FANDOM


「わたくしたちは、ビレンの統治権のことを話し合う必要がありますわ。ご存知のように、メロウィン卿が他界されて……」
レイア・オーガナに対し、カリース・シンディアン[出典]

メロウィン(Mellowyn)は惑星ビレンの貴族で、オルデランベイル・オーガナの遠い親戚。メロウィンは“最高位総督”としてビレンを統治した。ベイルがデス・スター攻撃で命を落とした後、メロウィンは彼の忘れ形見である養女のレイアと何度か顔を合わせた。

オルデランの破壊から28年後、メロウィンは跡取りがいないまま他界する。総督の継承者として最も近い親類のレイアが指名されたが、彼女が相続を拒否したため、代わりにアケニスのレディ・カリース・シンディアンが新総督になった。しかし新共和国の銀河元老院で分裂危機が生じた時、レディ・カリースはレイアを蹴落とすため王家の制約を破り、旧家によって地位を剥奪された。

登場エピソード

脚注

他言語版