FANDOM


メラス[2]Melas)は惑星から惑星へと旅したサーカンの追放者だった。ほとんどのサーカンと異なり、彼は背が低く明るい青い目をしており、爪は短かった。

経歴

MelasSE

チャルマンのカンティーナにて、メラス

メラスが追放者として生活することになった原因は、その外見のためではなく、社交的な性格に起因するものだった。メラスは人間やその他の非サーカン種族との交流を楽しみ、彼らとの付き合いの中で、しばしば複雑なサーカンの儀式を無視していた。多くの出来事の中でサーカンの儀礼に関する厳しい法律を侵してしまったため、メラスはサーカから追い出されたのである。

メラスは自然の美しい故郷を離れなければならないことをとても残念に思ったが、追放生活はそれほど苦しいものではなかった。彼は追放される前に貴金属や宝石といった財宝をサーカから盗み出していた。メラスは観光と、出来る限り多くのエイリアン種族と出会う目的で銀河系を旅した。ヤヴィンの戦いの直前、彼はタトゥイーンチャルマンの宇宙港カンティーナを訪れていた。彼がカンティーナに来店した日、オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーもこの店を訪れ、ハン・ソロと出会っていた。

メラスは追放生活の中でエスーミアングルー・パイプに出会い、それを好んで吸引するようになっていた。

制作の舞台裏

『新たなる希望』の特別編で使われたメラスのパペットは、パシスヒップの商人ケトウォールに使われたものと同じである。ケトウォールのパペットを前後逆にして使うことで、異なるふたつのキャラクターを表現したのである。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki