FANDOM


モー研究所[1](Maw Installation)はグランドモフウィルハフ・ターキンによって設立された帝国リサーチ・センター。重力異常によってブラック・ホールが集まるモー星団に存在した。

歴史

グランドモフ・ターキン銀河帝国の強力な兵器を研究、開発するために、皇帝パルパティーンにすら極秘で、ブラックホール集団であるモー星団の中心部にモー研究所を設立した。この施設はナタシ・ダーラ提督の指揮する艦隊により守備されていた。この研究所ではサン・クラッシャーに代表される、新共和国に大打撃を与える事の可能な数々の超兵器が実用化されていたが、秘密主義が過度に行き渡りすぎ、帝国の崩壊を知らず、ひたすら帝国からの命令を待ち続けていた。

実用化された兵器は確かに究極的とも言える威力を持っていたが、幸いなことに、帝国崩壊直後の成立後間も無い新共和国の組織がまだ未熟で有った時期に使用される事は無く、それらの兵器から壊滅的打撃を受ける事は辛うじて避けられた。最終的に研究施設は、新共和国に情報が渡る事を避ける為、ダーラ提督の手によって破壊された。

脚注

  1. 表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki