FANDOM


モス・エスパ通り(Mos Espa Way)は、惑星タトゥイーンモス・エスパの街を蛇行して貫いていた大通りである。幅の広い通りだったが、常に混雑し、モス・エスパの最盛期には、さまざまなエイリアン種族や家畜、ドロイドや乗り物が昼も夜も行き来していた。

概要

モス・エスパ通りは商業地区と娯楽地区が交わる場所だった。町の観光業の中心地であるだけでなく、商業・娯楽の中心地でもあった。無秩序に広がる店や、建ち並ぶ大小さまざまな屋台が、混雑した通りをさらに窮屈にしていた。砂嵐が発生すると、商人たちはすぐに店をたたんだ。

十数個のドッキング・ベイがモス・エスパ通りに面し、離発着するスターシップの轟音が絶えず響いていた。ポッドレースのような催し物の前には、特に騒音がひどかった。輸出入される物品は輸送船に集められ、通りを混乱させることも多かった。

モス・エスパ通りでは、中古のランドスピーダーからコップ1杯の冷たいまで何でも手に入った。場合によっては、コップ1杯の冷水がランドスピーダーより高いこともあった。往々にして、モス・エスパ通りではまがい物が売りに出されていたため、買い物の前には商品を調べたほうが安全だった。例えば、ゴーグ行商人のグラグラは、売り物の食用両生類を屋台のそばにある地下養殖場で飼育したと説明していたが、実際には、モス・エスパの下水道で飼育していた。また、本当に不注意な客は、武器商店など場違いな店に迷い込んだり、奴隷商人の所有物となることもあった。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki