FANDOM


「わかっているだろうが、帝国はヤヴィン星系で…戦略的な後退を余儀なくされた。ヤヴィンの軌道上でデス・スターが破壊されたためだ。この攻撃を行った反乱軍はその後ヤヴィン4の秘密基地から早急に離脱した」
マクシミリアン・ヴィアーズ将軍[出典]

ヤヴィン4撤退(Evacuation of Yavin 4)はヤヴィンの戦いから数日以内に共和国再建のための同盟が行った活動である。ヤヴィン星系における戦闘で銀河帝国の新型バトル・ステーションデス・スターを破壊することに成功した反乱同盟は、報復攻撃を恐れて即座に衛星ヤヴィン4からの撤退を開始した。彼らはグレート・テンプルの基地を放棄し、新しい拠点を求めて逃亡した。地図製作者のエミル・グラフによると、撤退の最終段階ではインペリアル級スター・デストロイヤーとの戦闘が生じたが、反乱軍パイロットエヴァーン・ヴァーレーンによって撃退されたという。

登場エピソード

参考資料

脚注