Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,517 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
Teshik
オスヴァルド・テシックOsvald Teshik)は人間男性で、帝国宇宙軍に仕えた大提督。尊敬を集める戦略家だったテシックは、ヤヴィンの戦い2年前皇帝パルパティーンから階級を与えられた、12人の初代大提督のひとりだった。テシック大提督は、銀河系首都インペリアル・センターも包括する広大な領域、インペリアル・センター・オーバーセクターを管轄下に置き、オーバーセクター内の全艦隊を指揮していた。

0 ABY帝国顧問コウ・ヴェシヴ共和国再建のための同盟の私掠船<ファー・オービット>に誘拐されると、テシックは彼を救出する任務を与えられた。しかしテシックは帝国から変節したダス・フェノープ・ヴェディジ船長を破ることができず、救出にも失敗した。するとパルパティーンは、見せしめとしてテシックをヘイピーズ星団へと派遣し、わずかな火力と軍需品だけでヘイパン王室宇宙軍と戦わせた。戦いで重傷を負ったテシックだったが、宇宙空間を漂っているところを、帝国のスヌープシップによって救出された。戦闘で負った傷を補うため、テシックは体の75パーセントをサイバネティクスの部品と入れ替えなければならなかった。テシックは、サイボーグを不快な弱者とみなす多くの人々から差別を受けることになった。

ヘイパン艦隊との戦いから4年後、反乱同盟軍が第2デス・スター攻撃した際、テシック大提督もこのバトルステーションの中にいた。戦いの流れが傾き、帝国が劣勢に追いやられた時、テシックはなんとかデス・スターから脱出し、旗艦スター・デストロイヤーエリーモシナリー>に乗って引き続き反乱軍と戦った。帝国艦隊の残党がハイパースペースへと逃走した後も、テシックは4時間にわたって反乱軍と戦い続けたが、最終的に彼のスター・デストロイヤーはイオン砲の攻撃で動かなくなってしまった。反乱同盟に捕えられたテシックは、銀河市民に対する罪を理由に死刑を宣告された。テシックは彼らに対して金属的な笑みを浮かべながら、戦いはまだ終わりには程遠いと警告した。

今日の引用句
「惑星を破壊する力といえども、フォースに比べれば取るに足らん」
ダース・ヴェイダー[出典]
日替わり特集記事
YoungBelIblis

『コンテンプラニーズ・ヘルミ』Contemplanys Hermi)は、銀河共和国憲法にあった条項。共和国の初期に憲法に加えられたこの条項は、コア創始者(共和国の設立メンバー)の惑星コレリアが属すコレリアン宙域にのみ適用される法律だった。『コンテンプラニーズ・ヘルミ』を行使した場合、コレリアは境界を閉ざし、銀河元老院から代表団を撤退させることができた。そうすることで拒否権を譲渡しながらも、コレリアは共和国の加盟惑星としての地位を保つことが許された。この法律の条文は、宙域内の非コレリアン惑星にいくつかの制限を課し、共和国がコレリアやコレリアン保安軍の人員を星間集団防衛軍に呼び出すのを禁止した。『コンテンプラニーズ・ヘルミ』は、銀河系政府設立の際にコレリアが果たした貢献を認め、憲法に加えられた条項だった。

この条項が行使されることは滅多になく、そのためあまり注意されていなかった。470 BBY、コレリアは独立を試みて条項を行使したが、これは上手くいかなかった。その後、コレリアンの元老院議員ガーム・ベル・イブリスは、分離主義者危機のさなかに『コンテンプラニーズ・ヘルミ』を行使した。ベル・イブリスは軍隊創設法がコレリアンの統治を脅かす存在になると考え、この法に関する議論から彼自身と宙域全体を撤退させた。ベル・イブリス議員は大きな非難を受けたが、彼は帝国期に参加を強要されるまで、クローン大戦の間中ずっと軍隊に関する立場を維持し続け、銀河元老院の通常議会への欠席を貫いた。

今日は何の日?

12月20日:

  • 1994年Dark Empire II 1: Operation Shadow Hand出版。(アメリカ)
  • 1998年Crimson Empire trade paperback出版。(アメリカ)
  • 2000年Qui-Gon and Obi-Wan: Last Stand on Ord Mantell 1出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア