FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

クローン大戦初期の22 BBYジェダイパダワンアナキン・スカイウォーカーダーク・アコライトアサージ・ヴェントレス衛星ヤヴィン4ライトセーバーを使った対決を繰り広げた。ヴェントレスは、マスターであるドゥークー伯爵から、スカイウォーカーを殺害することで自らの価値を証明するよう命じられていた。ムウニリンストの戦いのさなか、ヴェントレスはギニヴェックス級スターファイターを操縦し、ジェダイ・スターファイターに乗り込んでクローン軍団を指揮していたスカイウォーカーの前に姿を現した。スカイウォーカーはフォースを通じて彼女の存在を感知した。

師匠であるオビ=ワン・ケノービの命令に逆らい、スカイウォーカーはダーク・ジェダイスターファイターを追跡してヤヴィン4に向かった。ケノービは、仕方なくクローン・トルーパー部隊を弟子のもとへと派遣した。衛星に着陸した直後、クローン部隊はヴェントレスによって皆殺しにされ、スカイウォーカーの戦闘機もアストロメク・ドロイドもろとも破壊された。スカイウォーカーは姿を現したヴェントレスと一対一の決闘に臨み、戦闘の場は森林からマサッシ・テンプルへと移った。スカイウォーカーはライトセーバーを失ったが、敵の武器を1本奪い取り、憎悪による強大な力でヴェントレスを攻撃した。敗北したヴェントレスはピラミッドから転落した。

敵が死んだと思い込んだスカイウォーカーは、ヴェントレスの宇宙船に乗ってムウニリンストに戻った。しかしこの対決を生き延びたヴェントレスは、その後も独立星系連合のために戦い続けた。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki