Wikia

Wookieepedia

ヨーダ

トーク1
4,262 件の記事が
このウィキにあります
Yoda SWSB
ヨーダ
人物の情報
誕生

896 BBY (861 BrS)

死亡

4 ABY (39)、ダゴバ

身体の情報
種族

ヨーダの種族

性別

身長

0.66メートル

髪の色

目の色

緑色

年代と政治的な情報
時代
所属
師匠
弟子
「大きさは問題ではない。わしを見てみろ。わしを大きさで判断するのか? お前とは違い、わしにはフォースがついておる。強力な味方じゃ。」
ルーク・スカイウォーカーへ、ヨーダ[出典]

ヨーダ[1]Yoda)は銀河系の歴史上、もっとも有名で強力なジェダイ・マスターのひとり。種族系統は不明だが、性別は男性。優れた洞察力と深い知恵を持ち、ライトセーバーの技術にも熟練していた。彼は豊富な経験を重ね、フォースの道をきわめるために銀河を旅し、他のジェダイ・マスターにはない直感力を授かっていた。ほぼ9世紀に及ぶ生涯において、800年はフォースの道を授ける厳しい指導者として生きている。銀河共和国の晩年、ジェダイ最高評議会のメンバーを務め、クローン大戦より前にジェダイ・オーダーグランド・マスターとなり、ジェダイたちを導いた。彼は自身のパダワンのみならず、多くの若きジェダイたちを訓練した。オポー・ランシセスキ=アディ=ムンディドゥークーオビ=ワン・ケノービらがそれにあたる。

ヨーダは事実上、当時のジェダイ・オーダーの指導者だった。だが彼の代に、オーダーは最高議長パルパティーンの企みで壊滅してしまった。パルパティーンは実はシスの暗黒卿ダース・シディアスだったのである。ヨーダはシディアスに敗北し、ジェダイ粛清の難を逃れ、晩年は惑星ダゴバで隠遁生活を送った。

銀河帝国誕生から20数年後、隠遁中のヨーダを訪れたルーク・スカイウォーカーに、彼はジェダイとしての訓練を与える。ヨーダの指導を受けたルークは、帝国を滅ぼし、新しいジェダイ・オーダーの設立者となった。ルークの新たなるオーダーにおいて、訓練の基礎を築いたヨーダは最も伝説的なマスターとして死後も尊敬を集める存在となる。

経歴

ナブー封鎖事件(32 BBY)

Tpm yoda2

ナブー危機の頃のヨーダ

32 BBY銀河元老院アウター・リム・テリトリー通商ルート使用者から通行料を取るという法案を可決させる。これに反対したトレード・フェデレーションは、独自の軍事勢力を使って惑星ナブーの封鎖を行った。軍隊保持が許されな共和国の中で、彼らは共和国の兵器査察官を巧みに説得していたのだった。そして彼らは、何も行動できない共和国の弱腰姿勢を見抜いていた。[2]


ナブーは大量のバトル・ドロイドによって封鎖されてしまった。ナブーの若き女王アミダラは共和国の助けを要求する。これを受け、支持が揺らいでいた共和国の最高議長フィニス・ヴァローラムは、元老院で自分の決断を諮る手間を省略し、アディ・ガリアを介してジェダイ評議会にこの事件の仲介を嘆願するという思い切った策に出た。

ヨーダたち最高評議会は、トレード・フェデレーションとの交渉者としてジェダイ・マスター、クワイ=ガン・ジンとその弟子オビ=ワン・ケノービを派遣する。だが、フェデレーションは彼らが到着した時点で彼らの暗殺を企み、同時にナブーへの侵略を開始した。クワイ=ガンたちはアミダラ女王らを救い出し、占領下のナブーから脱出した。

コルサントに戻ったクワイ=ガンは、ヨーダたちの前にアナキン・スカイウォーカーという少年を連れてきた。彼は少年がかつて予言された“選ばれし者”だと信じていた。クワイ=ガンのアナキンを自分の弟子にするという発言に対し、ヨーダは弟子を同時にふたり持つことは許されないことを指摘する。だが彼はオビ=ワンは弟子の過程を卒業できるとしてはばからなかった。アナキンは奴隷として育ち、通常ジェダイとしての教育を始める年齢をとうに過ぎていた。ヨーダはこの少年が母親の思い出に執着しており、不安を抱えていることを見抜いていた。また、彼の未来は曇ってはっきりしなかった。[2]

シスの帰還

Masteryodaandobi

ヨーダとオビ=ワン・ケノービ

ジェダイ評議会は少年よりも、緊迫したナブーの状況を優先課題とした。クワイ=ガンはナブーからの帰還中に惑星タトゥイーンに立ち寄ったが、そこでライトセーバーを扱う襲撃者に襲われたと報告していた。クワイ=ガンはさらに、この襲撃者がシスの暗黒卿ではないかという考えを示した。

元老院ではナブーへの対応に関する無能ぶりを見るに見かねたアミダラ女王が、ヴァローラム最高議長に不信任案を突きつけていた。彼女は占領下にある故郷へと帰る決断を下し、クワイ=ガンたちを伴ってナブーでフェデレーションと戦う。クワイ=ガンはそこで再び襲撃者と出会い、戦って命を落とした。襲撃者はオビ=ワンの手で倒された。これによって、シスがまだ存在したことは明白なものとなった。シスは常に師と弟子のふたりであるとヨーダは知っており、どちらかが生き残っていることもまた明白だった。

一方の元老院では、不信任決議に続いて行われた投票でナブーの元老院議員パルパティーンが新たしい最高議長に選出された。そして、ヨーダはオビ=ワンがジェダイ・ナイトに昇格することを認め、アナキン・スカイウォーカーを訓練する許可を評議会が下したことをオビ=ワンに伝えた。[2]

分離主義者危機(24 BBY~22 BBY)

当時、ジェダイ・オーダー脱退者であるドゥークー伯爵の運動で、銀河共和国から離れる惑星星系、企業が急激に増加した。分離主義運動を推し進める指導者ドゥークーは、かつてヨーダのもとでジェダイの修行を積んだ生徒だった。彼は共和国とオーダーの腐敗ぶりに嫌気が差し、オーダーを自ら去ったメンバーだった。

アミダラ暗殺未遂

Chancellors Suite

最高議長との会談

拡大していく分離主義者の脅威に対し、銀河元老院では軍隊創設法案が提出された。最高議長パルパティーンが共和国のための軍隊を作れるという法案である。ヨーダら評議会のメンバーは分離主義運動の中で最高議長にアドバイスを行っていた。この法案の反対派の急先鋒はナブーの女王を退き元老院議員となっていたパドメ・アミダラである。彼女は法案の投票日、コルサントに到着したその時に爆破テロに遭う。アミダラ議員は難を逃れ、生き残る。[3]

ヨーダやメイス・ウィンドゥ、キ=アディ、プロ・クーンを含むジェダイ・マスターたちはパルパティーンと話し合った。彼らはオビ=ワンとアナキンをアミダラ議員の護衛につけることで同意する。彼らは2度目の暗殺を未然に防ぎ、議員の命を狙う暗殺者のひとりを捕らえたが、この暗殺者は口止めのために別の暗殺者に殺されてしまった。オビ=ワンは口止めに使われた毒矢を回収する。

最高評議会はオビ=ワンに暗殺者の手がかりを負うこと、アナキンにアミダラ議員の護衛を続行するよう指示した。オビ=ワンは調査の段階で、ヨーダに意見を求めた。ヨーダはその時教えていた幼いジェダイたちの意見も聞き、オビ=ワンに惑星カミーノへ向かうよう助言した。なぜか存在するはずの惑星カミーノは、ジェダイ・アーカイブの記録に残っていないのである。

クローン軍団

カミーノからのオビ=ワンの報告は、思いがけないものだった。ヨーダはマスター・ウィンドゥと共に報告を受け取る。カミーノの首相ラマ・スーに会ったオビ=ワンは、そこで創られているクローン軍団を目にしたのである。さらに、その軍団はマスター・サイフォ=ディアスの要請で創られたものだという。オーダーにはそんな記録は残っていなかった。ヨーダはオビ=ワンに、クローンの遺伝子提供者でありアミダラ議員襲撃者である疑いが濃いジャンゴ・フェットを捕らえ、連れてくるように命令した。

フェットを追ったオビ=ワンは、惑星ジオノーシスに至る。彼はそこでドゥークー伯爵と独立星系連合設立の事実を知った。しかし彼はヨーダたちへの報告の途中、ドロイデカに捕らえられてしまった。アミダラ議員とアナキンは独自にオビ=ワン救出に向かったが、同じく囚われの身となる。その頃元老院では、パルパティーンに非常時大権を与える動議が可決され、その大権を使って軍隊創設が宣言された。これを受け、ヨーダはカミーノへと急ぎ、ウィンドゥは200人あまりのジェダイを連れてジオノーシスへ向かった。[3]

クローン大戦(22 BBY~19 BBY)

ジオノーシスの戦い

Yoda1280

ジオノーシスドゥークーと戦うヨーダ

ウィンドゥ率いるジェダイの部隊は、ドゥークー伯爵の指揮下にあるバトル・ドロイドの大軍に苦戦を強いられていた。わずかに生き残ったのは数十人であり、ヨーダはその生き残りが危機に晒されているところへクローン・トルーパーを率いて到着する。クローンたちはジェダイを救出し、連合側は総崩れとなった。戦闘中、フォースに乱れを感じたヨーダは、クローンに船をよこすように要求する。

ヨーダはジオノーシスの格納庫でドゥークーと再開した。ドゥークーは既にオビ=ワンとアナキンを倒した後だった。かつての師と弟子は、フォースを使って攻防を繰り広げる。ヨーダはドゥークーのフォース・ライトニングを偏向し、迫り来る障害物を退けた。ヨーダはかつての弟子が、フォースのダークサイドに堕ちてシス卿になってしまったことを悟る。ふたりはライトセーバーで切り結んだが、ついぞ決着は付かなかった。ドゥークーは倒れているオビ=ワンたちの上に支柱を倒し、ヨーダの気をそらして逃亡したのだ。[3]

ジオノーシスの戦いはヨーダ指揮のもと、多くのジェダイの犠牲を出して共和国の勝利に終わった。だが最も重要なのは、第七次ルーサンの戦い以来の1,000年間に渡る平和が、終わったということだった。共和国に迫りくる脅威に対し、ヨーダもやむを得ずクローン大戦で剣を振るうことになる。

コルサントの戦い

YodaMaceCoruscant

コルサントで戦うヨーダとメイス・ウィンドゥ

グリーヴァス将軍率いる独立星系連合の勢力は首都コルサントにまで及んだ。この戦いで、ヨーダは彼のキバックにまたがって市街戦に参加した。彼はクローンのキャプテン・フォードーをサポートして戦い、やがてはキバックから降りてメイス・ウィンドゥと共同戦線を張った。[4]

だが、この大胆な首都攻撃は最高議長パルパティーンを誘拐するための陽動だった。ヨーダとウィンドゥは戦闘中にこの意図に気づいたが、グリーヴァスは既に議長を誘拐した後だった。だがその直後、アナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービは迅速な対応をとり、コルサント上空<インヴィジブル・ハンド>から議長を救い出した。そのとき、アナキンはドゥークー伯爵を殺害した。議長は戻ったが、ジェダイ最高評議会と議長オフィスの間の緊張は高まっていた。

19 BBY、そんな状況下で議長はアナキンを自分の代弁者として、ジェダイ評議会のメンバーに推薦する。評議会はこの判断に懸念を感じたが、アナキンを議長へのスパイとして使い、彼をマスターに昇格させずに評議会のメンバーにすることを決定した。その後、ヨーダは親しいウーキーたちのいる惑星キャッシークの戦況を知り、この惑星へ向かうことになった。[5]

キャッシークの戦い

Overlooking the Chaos

キャシークでのヨーダ

ヨーダは惑星キャッシークの戦いで分離主義勢力との戦いの指揮を執った。[5]

ヨーダがキャッシークにいる間、コルサントではパルパティーンがダース・シディアスとしての正体をジェダイの前に現していた。パルパティーンはオーダー66クローン・トルーパーに命令する。銀河中で、ほとんどのジェダイが仲間と思っていたクローンによって殺害された。ヨーダにもまた、クローンの銃が向けられた。だがヨーダはコマンダー・グリーとそのアシスタントが銃撃を行う前にそれを察知し、ライトセーバーで彼を殺害した。ヨーダはウーキーチューバッカターフルに連れられ、追跡から逃げ延びた。このジャングルの惑星ではルミナーラ・アンドゥリが命を落としていたが、クインラン・ヴォスはヨーダと同じように難を逃れていた。ヨーダは脱出ポッドでキャッシークから抜け、オルデランベイル・プレスター・オーガナ、そしてオビ=ワンと合流した。

真実へ迫る

ヨーダとオビ=ワンは危険を承知でコルサントジェダイ・テンプルに帰還した。テンプルからはジェダイたちへコルサントへ帰るよう指示する、罠の信号が発信されていた。ヨーダたちはテンプルに駐在していたクローン・トルーパーたちを次々と殺し、テンプル内部へと入っていった。そこには、まだ若い生徒も含むジェダイたちの死体が転がっていた。ヨーダは、一部のジェダイがクローンのブラスターではなく、ライトセーバーの攻撃で殺されていることに気づく。

Pg3 saber bg

テンプルで戦うヨーダ

罠の信号を止め、代わりに遠くへ逃げて身を隠すよう信号を送ったオビ=ワンとヨーダは、テンプルの監視映像を見てテンプル襲撃の事実を知った。暗黒卿ダース・ヴェイダーとなったアナキンが、パルパティーンの命令で襲撃を実行したのだった。ヨーダは皇帝パルパティーンを倒すべく元老院議事堂へ、オビ=ワンは堕ちたかつての弟子のもとへと向かった。

元老院の決闘

YodaDuel

皇帝パルパティーンとの戦い

ヨーダは新しい弟子の報告を待つパルパティーンのオフィスへと入っていった。ヨーダはすばやくフォース・プッシュを行い、皇帝のガードたちを倒す。パルパティーンはヨーダの生存に驚いていたが、フォース・ライトニングでヨーダの不意を打ち、彼を壁に叩きつけた。パルパティーンはグランド・マスターであるヨーダと戦うことに歓喜の意を顕わにした。今度はヨーダが立ち上がり、パルパティーンを部屋の端、イスの向こうまでフォースで吹き飛ばした。ヨーダは逃れようとするパルパティーンの前に立ちふさがり、両者はライトセーバーを引き抜いた。次の瞬間、ふたりのライトセーバーの決闘が始まった。

シスの暗黒卿とジェダイのグランド・マスターの戦いは熾烈を極めた。戦闘の場所は銀河元老院へと移った。ヨーダは元老院チャンバーを飛び回り、パルパティーンとライトセーバーを交わした。パルパティーンは元老院議員用のリパルサーポッドをフォースで操り、次々とヨーダへ向かって投げつけた。ヨーダはこの攻撃をいくつかかわし、ポッドのひとつを相手に向かって投げ返した。体制を整えるパルパティーンに、ヨーダが再度攻撃を仕掛けたが、彼はシス卿のライトニングでライトセーバーを失い、この攻撃に耐える羽目になってしまった。だがヨーダはあきらめず、ライトニングを押し返し、結果的にエネルギーが閃いてふたりは吹き飛んだ。パルパティーンはポッドに掴まりこらえたが、ヨーダは最下部へと落下していった。シス卿の高笑いが響く中、暗殺に失敗したヨーダは元老院を脱出した。[5]

