FANDOM


ライトセーバー・パイク(Lightsaber pike)はライトセーバーの一種。ダブル=ブレード・ライトセーバーと形状が似ており、棒状の柄の両端から黄色のプラズマ・ブレードが放出された。ジェダイテンプル・ガードがこの武器を使用した。

特徴

ライトセーバー・パイクはダブル=ブレード・ライトセーバーにも似た特徴的なライトセーバーである。棒状の柄の両端から、ライトセーバーには珍しい黄色のプラズマ・ブレードが放出された。片方の刃だけを起動して戦うこともできた。また、ライトセーバー・パイクは半分に折り畳むことができた。

歴史

ライトセーバー・パイクはコルサントジェダイ・テンプル防衛を担うジェダイ・オーダーナイトジェダイ・テンプル・ガードが使用した武器である。クローン戦争中、ジェダイ最高評議会アソーカ・タノの裁判を行った際、ライトセーバー・パイクを装備したテンプル・ガードがタノの師匠であるアナキン・スカイウォーカーを制止した。それからしばらくして、パダワンバリス・オフィーの反逆行為が発覚した際、テンプル・ガードはスカイウォーカーと戦うオフィーを取り囲んだ。オフィーが逮捕されると、テンプル・ガードはライトセーバー・パイクを起動した状態で彼女を共和国軍事作戦センターへ連行した。

ヤヴィンの戦いの3前、ケイナン・ジャラスは惑星ロザルジェダイ・テンプルフォース・ヴィジョンを経験し、ライトセーバー・パイクを装備したテンプル・ガードたちと戦った。また、ジャラスたちを追ってテンプルにやって来た尋問官セヴンス・シスターフィフス・ブラザーもライトセーバー・パイクを持つテンプル・ガードに取り囲まれた。

登場エピソード

JediTempleGuard-TCWs5BR2

ライトセーバー・パイクを装備したテンプル・ガード

参考資料

ライトセーバー
ライトセーバーのフォーム
フォームI - フォームII - フォームIII - フォームIV - フォームV - フォームVI - フォームVII
ライトセーバーの種類
ケイン・ライトセーバー - クロスガード・ライトセーバー - カーブド=ヒルト・ライトセーバー - ダークセーバー - ダブル=ブレード・ライトセーバー
ダブル=ブレード回転式ライトセーバー - ライトセーバー=ブラスター - ライトセーバー・パイク - ショート・ライトセーバー
ライトセーバーの部品
カイバー・クリスタル - 磁気安定リング - 焦点レンズ - ダイアチウム・パワー・セル - 不活性パワー・インシュレーター
ブレード・エミッター - ブレード出力調整器 - ブレード伸縮調整器 - ポメル・キャップ
関連記事
ギャザリング - ライトセーバー戦 - ライトセーバー・ヒルト
[テンプレート]