FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

ライカー・ライジャード[1](Rycar Ryjerd)はライク・ライジャードの父親で、惑星コレリア出身のビム。彼はパイロットの訓練や密輸業者の手伝いなどの仕事を、しばしばタトゥイーンモス・アイズリーにあったチャルマンの宇宙港カンティーナで探していた。いっとき、ライジャードはネイブラン・リーズと共に仕事をこなしていた。だが、彼らはのちにそれぞれの道を歩み始め、好意的な競争相手としての関係を保つことになった。ライジャードは銃器専門の密輸業者でもあった。彼はジャバ・デシリジク・ティウレのために、タトゥイーンとナー・シャッダ間で武器を運んでいたのだ。ライジャードはひょうきんなユーモアのセンスの持ち主だったが、他の人々には馬鹿だと思われがちだった。また、彼は個人的なボディガードにシャッド・ハルーを連れていた。

密輸を行うとき、ライジャードは追跡者から逃れるため、しばしば危険な小惑星帯を通過した。ライジャードは、大切な積み荷を放り出したことは一度もないと、ハン・ソロといった同業者に自慢していた。ホスの戦いの後、帝国軍に追跡されたソロは、ライジャードの話を思い出し、ホス小惑星帯を通過する決断をした。[2] また、ライジャードはジャワ言語を習得していた。[3]

3 ABY、ライジャードはノヴォレック・ビーコン付近のレースに参加する。このレースは、ブラック・サンに有益な人材となる密輸業者を見つけるため、マル・バイロンによって組織されたものだった。彼の宇宙船は<タワー>という名である。

登場エピソード

参考資料

脚注