FANDOM


「フォースを信じて」
―娘のジンに対し、ライラ・アーソ[出典]

ライラ・アーソ(Lyra Erso)は人間女性で、科学者ゲイレン・アーソの妻。クローン戦争中、ライラとゲイレン、娘のジン銀河共和国の敵対勢力である独立星系連合エージェントに誘拐されたが、オーソン・クレニック少佐によって救い出された。クレニックはライラの夫の古い友人で、最高議長シーヴ・パルパティーンの最高機密計画、デス・スター・プロジェクトに携わっていた。

制作の舞台裏

ライラ・アーソは2016年12月15日公開のアンソロジー・シリーズ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。演者はヴァレン・ケイン。ライラ・アーソの登場シーンは、11月10日発表のインターナショナル・トレーラーで初めて公開された。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。