクレジットに基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki