FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事は種族を扱っています。 あなたが探しているのは彼らの出身地かもしれません。

モン・カラマリ[1](Mon Caramari)は惑星ダック出身のエイリアン種族である。モン・カラマリアン(Mon Calamarians)、カラマリアンカラマリモン・カル(Mon Cal)としても知られる。

社会と文化

モン・カラマリは水に住むクオレンと共存していた。モン・カルが早くから宇宙航行に積極的で、生き物のようにも見える宇宙船で航行するのに対して、クオレンは水面下に留まって満足していた。クオレンが進化したモン・カルに初めて遭遇してから、長いこと戦いが続いたものの、2種その後ほぼ平和的に共存していた。最終的に、賢いモン・カルはクオレンをなだめ、クオレンはモン・カラマリの海上都市で歓迎されるようになった。海上都市は注意深く重量バランスをとったうえで、安定と浮力が計算されたすぐれた構造を持ち、海上のみならず、海面下深くにまで達するものだった。 そして、モン・カルは上層や水面近くで暮らし、クオレンは好んで海上都市の下層に薯らしている。

歴史

帝国の侵略

モン・カルは造船技術で有名になったが、彼らの技術が発達したのは、モン・カルほど進歩していないクオレンの支援と採掘技術があったからだ。モン・カルは海上都市や宇宙船をつくるうちに、原材料不足に直面した。海洋の底から金属を採取するのは、モン・カルにとってはきわめて難しかったのだ。そこで、数世紀にわたり、海中採鉱技術を身につけてきたクオレンが、支援を申し出た。こうして、モン・カルとクオレンは共生関係となり、クオレンがモン・カルに宇宙探険に必要な資源を提供することになったのである。

不幸にも、モン・カラマリの造船技術の評判が高まるにつれて、惑星モン・カラマリは銀河帝国から不要な注目を浴びるようになった。帝国はモン・カラマリたちが帝国の造船所ですぐれた労働力になると考え、この海洋惑星への侵略と征服を始めたのである。 そして、アクバー提督をはじめとする多くのモン・カルは奴隷にされ、強制的に帝国の戦艦をつくる強制労働につかされた。しかし、彼らの精神はくじけず、蜂起して帝国の総督に抵抗した。すると、帝国は仕返しとして、モン・カラマリ海上都市の多くを破壊したが、モン・カルは決意をかため、隷属から逃れた。そして、彼らは、宇宙船を戦艦に改造して、帝国に戦端を開いたのである。これが帝国への反乱の発端となった。以来、モン・カラマリは新共和国の建設で中心となった他、彼らの宇宙船も艦隊の中枢になったのだった。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki