FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

2 BBY、元シス卿モール宇宙船ゴースト>を襲撃し、クルーの反乱者たちを拘束してケイナン・ジャラスホロクロンを奪った。彼は反乱者たちを人質として監禁し、シス・ホロクロンの所有者であるエズラ・ブリッジャーとケイナンを小惑星基地ヴィズラ・キープ09に呼び出した。

背景

惑星マラコアにおける事件の後、元シス卿モールエズラ・ブリッジャーが所有しているシス・ホロクロンと、ケイナン・ジャラスが所有しているジェダイ・ホロクロンの捜索を開始した。ヤヴィンの戦いの2年前、モールはエズラとケイナンが<ゴースト>のクルーと別行動をとっているタイミングを狙い、フェニックス戦隊ハンマーヘッド・コルベットを襲撃した。<ゴースト>のヘラ・シンドゥーラ船長コルベット遭難信号を受け取り、救援に駆け付けたが、モールによる待ち伏せを受けた。モールは<ゴースト>のクルーであるヘラ、ラサットの戦士ガラゼブ・オレリオスマンダロリアンサビーヌ・レンアストロメク・ドロイドC1-10P(チョッパー)を拘束し、部下の改造型ツアー・ガイド・ドロイドたちに見張りを任せた。

人質

Ghost crew versus Maul

反撃を試みる反乱者たち

モールはケイナンとエズラに連絡を取り、仲間たちの命を救いたいならジェダイ・ホロクロンシス・ホロクロンを差し出すよう要求した。ケイナンとエズラは仕方なくモールの要求に応じ、ベンドゥに預けていたシス・ホロクロンを回収するため惑星アトロンに戻った。一方、モールはヘラを連れて<ゴースト>を見回り、船内に保管されていると思われるケイナンのホロクロンを捜索した。モールはフォースを使ってヘラの心から情報を読み取り、ケイナンの部屋の引き出しからホロクロンを見つけ出す。その頃アトロンでは、ケイナンとエズラがベンドゥから与えられた試練を乗り越え、シス・ホロクロンを取り戻していた。ベンドゥはホロクロンをクリクナの穴倉に保管していたため、2人はフォースを駆使して獰猛な動物を押さえつけなければならなかった。しかし、シス・ホロクロンが原因で険悪な関係になっていたケイナンとエズラは、この冒険を通じて仲直りすることができた。

一方<ゴースト>では、反乱者たちが自力での脱出を試みていた。ゼブがチョッパーを蹴って2体のツアー・ガイド・ドロイドを倒すと、反乱者たちは拘束を解いて貨物室へと逃げ込んだ。彼らはそこでモールを待ち伏せし、磁場発生装置を使って罠にかけたが、元シス卿は反乱者のブラスター弾をライトセーバーで防御した。磁場を解除し、フォースを使って反乱者たちを制圧したモールは、人質としての利用価値があるあいだは大人しくしているよう警告した。

その後

The Holocrons of Fate Episode Guide

2つのホロクロンを開くモールとエズラ

エズラとケイナンは訓練用Aウイング・スターファイターに乗り、モールが会合場所に指定したマンダロリアン小惑星基地、ヴィズラ・キープ09を訪れた。モールはハンガー・ベイでジェダイを出迎え、エズラを司令センターへ案内するようツアー・ガイド・ドロイドに命じた。彼はもしドロイドを破壊して逃げ出そうとした場合、人質を殺害すると警告した。その後、モールは囚人と引き合わせると嘘をついてケイナンをエアロックへ連れて行き、宇宙空間へ放り出した。エズラを弟子にしたいと考えていたモールは、最初から約束を守るつもりなど無く、エズラ以外の全員を殺すつもりだったのである。しかしケイナンはフォースを使ってハンガーに戻り、間一髪のところで凍死を免れた。

エズラと2人きりになったモールは、互いの力を合わせてホロクロンから希望を見つけ出そうと持ちかけた。フォースによって起動されたホロクロンは2人のあいだで結びつき、ピンク色の光で司令センターを覆い尽くした。モールは最初のうちは何も見ることができなかったが、エズラはヴィジョンの中で双子の太陽を見た。心をより深くヴィジョンに沈めたモールは、死んだと思っていたある人物がまだ生きていることを知る。次の瞬間、ケイナンが解放された反乱者たちと共に司令センターに駆け付け、エズラにホロクロンの統合を中断するよう指示した。エズラが目を閉じるとヴィジョンも終わったが、モールは混乱に乗じて逃げ出し、<ナイトブラザー>に乗って小惑星基地を後にした。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。