Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,283 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
AgenKolarHeadshotOP1
エージェン・コーラーAgen Kolar)は、ライトセーバー技術の高さと、その技術を好戦的に使うことで知られた、ザブラク男性ジェダイ・マスターである。熟練した剣士であり、たいていは無遠慮な手段を選択することで知られたコーラーは、任務でアウター・リム・テリトリーを旅することに長年を費やした。彼はジェダイ最高評議会に強烈なほど忠実であり、彼らの知恵を疑ったり命令に疑問を持つことはほとんどなかった。クローン大戦が勃発した時、コーラーはジオノーシスの戦いに参加し、パダワンタン・ユースターを失っている。しかし彼は前に突き進み、優れたジェダイ将軍となってブレンタールの戦いなどで活躍した。

コーラーは個人的な任務に派遣されることが多かった。奔放なジェダイ・マスター、クインラン・ヴォスを捕える任務では(ヴォスが二重スパイであることを知らず)、コーラーはヴォスと戦いを繰り広げるが、最終的に彼を取り逃がした。ヴォスがドゥークーダーク・アコライトの一派に潜入するにあたり、コーラーから逃れた事実がヴォスに信憑性を与えたのである。また、ジェダイの首に懸った賞金を獲得し始めていたバウンティ・ハンターズ・ギルドの支部、クリムゾン・ノヴァに対し、ジェダイの力を誇示する役にも立った。コーラーはやがてジェダイ評議会のメンバーになり、戦争での指導的役割を引き受けた。

クローン大戦の終盤、コーラーは首都コルサントに残っていた数少ないジェダイ・マスターのひとりだった。グリーヴァス将軍が発見され、ジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービに殺された時、コーラーは最高議長パルパティーンに非常時大権を放棄させる役目のため選出された評議員の1人だった。ジェダイは、最高議長がシス卿の支配下にあると恐れていたのである。実際、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーが、パルパティーンがシス卿であることを明らかにした。コーラー、ウィンドゥそして仲間のマスター、サシー・ティンキット・フィストーは、パルパティーンのもとに赴く。しかしシス卿との戦いで、コーラーはまず最初に殺されてしまう。その後、ジェダイの粛清が始まり、銀河共和国銀河帝国に再編された。

今日の引用句
「惑星を破壊する力といえども、フォースに比べれば取るに足らん」
ダース・ヴェイダー[出典]
日替わり特集記事
YoungBelIblis

『コンテンプラニーズ・ヘルミ』Contemplanys Hermi)は、銀河共和国憲法にあった条項。共和国の初期に憲法に加えられたこの条項は、コア創始者(共和国の設立メンバー)の惑星コレリアが属すコレリアン宙域にのみ適用される法律だった。『コンテンプラニーズ・ヘルミ』を行使した場合、コレリアは境界を閉ざし、銀河元老院から代表団を撤退させることができた。そうすることで拒否権を譲渡しながらも、コレリアは共和国の加盟惑星としての地位を保つことが許された。この法律の条文は、宙域内の非コレリアン惑星にいくつかの制限を課し、共和国がコレリアやコレリアン保安軍の人員を星間集団防衛軍に呼び出すのを禁止した。『コンテンプラニーズ・ヘルミ』は、銀河系政府設立の際にコレリアが果たした貢献を認め、憲法に加えられた条項だった。

この条項が行使されることは滅多になく、そのためあまり注意されていなかった。470 BBY、コレリアは独立を試みて条項を行使したが、これは上手くいかなかった。その後、コレリアンの元老院議員ガーム・ベル・イブリスは、分離主義者危機のさなかに『コンテンプラニーズ・ヘルミ』を行使した。ベル・イブリスは軍隊創設法がコレリアンの統治を脅かす存在になると考え、この法に関する議論から彼自身と宙域全体を撤退させた。ベル・イブリス議員は大きな非難を受けたが、彼は帝国期に参加を強要されるまで、クローン大戦の間中ずっと軍隊に関する立場を維持し続け、銀河元老院の通常議会への欠席を貫いた。

今日は何の日?

8月20日:

ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア