FANDOM


最後のジェダイ

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のネタバレ情報を含みます。

メガ級スター・ドレッドノート(Mega-class Star Dreadnought)はレジスタンスとの戦争が繰り広げられていた時代にファースト・オーダーが使用したスター・ドレッドノートの艦種。ファースト・オーダー宇宙軍が保有する唯一のメガ級スター・ドレッドノートは最高指導者スノーク旗艦スプレマシー>である。[1]

登場作品

脚注

ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - ファースト・オーダー・ストームトルーパー・エクセキューショナー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。