ヨーダは発信機を起動し、ベイル・オーガナに発見されてコルサントから脱出した。オビ=ワンのほうはかつての弟子との決闘に勝利し、アミダラを連れて帰還した。アミダラはアナキンの子供、それも双子をお腹の中に抱えていた。そして、彼女は今にも死に掛けていた。一行は、惑星ポリス・マサへの医療センターへと向かった。

隠遁(19 BBY~4 ABY)

YodaLandsonDagobah

ダゴバに到着したヨーダ

ポリス・マサでは、アミダラがアナキンの子供たち、ルークレイアを出産した。だがかねてから弱っていたアミダラは、出産後に命を落としてしまう。ヨーダたちはこの双子の安全を護るため、子供たちを別々に分けることにした。彼らはなんとしても、ダース・ヴェイダーやシディアスに見つかってはならない。男の子ルークは、アナキンの故郷であるタトゥイーンのラーズ家へ、女の子レイアは養子を欲しがっていたオルデランベイル・オーガナが引き取ることになった。ヨーダはこの子供たちの中に、強いフォースを感じ取っていた。[5]

タンティヴIV>で、ヨーダはかねてから接触していたクワイ=ガン・ジンの霊体の話をオビ=ワンにした。彼はホイルスから霊体の技術を学び、フォースの冥界から帰ってきたのだ。タトゥイーンへ向かってルーク・スカイウォーカーの成長を見守ることに決めたオビ=ワンに、ヨーダはクワイ=ガンと交信する方法を授けた。ヨーダはあらかじめ宙図から消しておいた惑星、沼の星ダゴバへと隠遁する。彼は銀河帝国と反乱同盟軍銀河大戦の間、この惑星に住み続けた。

次なるスカイウォーカー

「違う! やるか、やらぬかじゃ。試しなどはない」
ルーク・スカイウォーカーへ、ヨーダ[出典]
Yodalukedagobah

ルーク・スカイウォーカーの修行

隠遁中のヨーダのもとを、アナキン・スカイウォーカーの息子、ルーク・スカイウォーカーが訪れた。ルークはヴェイダーとの戦いで命を落としたオビ=ワン・ケノービの霊体に導かれ、この沼の惑星を訪れたのだった。ヨーダは始め、自分を偽って過去のグランド・マスターを探すルークに接近した。ヨーダはこの若者が性急過ぎることに対し、懸念を表した。だが最終的に、ヨーダは銀河の希望であるこの青年に修行を与えることに同意した。だが、修行の途中で、ルークはベスピンクラウド・シティでヴェイダーに苦しめられている友人のビジョンを見る。ヨーダはルークがまだヴェイダーに敵わないと考え、ダゴバを去ろうとするルークを止めた。だが、ルークは耳を貸さず、ベスピンへと去っていった。ヨーダとオビ=ワンはそれまで、ヴェイダーこそが彼の父親アナキンであることをルークに語っていなかった。ルークはこの事実をベスピンでヴェイダー自身から聞かされることになる。[6]

ダゴバに死す

Yoda's death

ヨーダの死

真実を知ったルーク・スカイウォーカーがダゴバに帰ってきたときには、ヨーダは既に病の床で衰弱しきっていた。ルークに問いただされたヨーダは、死の直前に「ルーク、他にもまだひとり“スカイウォーカー”」がいるとの言葉を残して死んだ。死後霊体となる術を身に着けていたヨーダは、死体を残さずに消え去った。もうひとりのスカイウォーカーとはルークの妹に当たるレイアのことである。

その後、エンドアの戦いを終えたルークは勝利の宴の最中に複数のフォースの霊体をみた。それは、ルークに笑みを投げかけるオビ=ワン、ヨーダ、そしてライトサイドに帰還した彼の父親だった。[7]

舞台裏

映画シリーズを通してヨーダの声を演じたのはフランク・オズである。

登場作品

参考資料

脚注

外部リンク

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア