FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「ライロスが新しい軍隊に占領されることを、解放とは呼べない。次はあんたらを相手に戦い始めるまで、何日もつかな、マスター・ジェダイ?」
メイス・ウィンドゥに対し、チャム・シンドゥーラ[出典]

ライロス(Ryloth)はアウター・リム・テリトリーガウラス宙域に属した惑星で、トワイレック種族母星首都レッスー。外部との接触をほとんど持たない村や集落を除くと、ライロスの大部分は無人の大地に覆われており、ライレックガットカーといった猛獣がジャングルや荒野を徘徊していた。ライロスは軍事・快楽・科学など幅広い用途に用いられるライル鉱石の産地だったが、それ以外にはこれといった重要性のない惑星だった。ライロスは歴史上たび重なる侵略、奴隷労働力搾取、犯罪カルテルによる襲撃に悩まされ、トワイレックの民衆は自由を求めて何度も立ち上がった。

クローン戦争中、ライロスはワット・タンバー率いる独立星系連合によって征服された。チャム・シンドゥーラ率いるトワイレック・レジスタンスはライロスの代表を務めるオーン・フリー・ター元老院議員銀河共和国を信用せず、独自に抵抗運動を続けた。一方、ター議員もシンドゥーラが惑星の支配権を乗っ取る気なのではないかと疑っていた。しかし2人はジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥの説得で一時的に和解し、トワイレックと共和国軍による共同作戦の末、連合軍は惑星から撤退した。戦争終結後、ライロスは独立した保護領扱いとなったものの、銀河帝国による事実上の占領と搾取が行われた。シンドゥーラはライロス解放運動を組織し、クローン戦争の8年後にはライロス星系皇帝シーヴ・パルパティーンの暗殺を試みたが、失敗に終わった。

銀河協定成立後、ライロスは新共和国に加盟せず、集権主義者人民主義者の争いからも距離を置いていた。しかしニクト犯罪王リンリヴィン・ダーイカルテルの襲撃活動が惑星経済に大きな打撃を与え、ライロスは止むを得ず新共和国に助力を求めた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。