FANDOM


ヤーカ[1](Yaka)はヤーカ星系出身の近人間サイボーグ種族銀河帝国が台頭する数世紀前、遺伝子実験で知られる近隣のアーカニアンたちが、この知性の劣る種族にサイボーグ移植手術を施した。アーカニアンの中には、この手術はヤーカにとって有益なことだと考える者もいたが、社会的な意識の強いアーカニアンたちは、こうした行為の倫理的な意味に疑問を呈した。

生態と特徴

ヤーカは背が高く野蛮な風貌をした人間に近い種族で、サイバネティックス移植を施していることが外見からも明らかだった。彼らの平均身長はおよそ2メートルで、巨大な体とそれに見合う手足を持っていた。ヤーカは生まれたときにサイバネティックスを移植され、天才的なレベルの知能を与えられていた。この手術のおかげで、ヤーカは既知銀河系の中で最も知的で、技術が進んだ種族のひとつになった。しかし同時に、ヤーカは一般的な表情を顔に出さなくなってしまった。

サイバネティックスに制御された脳がもたらす副作用として、全てのヤーカがひねくれたユーモアセンスの持ち主だった。彼らの意識は加速された思考プロセスによって目まぐるしく働いており、彼らはあっという間に自分で思いついた考えに退屈してしまった。ヤーカは、皮肉な言葉やいたずらを他者に仕掛けることに専念するようになった。また、彼らは困難な状況の中にも皮肉を見つけ出すという、不思議な能力を持っているようだった。

ヤーカは多くのヒューマノイド種族と同様に子供を産み、自分たちと同じ知性を子供にも求め、彼らに移植手術を施した。彼らのサイバネティックスはガンクのものと似ていたが、それよりはるかに先進的だった。上級種族学者のマモン・フールは、ガンクの回路がベータ・テストを受け、最終的にヤーカへの移植に使われていることに着目し、コメントを残している。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ 全史』では、複数形のままカタカナ表記が充てられ、ヤカスとなっている。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『ジョイナーの王』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki