FANDOM


モーテイ(Moteé)は人間女性で、クローン戦争の終盤に惑星ナブーパドメ・アミダラ元老院議員に仕えた侍女である。

経歴

人間女性、モーテイは銀河共和国時代の末期に惑星ナブーパドメ・アミダラ元老院議員侍女として仕えた。19 BBYクローン戦争が終結した際、モーテイはアミダラに付き添って銀河元老院緊急議会に出席し、オルデランベイル・オーガナ議員とともにシーヴ・パルパティーン最高議長のスピーチを傍聴した。この時、パルパティーンは共和国を銀河帝国へ再編すると宣言し、銀河元老院会議場では万雷の拍手が巻き起こったが、モーテイたちは静かにその様子を見守るばかりだった。[1]

制作の舞台裏

モーテイは2005年の映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場するキャラクターである。女優はオーストラリア人のクリスティ・ライト

登場エピソード

脚注

他言語版