ウィキア

Wookieepedia

ホーム

トーク14
4,853 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
Justissheadshot copy

カイ・ジャスティスKai Justiss)は人間男性で、クローン大戦の時代に活躍したジェダイ・ナイトである。彼はオーダー66を逃れ、ジェダイの大粛清を生き残った。ジェダイとしての初期の経歴の中で、ジャスティスは銀河系の各地を旅し、マーシュ・ホーントマッタモックといった様々なクリーチャーと遭遇した。また、ジャスティスはウーキーの社会を乱そうとするドロイドのスペシャリスト、ターレン・ロナーの計画を阻止するため、惑星キャッシーク都市ルークロロでウーキーと協力して活動した。22 BBYにクローン大戦が勃発すると、ジャスティスは惑星ジオノーシスで繰り広げられた戦争の最初の戦いに参加した。

クローン大戦中、ジャスティスは仲間のジェダイであるツイ・チョイシアン・ジェイセルとともに、アクラメイターI級アサルト・シップVCD987>に乗り込んだ。22 BBY、惑星ドロンガーに兵士を運んでいた<VCD987>は、独立星系連合による攻撃を受けた。彼らの軍艦は乗っ取られ、ジャスティスたちの生死は連合の指導者であるドゥークー伯爵の判断に委ねられた。しかしドゥークーはジェダイたちを解放し、彼らが銀河共和国のために戦い続けることを許した。その後、ジャスティスはキャッシークでジェダイの外交任務を担当する恒久的な役割を与えられる。しかし彼は独立星系連合の司令官、アサージ・ヴェントレスによって賞金を懸けられてしまった。オーダー66が実行された後、ジャスティスは共和国に代わって誕生した新政府、銀河帝国のエージェントから逃れ、0 BBYまで逮捕を免れ続けた。しかしこの、彼は帝国によって捕えられ、初代デス・スターダース・ヴェイダーに処刑された。

今日の引用句
「少なくとも、今度はちゃんと殺してもらいたい」
何度も“死”を体験させられたベヴェル・レメリスクの、最期の言葉[出典]
日替わり特集記事
Chamedro

カメレオン・ドロイドChameleon droid)は、アラキッド・インダストリーズ社が製造した地雷設置用の破壊工作および探査ドロイドである。クローン大戦中、独立星系連合が使用した。もともとはスペランカー・プローブ・ドロイドとして知られる採鉱用実地踏査ドロイドだったが、レーザー砲で武装し、軍事用地雷を搭載、軍用のホログラフィック・アレイを装備していた。このドロイドはアレイを使って周囲と相手から見た風景をスキャンし、自らの機体に背景のホログラムを投影することで、姿を隠すことが出来た。

カメレオン・ドロイドはクローン大戦を通して使用された。最初に投入されたのはイラムの待ち伏せであり、このドロイドはクリスタル洞窟に地雷を設置して大きなダメージを与えたが、同時に多くの犠牲を出した。カメレオン・ドロイドは連合軍の惑星ライロス征服や、アウター・リム包囲作戦フェルーシアの戦いでも使用された。クローン大戦が終結した際、分離主義評議会のメンバーが処刑された後、全てのカメレオン・ドロイドは機能を停止した。

今日は何の日?

4月26日:

  • 1953年アンディ・セコム誕生。
  • 1956年クー・スターク誕生。
  • 2006年Star Wars Knights of the Old Republic 4: Commencement, Part 4出版。(アメリカ)
  • 2006年 – Star Wars Republic 17: Emissaries to Malastare, Part 5出版。(アメリカ)
  • 2006年 – Tag & Bink: Revenge of the Clone Menace出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア