FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「アウター・リム・テリトリーの各地から集まった客で超満員! 出場者もスターティング・グリッドで準備中です」
フォード[出典]

モス・エスパ・グランド・アリーナ(Mos Espa Grand Arena)はアウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンにあった大規模なスタジアム。宇宙港都市モス・エスパの郊外にあり、この街の住民をほぼ丸ごと収容することができた。グランド・アリーナはポッドレース・イベントの会場として利用され、ハットの主催のもと、銀河系各地からレーサーと観戦者が集まった。ヤヴィンの戦いの32前、奴隷アナキン・スカイウォーカー少年はグランド・アリーナで開かれたブーンタ・イヴ・クラシックのレースで優勝し、自らの自由を勝ち取った。

特徴

The Pinnacle

アリーナの遠景

モス・エスパ・グランド・アリーナは惑星タトゥイーン宇宙港都市モス・エスパの郊外、ゼルリック・ドロー北部デューン・シーが交差するあたりに存在した巨大建築物である。円形の観覧席とポッドレースのスターティング・グリッドから成り、砂漠の峡谷の自然な湾曲を利用して造られていた。アウター・リム・テリトリーで指折りの知名度を誇るグランド・アリーナのサーキットは[1]、砂漠地帯や洞窟、岩山の間を走り抜ける危険なコースだった。[2] 観客席はモス・エスパの住民をほとんど収容することが可能で、1に1度開催されるブーンタ・イヴ・クラシックのレースには銀河系の至るところから10万を超える観客が集まった。観客たちの目的は賭け事[1]ギャンブラーたちはレース結果を巡ってお互いの金、スターシップ奴隷の所有権をやり取りした。[2] グランド・アリーナには裕福な住民やゲストのために一般の観衆と離れた専用のボックス席が用意されていた。ポッドレーサーは一瞬でアリーナを通り過ぎてしまうため、ボックス席にはカム・ドロイドからの通信を放送するビュースクリーンが備えられていた。[1] 他の席の観客も手元の映像モニターでレース経過を見守った。[2] また、レースの出資者であるハットは最も贅沢な観戦ボックスを占有した。[1]

アリーナの中にはポッドレーサー・パイロット用のハンガー(格納庫)があった。もともとハンガー内には各レース機を区切る仕切りが連なっていたが、ポッドレース人気が高まるにつれて収容施設が拡張され、より多くの出場者数を確保するため仕切りも撤去された。ハンガーはマシーンの修理やメンテナンスに利用され、メカニックピット・ドロイドが働きまわっていたが、金持ちのポッドレース・ファンやスポンサーも入ることができ、賭け事の取り決めなどが行われる特別な場でもあった。[1] ポッドレーサー・パイロットはレース機の搬入や移動にタトゥイーン固有種のイオピーを使った。[2]

歴史

FlagParade-TPM

レース開始のフラッグ・セレモニー

モス・エスパ・グランド・アリーナの大観覧席建造資金を出したのは、ハットの犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレだった。ジャバは特にポッドレースのファンというわけではなかったが、影響力拡大とビジネスの一環として、大勢の観客が集まるレース会場に出資していた。銀河共和国時代後期、ポッドレースの大ファンだったトイダリアンジャンク屋ワトーはグランド・アリーナにボックス席を所有しており、友人やギャンブル仲間たちと共にレースを観戦した。[1]

ヤヴィンの戦いの32年前のブーンタ・イヴ当日、モス・エスパ・グランド・アリーナでで恒例のポッドレース・イベントが行われた。ジャバがこの大会の主催者を務め、トロイグフォードシンビード・アノドゥベーシックハット語で解説者を務めた。多くの観客の予想に反し、このレースの優勝を飾ったのは常連のセブルバではなく、人間の少年パイロット、アナキン・スカイウォーカーだった。出場者のうち、ベン・クワディナロスはレース機のトラブルでグランド・アリーナのスターティング・グリッドから出ることもできなかった。[2]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。