FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「モス・アイズリー宇宙港だ。これ以上無いほどの悪党や下衆であふれかえっている。用心することだ」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

モス・アイズリー(Mos Eisley)は惑星タトゥイーンにあった巨大な宇宙港街である。ポッドレース人気の衰退に伴い、犯罪王ジャバ・ザ・ハットモス・エスパを見捨てた後、モス・アイズリーの地位が上がってこの街におけるハットの影響力が増大した。モス・アイズリーは無計画に発展したため主要な着陸施設が無かったが、362ものハンガーが存在し、毎日のようにさまざまな宇宙船が出入りした。モス・アイズリーの埃まみれの通りは物売りやパーツ屋のデューバック、お尋ね者の犯罪者で溢れかえり、旅の途中のパイロットカンティーナで時間を潰した。

クローン戦争中、パントランパパノイダ男爵トレード・フェデレーションの陰謀で誘拐された娘のチェ・アマンウェを救出するため、モス・アイズリーにあるチャルマンのカンティーナ賞金稼ぎと戦った。また、ダーク・ジェダイアサージ・ヴェントレスはモス・アイズリーを訪れた際に若きボバ・フェット率いる賞金稼ぎグループと遭遇した。銀河内戦の初期、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ水分農夫ルーク・スカイウォーカーオルデランまで運んでくれるパイロットを探すためモス・アイズリーのカンティーナを訪れ、密輸業者ハン・ソロチューバッカと出会った。

特徴

MosEisley

モス・アイズリーの遠景

モス・アイズリーは砂漠惑星タトゥイーンに存在した主要な宇宙港都市である。[1] 不毛なジャンドランド荒野の南東に広がる盆地、グレート・メスラ高原に築かれており、犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレ宮殿からさほど離れていなかった。[2] モス・アイズリーはアンカーヘッドがあるグレート・チョット・ソルト・フラットの北、カークーンの大穴の南に位置し、タトゥイーンの首都であるベスティンから見て東にあった。西側からモス・アイズリーに行く際には、スルース・キャニオンと呼ばれる高地を通過する道が使われることが多かった。[3]

モス・アイズリーは無計画に発展したため主要着陸施設と呼べるものが無かったが[2]、362もの窪んだドッキング・ベイが散らばっており、街全体が宇宙港になっていた。ドッキング・ベイはどれも宇宙貨物船を格納できるほどの広さがあった。モス・アイズリーの古い区域はもともと同心円状にレイアウトされ、と動力の配給センターに隣接した市場があった。[3] 砂漠では水が貴重品であり、街の中心にある主な配給所から外に向かって、デュラクリートプラストイドでつぎはぎされた建物が広がっていた。[2] やがて新しい区域が発展すると、そこにあるバザーやジャンクヤードで水分凝結機や冷却ユニット、水耕栽培作物の取り引きが行われるようになった。チャルマンのカンティーナは新しい区域の中心に位置した。もともとストレート・ストリートが旧市街の中心だったが、帝国時代にはアウター・カーブド・ストリートとストレート・ストリートの交差点がモス・アイズリー宇宙港の中心地となり、ホテルカジノ、他の惑星からやってきた企業の高層建築物が立ち並んだ。[3]

Mos Eisley spaceship

モス・アイズリーの通り

モス・アイズリーは薄汚れ、くたびれた風景が広がっていたが、その実態は賑やかな宇宙港だった。多種多様なスターシップが毎日のようにモス・アイズリーで離発着を繰り返し、合法・非合法を問わずさまざまな貨物やパイロットを運んだ。飛行の合間、旅行者は地元のカンティーナに流れ着いた。また、街の通りは物売りやパーツ屋のデューバック、お尋ね者の犯罪者で溢れた。[2] モス・アイズリーは無法の港として有名で、ハットの手下や、あらゆる種族の悪党や密輸業者、いかがわしい人種、逃亡者、どんなことをしてでも生き抜こうと必死な人々が集まっていた。クローン戦争期も帝国時代も、モス・アイズリーでは時代を問わずが物を言い、旅人が余計な詮索を受けることは無かった。[4] モス・アイズリーの外縁部には、今にも壊れそうなポアストーンの建物が並ぶスラム区域が存在した。ここでは不法居住者や落ちぶれた水分農夫ゴミ漁り、タトゥイーンで自分を見失った者や、人生をやり直したい無法者が大勢暮らしていた。[3]

表向きには、モス・アイズリーの長官と税関職員がすべてのドッキング・ベイを監督していることになっていた。しかしモス・アイズリーでは賄賂が横行し、税官吏はタトゥイーンに寄港するスパイスや違法武器、その他禁止物資の密輸を目こぼししていた。また、タトゥイーンで水分農場を営む農夫たちは首都ベスティンの市場の混雑がひどいときだけ収穫物をモス・アイズリーに運んできた。[3]

モス・アイズリーでは、離発着する宇宙船と同じくらい、ロントバンサ、デューバック、ジャーバイオピーといった動物や、ランドスピーダースカイホッパーなどのビークルを見かけることができた。バラエティに富んだモス・アイズリーの居住者や放浪者は、近くはライロスピロケト、遠くはナー・シャッダオード・マンテルといったさまざまな星からタトゥイーンに集まっていた。[3]

歴史

Mos Eisley street

0 BBY当時のモス・アイズリー

モス・アイズリー宇宙港は長年にわたって宇宙船の乗組員や泥棒、密輸業者、あらゆる種族のさまざまな悪党にとっては天国のような街で、クズと悪漢の巣窟と化していた。ポッドレース人気が後退し、犯罪王ジャバ・ザ・ハットや奴隷商人らがポッドレースの中心地モス・エスパを見捨てると、モス・アイズリーの地位が向上し、ここでのジャバの影響力が増大した。やがて宇宙船の設計・製造を行うユブリキアン・インダストリーズ社キューブ=ラクスファウス・システムズ社といった大企業もこの宇宙港都市に注目し、再開発された中心地に高層ビルを建築した。[3]

モス・アイズリーのデューン・ストリートには<ダワジャー・クイーン>の残骸がそびえ立っていた。<クイーン>はタトゥイーンに墜落した初期のコロニー・シップの名残で、モス・アイズリーのランドマークになっていた。[3]

クローン戦争中の21 BBYパントラン議会書記長を務めるパパノイダ男爵は、トレード・フェデレーションの陰謀で誘拐された娘のチェ・アマンウェを救出するため、息子のアイオンとともにタトゥイーンを訪れた。パパノイダは事件の実行犯である賞金稼ぎグリードをジャバの宮殿で拘束し、チェ・アマンウェが監禁されているモス・アイズリー・カンティーナへ案内させた。グリードはカンティーナでチェ・アマンウェを解放したが、その直後にパントランの親子とグリードの仲間たちとの間に銃撃戦が始まった。グリードはカンティーナから逃げ出したが、パパノイダ親子は悪党たちとの戦いに勝利し、無傷でモス・アイズリーを離れた。[5]

20 BBY当時、若きボバ・フェット率いる賞金稼ぎシンジケートはモス・アイズリーにある溜まり場を拠点にしていた。この年、惑星クォーザイトでの任務に備え、フェットとC-21ハイシンガーラッツ・ラジィデンガーボスクオーケッドらがモス・アイズリーに集結した。しかし任務に出発する直前、オーケッドはモス・アイズリー・カンティーナでダーク・ジェダイアサージ・ヴェントレスに殺されてしまった。フェットのチームはヴェントレスの腕を見込んでこのダソミリアンをオーケッドの代わりに仲間に加えることに決めた。[6] クォーザイトでフェットのチームと別れた後も、ヴェントレスは何度かモス・アイズリーを訪れた。彼女はあるときはラッツ・ラジィと一緒にカンティーナで時間を潰し[7]、またあるときはカンティーナにある賞金首検索用の情報端末を使ってサヴァージ・オプレスの討伐任務を引き受けた。[8] 19 BBY、ヴェントレスはドゥークー伯爵に捕まってしまった恋人のジェダイ・マスタークインラン・ヴォスを救出するため、モス・アイズリーを再訪してフェットに協力を求めた。[9]

Outer Kerner Way

モス・アイズリー・カンティーナ

0 BBYに発生したスカリフの戦いの直後[10]超兵器デス・スター設計図を託された反乱同盟ドロイドR2-D2C-3POがタトゥイーンへ逃亡したため、帝国軍の捜索部隊が地上へ派遣された。[1] 通常であれば帝国の注意を引くこともないモス・アイズリーも帝国によって制圧・封鎖され[2]モス・アイズリー地区民兵基地スター・デストロイヤーから派遣されてきた帝国軍部隊によって占拠された。街の各所にはサンドトルーパーによるチェックポイントが設けられ、インペリアル・オーダーD6-66によってすべてのハンガーに時限錠が取り付けられた。[3]

一方、ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービと水分農夫のルーク・スカイウォーカーは、R2-D2やC-3POを惑星オルデランへ送り届けるのに必要なパイロットを雇うため、モス・アイズリー宇宙港を訪れた。彼らは帝国の検問に遭遇したが、ケノービがフォースマインド・トリックを使ってサンドトルーパーを説得し、ドロイドの取り調べを回避した。その後、ケノービとスカイウォーカーはチャルマンのカンティーナで密輸業者のハン・ソロチューバッカと出会い、彼らと取り引きを交わした。一行は帝国軍の追跡をしのぎ、ドッキング・ベイ94に停泊してあったYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>でモス・アイズリーから飛び立った。[1]

エンドアの戦い反乱同盟が勝利した際、モス・アイズリーの住民は皇帝シーヴ・パルパティーンの死と第2デス・スターの破壊を祝った。[11]

モス・アイズリーの地名

Mos Eisley BF2

モス・アイズリー

登場エピソード

MCQ-moseisley

ラルフ・マクォーリーによるコンセプト・アート

参考資料

脚注

他言語版