Fandom

Wookieepedia

モス・エスパ

< モス・エスパ

9,726このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク2 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

モス・エスパ(Mos Espa)はタトゥイーンの都市。

概要

モス・エスパはタトゥイーンデューン・シーに多数点在する孤立した入植地のひとつであり、街には指名手配されたギャング、ジャンク屋、廃品回収業者などが住みついていた。また、古代の交易ルートであるゼルリック・ドロー沿いに位置し、北部と南部の入植地の間を行き来する商人にとって理想的な中継点であった。

モス・エスパの雑踏ではスウープ・バイクがほこりの舞い上がる通りを走り抜け、大型の獣が活気あふれるマーケットの屋台に物を運び、大勢のエイリアンが怪しげな仕事をしている。

モス・エスパにおいて水はとても大切に使われ、エネルギーはバイオ・コンバーター発電機から供給されていた。人があふれる建物は冷房機械と、2層式の壁の問に冷却液を流す方法で冷やされていた。街は砂嵐の脅威にもさらされていて、砂嵐がやって来たときにシェルターを見つけることができなければ、命の保証はなかった。

歴史

モス・エスパは銀河共和国の影響が多く及ばないアウター・リム・テリトリー惑星タトゥイーンの街であり、多くの悪臭がはびこっていた。非合法取り引き、賭博と奴隷制度は、まさにモス・エスパの「喜の産業」だった。

奴隷制度はモス・エスパに住む極貧の人々にとっては厳しい現実だった。裕福な商人たちは奴隷を所有し、彼らを召使いや労働者として、安い賃金で使っていた。

奴隷たちは、かろうじて立っているような町外れの宿舎に住んでいた。密集して手入れが行き届かないこれらの「ほったて小屋」は、もともとはタトゥイーンに移民した鉱山労働者たちのために建設されたものだった。奴隷の宿舎の手入れは、奴隷の所有者の義務だったが、気にかける者はほとんどいなかった。

それにもかかわらず奴隷たちは、この街では貴重な商品であり、奴隷の売買や賭けは取り締まりを受けることはなかった。多くの奴隷たちの運命が、ポッドレースの結果に左右されていた。

メイン・ストリート

Mosespa.jpg

モス・エスパ通り

タトゥイーン最大の入植地であるモス・エスパのメインストリートは、街の中心部をクネクネと曲がり、観光客向けの店や酒場が立ち並ぶモス・エスパ・ウェイだ。脇道は娯楽地区の中心に通じ、旅行者はそこで合法、非合法を問わすあらゆる娯楽を楽しむことができた。

モス・エスパ・ウェイに面している商業地区には、バラエティに富んだ小さな屋台から大きな商店までが集まり、食材から宇宙船の部品までありとあらゆるものを売っていた。宇宙船のドッキング・ベイが至る所に散在し、商人たちはそれを取り囲むように店を出していた。

居住区の多くはメインストリートから離れた場所にあり、奴隷は街の郊外に建てられた古いほったて小屋に住んでいた。街で最も立派な2つの建物は、どちらもモス・エスパ・ウェイ沿いにあった。かつてジャバ・デシリジク・ティウレ・ザ・ハットが使っていた住居と、彼のライバルであったガーデュラの宮殿である。タトゥイーンヘ最初に入植したハットであるガーデュラー族の屋敷は、彼らの力の象徴として建造され、どっしりとした要塞のような建物だった。ジャバは街にガーデュラよりも小さな住居を構えたが、デューン・シーの端には彼自身の荘厳な宮殿があった。

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki