Fandom

Wookieepedia

ヤレアル・プーフ

< ヤレアル・プーフ

9,040このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

ヤレアル・プーフ[1](Yarael Poof)は銀河共和国後期のジェダイ・マスターである。

経歴

ケルミアン

ヤレアル・プーフはケルミア出身のケルミアンである。ケルミアンは足も体も長いが、何より目立つのはその首の長さだろう。肩から上、平均的なヒューマノイドより遥かに長い首と小さな頭が否応なく人目を引く。例えるならばある種の鳥類の首、と言ったところであろうか。やせた体に血液をいき渡らせる強靱な心臓を持つ胸には、脳が有る。4本の腕や嗅覚を持つ掌は生物学上稀で奇妙な特徴と言えるだろう。知性的で知恵も働くケルミアンのジェダイは、ナブーの侵略の前に4人いた。その中で最年長だったヤレアルはフォースとのつながりが深く、洞察力に優れており、ジェダイ評議会のメンバーに迎え入れられた。評議会の会議中余り発言することはなかったが、その洞察力は認められていた。

戦闘スタイル

ジェダイ評議会のメンバーであるヤレアル・プーフは、戦闘に長け、現場に駆けつけてトラブルを解決するタイプ。デスクワークを好む方ではなかった。けだし、暴力のみ振りかざす蛮勇でもない。得意としていたのは戦闘瞑想という独特のジェダイの技で、フォースを使って猛獣や兵隊の幻影を作り、恐怖を与えるものだ。

セイロットの神像

ジェダイ評議会の緊急会議が開催され、メイス・ウィンドゥは重鎮達に脅威が迫り、緊急の行動が必要だと告げた。エイシャー・コーダというアノー=ダットの将軍が惑星アノブを乗っ取ろうとし、邪魔立てされた事に怒り、復讐を企て、共和国の主要都市コレリアコルサントオルデランのいずれかを攻撃する計画を立てた。惑星を破壊できる程の強大な力を持つと言われる古代の神像を惑星セイロットで手に入れたと言うのだ。ヤレアルはコーダ将軍の行動によってフォースに乱れが生じたとき、自分の繊細なフォース感度が役に立つと、コルサント上空を監視する任務を希望し、評議会は承認した。

フォースの乱れへ

ヤレアル・プーフは、コルサントの低階層でフォースの乱れを感じ取った。深奥部へ降下しながらフォースのさざ波が一転に集中しているのを感じ、惑星の動力中継装置がある空間に足を踏み入れた。執念深いエイシャー・コーダ将軍は、そこで「セイロットの神像」を握りしめ、今まさに膨大な力を放出せんとしていた。ヤレアルは、神像を渡し降伏するべく問いかけたその時、バウンティ・ハンターザム・ウェセルジャンゴ・フェットが顕れ、ヤレアルと同じく神像を渡し降伏するように言った。しかしながら数において勝るコーダ将軍は降伏せず、戦闘が開始される。

信念の最後

ケルミアンは慈悲深い種族であったが、この場においては争いは避けられなかった。二人のバウンティ・ハンターの助力を得たヤレアルはコーダ将軍達を打ち倒した。神像を手にし、フォースを使って爆発を未然に防ごうとしたその時、コーダ将軍がナイフでヤレアルの胸を刺した。ジャンゴ・フェットがコーダ将軍とどめを刺したが、ヤレアルは既に致命傷を負っていた。最後のフォースを振り絞り、神像の爆発を阻止したヤレアルは、コルサントを守り抜き、命尽きた。

ヤレアル・プーフの葬儀はジェダイ・テンプルで執り行われた。ジェダイ評議員、残された3人のケルミアン、オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーをはじめ多くの参列者に見送られる中、メイス・ウィンドゥの弔辞が述べられた。ヤレアルがジェダイとして賞賛に値する生き方をし、信念を貫いて最後を迎えた事は、後々まで語り継がれる事であろう。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki