ウィキア

Wookieepedia

ホーム

5,873 件の記事が
このウィキにあります
トーク14
今週の銀河市民
PelloScrambas
ペロー・スクランバスPello Scrambas)はオルデラン王室に仕えた中尉で、人間男性である。彼の父親は、オルデラン・アセンダンシー論争のさなかにジェダイ・マスタージョラス・シボースに仕えた<ケル=ドローマ>の艦長タッシュ・スクランバスだった。論争の最後の日、若きスクランバスはオルデラニアンの軍隊に加わった。同僚たちは惑星オルデラン銀河系規模の戦争、クローン大戦にかかわることはないと信じていたが、軍曹となっていたスクランバスは彼らより分別があった。グリーヴァス将軍コア・ワールドに向けて進撃したため、彼は戦争中多くの戦いを目にすることになる。いくつかの任務を完了した後、スクランバスはベイル・プレスター・オーガナ元老院議員の個人的な護衛任務を割り当てられた。

警備要員としての新しい役割がありながらも、スクランバスはその後の大戦において、メタローンクワリドンボーズ・ピティといった惑星で多くの軍事活動に参加した。19 BBYにクローン大戦が終結したとき、スクランバスはオーガナのもとに留まり、この議員と個人的な親交を深めた。それからほぼ20年後、スクランバスはオーガナの娘、プリンセスレイア・オーガナに仕えるようになっていた。彼女は父親の後を引き継ぎ帝国元老院の代表議員となり、共和国再建のための同盟と関係を持っていた。0 BBY、レイアの活動は銀河帝国の目を引き、ダース・ヴェイダーは兵士を率いてレイアの<タンティヴIV>へと乗り込んだ。この襲撃の際、スクランバスは傷ついて帝国のストームトルーパーによって捕えられ、その後まもなく殺された。彼は信頼する友人の娘のためにその命を犠牲にしたのだった。

今日の引用句
ワックサー: 「おれたちいつも、楽しい任務だよな?」
ボイル: 「こんなのは序の口よ。本物のお楽しみはこれからさ」
ワックサーボイルジオノーシスにて[出典]
日替わり特集記事
Relentless

<リレントレス>Relentless)は、銀河同盟フェル帝国戦争の最後にシスの暗黒卿ダース・クレイト銀河皇帝ローン・フェルから帝国の支配権を強奪してから7年後アウター・リム第3艦隊旗艦として活躍したペレオン級スター・デストロイヤーである。ケル・ドアシャ・ダン提督の指揮のもと、第3艦隊は銀河同盟コア艦隊の指揮官であるガー・スタージ提督の捕獲、そしてばらばらに散らばっていた銀河同盟連合軍を破壊する任務を課されていた。

多くの小規模な勝利を収めていたにもかかわらず、ダンはスタージの攻撃を止められず、第3艦隊を監督していたシス卿ダース・アザードによって<リレントレス>のブリッジで処刑された。人間至上主義ドルー・ヴァラン提督がダンに代わり、彼の指揮のもと<リレントレス>は惑星ダック上空で同盟軍との次の戦いに臨んだ。ダック上空の戦いは、スタージを取り逃しただけでなく、同盟軍が造船所アドバンスト・スター・デストロイヤーインペリアス>を拿捕するという、帝国にとって無様な結果に終わった。<リレントレス>は戦いを生き残ったが、第3艦隊は撃破された。ヴァラン提督は名誉を失い、<リレントレス>の指揮権をホーグ艦長に譲り、自ら命を絶つために自室に戻った。

モン・カラマリの故郷ダックを汚染し、1間以内に全住民を抹殺してしまう計画、ファイナル・プロトコルの実行命令をダース・ウィーロックから受け、<リレントレス>とクライオン・グレイルが指揮するアウター・リム第3艦隊は同盟軍の救出作業を妨害するために派遣された。モフゲイストダース・ストライフが任務を監督し、第3艦隊はスタージ提督の艦隊と戦ったが、ローン・フェルのエンパイア=イン=エグザイルに忠実な艦隊が同盟軍を補佐するために到着し、ストライフは部隊を撤退させた。

今日は何の日?

7月29日:

  • 1941年デイヴィッド・ワーナー誕生。
  • 1998年The Last Command 6出版。(アメリカ)
  • 2009年Star Wars Adventures Volume 2: Princess Leia and the Royal Ransom出版。(アメリカ)
  • 2009年 – Star Wars Legacy 38: Tatooine, Part 2出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア