FANDOM


モーテイ[1]Moteé)は第一次ジオノーシスの戦いの頃から侍女としてパドメ・アミダラ元老院議員に仕えた人間の女性。銀河共和国晩年、彼女は同僚のエレイと共にアミダラが銀河元老院で働いている間、その警護のため働き続けた。

経歴

モーテイはアミダラと外見が似ていることから侍女に選ばれた。彼女とエレイはアミダラとジェダイアナキン・スカイウォーカーの秘密の結婚を知っており、囮となってふたりの逢引を助けていた。

モーテイは最高議長パルパティーン銀河帝国の樹立を宣言したとき、元老院の会場に参加していた。彼女もアミダラ同様、新しい帝国を迎え入れる“万雷の拍手”に狼狽するのだった。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki