Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,331 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
Ranulph tarkin

ラヌルフ・ターキンRanulph Tarkin)は、銀河共和国末期に活動した、有力で野心的な政治家スターク・ハイパースペース紛争を引き起こし、この戦争の英雄として名を遺した。46 BBY当時、セスウェナ宙域選出の元老院議員だったラヌルフ・ターキンは、銀河元老院軍国主義者派閥を率いていた。集中化された武装勢力なくして共和国の安全はありえないと考えたターキンは、共和国軍の再創設を要求し、自ら宇宙軍と地上軍の原型を組織した。

バクタ不足が問題となっていた時期、海賊アイアコ・スタークトレード・フェデレーションの積み荷を襲撃したことで危機が発生したが、これは軍国主義者ターキンにとって絶好の機会となった。彼はトレード・フェデレーションのヌート・ガンレイ大臣に圧力をかけ、秘密サミットの開催地が惑星トロイケンであることを知った。このサミットでは、フィニス・ヴァローラム元老院議員(ターキンの政治的ライバル)やジェダイの代表団による仲裁のもと、スターク・コマーシャル・コンバインとトレード・フェデレーション間で話し合いが行われることになっていた。参加者全員が集まったという信号をガンレイから受け取ったターキンは、自らの準軍事勢力を率いてトロイケンに向かった。彼はスタークの海賊団を武力で滅ぼすことで、強力な軍隊の必要性を証明するつもりだった。

ターキンの行動を予期していたスタークは、彼の艦隊ナビゲーション・コンピューター用のウイルスを放った。攻撃は失敗に終わり、ターキンはわずかな宇宙船で何とかトロイケンに到着したが、そこでスタークの宇宙軍に迎撃された。ターキンは宇宙船を放棄し、ジェダイやヴァローラムとともにアヴォス山にある鉱山に避難することになった。軍隊を失ったことに落胆し、動揺したターキンは、戦意を失った。ジェダイとターキンの補佐官ジェイス・ダリンが準軍事勢力の指揮権を引き継ぎ、スターク・コンバインと戦ったが、ターキンはこのことに屈辱と怒りを覚えた。ジェダイ・マスタープロ・クーンの指揮のおかげで共和国は勝利に近づいたが、手柄を手に入れたいターキンは、爆弾を使って自らを犠牲にし、肉食のチャラット・イーターを洞窟から解き放った。クーンの戦術で罠にはまったスタークの軍隊は、この肉食昆虫に貪り食われることになった。ラヌルフ・ターキンの評判は、ターキン一族の強い政治的影響力のおかげで没後も下がることはなく、彼はスタークを破った“トロイケンの英雄”と呼ばれるようになった。

今日の引用句
「ダークサイドの帳が下りてきた。始まったのじゃ、クローン大戦が」
ヨーダ[出典]
日替わり特集記事
Mon Cal Chancellor 2

ベルーケンBerooken)はモン・カラマリ男性の政治家で、銀河共和国再建されたシス帝国大銀河戦争を繰り広げた時代、元老院最高議長を務めた。戦争がおよそ30年近くも続いていた3,653 BBY、帝国のダーク・カウンシルが和平の可能性についての話し合いを求めたとき、ベルーケンは議長のオフィスに着任していた。銀河元老院は会談の呼びかけに応じたが、ジェダイ・オーダー最高評議会の助言に従い、ベルーケンはオルデランで開催される和平会談には参加しないことに決めた。共和国元老院の代理人として、ベルーケンはセレアンパラン・アム=リス元老院議員をオルデランへと派遣した。

しかし最終的に、和平会談はシスの真の目標(共和国の首都惑星コルサント)から共和国側の気をそらすために仕組まれた罠であることが判明した。銀河系の二大勢力の代表者たちがオルデランで話し合っているとき、シス帝国はコルサントの略奪として知られるようになる大規模な侵略攻撃を首都に行った。攻撃の中で、シス軍を指揮するダース・アングラル元老院ビルに押し入り、最高議長ベルーケンを殺害した。コルサントの略奪とベルーケンの死を受け、アム=リス元老院議員はシスが主導するコルサント条約への署名を強いられ、共和国は正式に戦争の敗者となった。

今日は何の日?

8月30日:

  • 1977年ナリーニ・クリシャン誕生。
  • 1994年Classic Star Wars: The Empire Strikes Back 1出版。(アメリカ)
  • 1994年 – Tales of the Jedi: Knights of the Old Republic trade paperback出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア