FANDOM


モット(Mott)はミッド・リム惑星ナブーに生息していた草食の4足歩行クリーチャー。コルサントジェダイ・テンプルではフォースで動物を手なずける訓練にモットが使われていた。

生態と特徴

モットは惑星ナブー湿地に生息していた4足歩行のクリーチャーである。モットはずんぐりとした体格で、全高は1.1メートルだった。モットは茶色の肌を持ち、鋭い爪を備え、鼻の頭には小さな角があった。モットは増殖率が非常に高く、1回の出産で15匹の子供が生まれた。モットは草食動物で、沼地の植物を食べた。また、モットは極めて攻撃的な一面を備えた。

歴史

Mott in stampede

ナブーのモット

銀河共和国時代の後期、惑星コルサントジェダイ・テンプルでは訓練用のモットが飼育されていた。パダワンとして修行を積んでいた頃、アナキン・スカイウォーカーは師匠のオビ=ワン・ケノービから怒ったモットをフォースを使って手なずけるよう命じられた。

登場エピソード

参考資料

他言語版