FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

モモー・ネイドン[1](Momaw Nadon)はアイソリアン男性。彼は銀河帝国にアイソリアンの農業技術を提供した後、故郷アイソアを追放された。その後、彼は惑星タトゥイーンでの生活に多くの時間を費やす。オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーチャルマンの宇宙港カンティーナを訪れたとき、ネイドンも店内にいた。また、ネイドンは密かに反乱同盟軍を支援していた。

経歴

故郷からの追放

モモー・ネイドンは何十年も<タファンダ・ベイ>の司祭として彼の同胞たちのために働いていた。一体彼が何年間この地位を保持していたのかは明らかではない。だが、彼はクローン戦争の頃にも司祭だった可能性がある。銀河共和国に代わって銀河帝国が台頭すると、ネイドンの種族であるアイソリアンの民の安全は脅かされる。帝国は、アイソリアンの農業技術、そしてテクノロジーを自分たちにも提供するよう要求した。アイソリアンたちにとって、農業の情報は神聖なものである。帝国軍のアリマ艦長は、艦隊を使ってアイソリアンの“母なるジャングル”を見せしめに焼き払った。ネイドンはこれ以上のジャングルの焼失を防ぐため、農業技術の情報を明け渡す必要性に迫られる。彼はアリマ艦長に情報を提供し、故郷を救った。

ネイドンの苦渋の決断の結果の代償は大きなものだった。彼はアイソリアンの長老たちから“反逆者”として故郷からの追放を命じられたのだ。

亡命

Momaw Nadon (Bafforr trees)

タトゥイーンで木々を育てるネイドン

故郷を去ったネイドンは、惑星タトゥイーンにたどり着く。タトゥイーンは暑くて乾燥した砂漠の惑星だったが、いまだにアイソリアンの伝統を誇りに思っていたネイドンは、この環境に合った大きなアイソアの木を育てようと努力した。彼はモス・アイズリーの南の山々で、肉食性を持つヴェスヴァーグ・ツリーなどの秘密の木立を育んでいた。この木立は、帝国から逃れる反乱同盟軍工作員を隠す、秘密のシェルターとしても使われた。

タトゥイーンでのある日、ネイドンは中尉に降格されていたアリマと再会した。アリマはネイドンに、帝国軍が探していたあるアストロメク・ドロイドを探す手伝いをしないと、彼のバッフォー・ツリーを滅ぼすと脅した。ネイドンはこの脅しに非常に気をもんだ。彼はアリマを殺そうとさえしたが、元来平和主義者である彼には殺しの道具を扱った経験がなく、アリマを殺すことが出来なかった。

彼はチャルマンの宇宙港カンティーナオビ=ワン・ケノービを見たとき、帝国の探していたドロイドを発見するが、ケノービ老人はこのドロイドを秘密裏に運ぼうと計画していた。だが、この直後にケノービたちは<ミレニアム・ファルコン>で去っていってしまった。ストームトルーパーが<ファルコン>に銃撃を行う中、ネイドンは目立たずに隠れていた。目的のドロイドは去ってしまった。ネイドンは、アリマの上官に、自分は2日前にアリマにドロイドの情報を伝えていたのだと、嘘をついた。なんと、この上官はアリマが反論する前に彼を射殺してしまった。恐れをなしたネイドンは、アリマの死体からふたつの細胞サンプルを回収した。彼はアイソリアンの命の法を踏まえ、アリマの2体のクローンを作った。こうすれば、アリマがかつてアイソリアンたちに対して犯した罪を償うことができ、ネイドンもアリマへの罪を滅ぼせると考えたのだ。

登場作品

脚注

}}

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki