Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,499 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
TheRealZevVeers
ゼヴロン・ヴィアーズZevulon Veers)、通称ゼヴZev)は、人間男性で、共和国再建のための同盟のメンバーだった。帝国陸軍将軍マクシミリアン・ヴィアーズの息子だった彼は、幼いころに母親を失った。マクシミリアン・ヴィアーズは、銀河帝国に忠実な人物になるよう、息子を厳格に育てた。しかし間もなく父親と距離を置くようになった若きヴィアーズは、帝国の目的に疑問を持ち、非人間種族を奴隷にする慣習は非倫理的だと考えた。ヴィアーズはCOMPNOR半成人グループ大隊に加わったが、政治信頼性監査官から低い点数をつけられた。青年将校の訓練を積んだ後、ヴィアーズは父親からCOMPNORのエリート・コンプフォース部隊への加入を強制された。ここでヴィアーズは、帝国からの離脱を決意する。ヴィアーズの上官、アイヴォ・ライバックが、反乱軍のシンパの疑いがある捕虜に尋問していた時、反乱軍の機動部隊がコンプフォースを襲撃し、ヴィアーズも彼らの囚人になった。それから間もなく、ヴィアーズは同盟軍に加わった。

ヴィアーズは父親から強いられた帝国の軍人としての道を捨て、反乱軍の解放活動に打ち込んだ。10 ABY、彼は砲術手として新共和国スター・デストロイヤーエマンシペーター>に乗り込み、モン・カラマリの戦いに参加した。戦闘中、ヴィアーズはスーパー・スター・デストロイヤーアリージャンス>を破壊したが、<エマンシペーター>はワールド・デヴァステイター分子溶解炉に取り込まれてしまい、乗組員たちは宇宙船からの脱出を余儀なくされた。その後、ヴィアーズは惑星ビィスにある皇帝の城への攻撃に参加した。新共和国のコマンド・チームは、複数のX-1ヴァイパーウォー・ドロイドでこの惑星に乗り込んだ。彼らは攻撃を開始し、城塞の前までたどり着いたが、皇帝パルパティーンクライサライド・ビーストが行く手を阻んだ。ヴィアーズとコマンド・チームの生き残りは、密輸業者サラ・ゼンドシャグ・ニンクスによって救出され、惑星の外へと安全に運び出された。

今日の引用句
「最初にやるべきことは最初にやらねばならない」
ジャンゴ・フェットの信条[出典]
日替わり特集記事
LongoDosPistolas

クランターニClantaani)、あるいはクランターニスClantaanis)は、乾燥した惑星クランターノIII出身の、長い耳を持つヒューマノイド型の知的種族である。クランターニは略奪を行う遊牧民族の中で生活し、故郷の限られた資源をめぐって常に戦いを続けていた。銀河系において、クランターニはクランターノIIIと類似した環境の星に住むことを好んだ。そういった惑星のひとつ、タトゥイーンは、環境の他に、数多く存在したクランターニの犯罪者を惹きつける要素を持っていた。クランターニの海賊や盗賊は定期的にハットなどの犯罪王に対して盗みを働き、略奪品を手にして去っていった。ロンゴ・ツー=ガンズとして知られたクランターニは、タトゥイーンに本拠地を置くギャング団を率いていた。彼らの行いはジャバ・デシリジク・ティウレの怒りを買い、このハットは32 BBYにツー=ガンズの首に生死を問わず賞金を懸けた。バウンティ・ハンタージャンゴ・フェットは、ツー=ガンズと彼の手下のクランターニのギャングたちに懸けられた賞金を獲得した。

今日は何の日?

11月27日:

  • 2001年Darth Maul: Shadow Hunter paperback 出版。(アメリカ)
  • 2002年Classic Star Wars: A Long Time Ago... Volume 3: Resurrection of Evil出版。(アメリカ)
  • 2002年 – Celebrate SoroSuubオンライン出版。
  • 2007年Fury出版。(アメリカ)
  • 2007年 – Jedi vs. Sith: The Essential Guide to the Force出版。(アメリカ)
  • 2010年アーヴィン・カーシュナー死去。
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア