Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,517 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
Teshik
オスヴァルド・テシックOsvald Teshik)は人間男性で、帝国宇宙軍に仕えた大提督。尊敬を集める戦略家だったテシックは、ヤヴィンの戦い2年前皇帝パルパティーンから階級を与えられた、12人の初代大提督のひとりだった。テシック大提督は、銀河系首都インペリアル・センターも包括する広大な領域、インペリアル・センター・オーバーセクターを管轄下に置き、オーバーセクター内の全艦隊を指揮していた。

0 ABY帝国顧問コウ・ヴェシヴ共和国再建のための同盟の私掠船<ファー・オービット>に誘拐されると、テシックは彼を救出する任務を与えられた。しかしテシックは帝国から変節したダス・フェノープ・ヴェディジ船長を破ることができず、救出にも失敗した。するとパルパティーンは、見せしめとしてテシックをヘイピーズ星団へと派遣し、わずかな火力と軍需品だけでヘイパン王室宇宙軍と戦わせた。戦いで重傷を負ったテシックだったが、宇宙空間を漂っているところを、帝国のスヌープシップによって救出された。戦闘で負った傷を補うため、テシックは体の75パーセントをサイバネティクスの部品と入れ替えなければならなかった。テシックは、サイボーグを不快な弱者とみなす多くの人々から差別を受けることになった。

ヘイパン艦隊との戦いから4年後、反乱同盟軍が第2デス・スター攻撃した際、テシック大提督もこのバトルステーションの中にいた。戦いの流れが傾き、帝国が劣勢に追いやられた時、テシックはなんとかデス・スターから脱出し、旗艦スター・デストロイヤーエリーモシナリー>に乗って引き続き反乱軍と戦った。帝国艦隊の残党がハイパースペースへと逃走した後も、テシックは4時間にわたって反乱軍と戦い続けたが、最終的に彼のスター・デストロイヤーはイオン砲の攻撃で動かなくなってしまった。反乱同盟に捕えられたテシックは、銀河市民に対する罪を理由に死刑を宣告された。テシックは彼らに対して金属的な笑みを浮かべながら、戦いはまだ終わりには程遠いと警告した。

今日の引用句
「わたしは夜を使う。夜はわたしを使う。わたしはジャングルの闇となった」
デパ・ビラバ[出典]
日替わり特集記事
Cal Omas

カル・オマスCal Omas)はオルデラニアン男性で、新共和国国家元首を務めた後、銀河連合自由同盟を設立し、その初代元首になった。彼は故郷破壊された後、共和国再建のための同盟に加わって銀河大戦で戦った経験があった。オマスはレイア・オーガナの跡を継ぎ、新共和国でオルデランの代表者を務め、ユージャン・ヴォング攻撃のさなかにボースク・フェイリャ元首が自殺するまで、元老院議員として国家に仕えた。

新共和国の議員たちはオマスをフェイリャの後継者に選出した。新共和国は銀河同盟へと再編され、このオルデラニアンのリーダーシップのもと、銀河系に大きな破壊をもたらしたユージャン・ヴォング戦争は終結を迎えた。しかし平和は長続きせず、5年後にはアンノウン・リージョンでトラブルが発生した。ダーク・ネスト危機は単なる銀河同盟外部の問題に止まらず、政府とジェダイの間に亀裂を生んだ。オマス自身も、キップ・デュロンケンス・ハムナージェイセン・ソロ、そして彼らの指導者であるルーク・スカイウォーカーといったジェダイたちと、幾度も衝突した。最終的に関係は修繕されたが、問題はすぐに再浮上することになった。

銀河同盟がコレリアン脱退の脅威に直面したとき、オマスは各方面からの妨害を受けた。ジェイセン・ソロはシャー・ニアサル最高司令官と協力し、オマスの政府を少しずつ崩壊させていった。この動きに対抗することが出来なかったオマスだが、コレリアン政府の指導者ダー・ゲジェンから和平交渉の申し出を好機と捉えた。コレリアンと共にニアサルとソロを排除しようとする試みは、ソロの命令に従う兵士たちによって挫かれた。ソロはオマスを逮捕し、ニアサルと共に国家元首の座に就いた。さらにソロは、オマスがマラ・ジェイド・スカイウォーカーの死に関与していると、若きベン・スカイウォーカーに嘘をついた(実際に手を下したのはソロだった)。ベンはソロを信じていなかったが、オマスを殺してソロに近づこうと、刑務所の独房に侵入した。オマスはベンにソロの嘘を明かしたが、この青年がソロの信頼を獲得できるよう、自ら彼の刃に倒れた。オマスには、エリア・オマスという遺児がいた。

今日は何の日?

12月21日:

ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア