ウィキア

Wookieepedia

ホーム

5,043 件の記事が
このウィキにあります
トーク14
今週の銀河市民
Vima1
ヴィマ・サンライダーVima Sunrider)は人間女性で、シス大戦以降の時代に活躍したジェダイ・マスターである。惑星フラス出身のサンライダーは、ジェダイ・ナイトアンデュア・サンライダーと、フォース=センシティブの妻、ノーミの娘だった。そのため必然的に、ヴィマ・サンライダーも生まれつき優れたフォースの才能を備えていた。しかし4000 BBY、彼女がまだ幼かったときに、父アンデュアはアデガン・クリスタルの輸送任務中に犯罪者たちに襲われて殺されてしまう。娘を連れたノーミは、惑星アンブリアにいるチュークゼイのジェダイ・マスター、ソンのもとへとクリスタルを届けた。ソンは母娘を自身のジェダイ・アプレンティスとして迎え、若きサンライダーはその後の数間でフォースの扱い方を学んだ。訓練期間中、サンライダーはクレヴァキヴォド=シオスク・バスや、ドレイソスオダン=ウーアなど、数々の高名なジェダイ・マスターたちと出会った。彼らは、サンライダーがやがて偉大なジェダイ・マスターになるだろうと予言した。サンライダーは非常に不安定な時代を生き、母親と離れ離れになることも多かった。優れたジェダイ・ナイトに成長した彼女の母は、銀河系歴史における特に凄惨な時代の中、数々の戦いに参加することを余儀なくされ、常に娘とともにいることができなかったのである。サンライダー自身も幼い頃に何度か危険な目に遭った。デネバ戦闘ではウォー・ドロイドに誘拐されかけ、アンブリアやオッサスの戦いでは敵に捕まりかけた。しかしいずれにおいても、彼女は最終的に無傷で助かった。

サンライダーは少女へと成長し、ノーミが彼女の訓練を監督するようになった。しかし、ジェダイ・オーダーの指導者となっていたノーミは、組織の再建任務のため非常に多忙だった。一人前のジェダイになりたいと強く願っていたサンライダーは、母親に苛立ちを抱えるようになった。3986 BBY、彼女は自分自身でジェダイになる方法を探そうと、エクシス・ステーションで開かれていたジェダイの会議を抜け出した。サンライダーは、有名なジェダイ・ナイトだったウリック・ケル=ドローマを探すことに決めた。ケル=ドローマはかつてノーミの恋人だったが、10年前シス大戦でダークサイドに転向し、ノーミによってフォースの感応力を奪われていた。サンライダーはやがて辺境の惑星レン・ヴァーでケル=ドローマを発見し、自分を弟子として訓練するよう、かつてのジェダイを説得した。サンライダーは熱心に学び、ケル=ドローマのもとで訓練を受ける間に、最初のライトセーバーを組み立てた。ふたりはやがて父と娘のような関係になっていく。しかし、娘がケル=ドローマから訓練を受けていることを知ったノーミは、娘を心配してレン・ヴァーへとやって来た。このとき、シス大戦で恋人のクレイドを失い、ケル=ドローマに対して復讐を望んでいたキャサーのジェダイ、シルヴァーも惑星に到着した。サンライダーのおかげもあり、レン・ヴァーにやって来たジェダイたちとケル=ドローマの話し合いは平和的に終わった。しかし、シス大戦の戦犯を殺して英雄になろうと考えたハッゴンによって、ケル=ドローマは撃ち殺されてしまった。サンライダーが悲嘆する中、ケル=ドローマは死ぬ間際に初めて彼女のことをジェダイと呼んだ。その後、ヴィマ・サンライダーは尊敬を集めるジェダイ・マスターになり、偉大な活躍を運命づけられた家系を代表する存在になった。

今日の引用句
「おれの名はレックス。呼ぶときはキャプテンかサーをつけろ」
キャプテン・レックス[出典]
日替わり特集記事
Empiricaldestruction

ISS<エンピリカル>ISS Empirical)は、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーの移動研究施設で、改造を施されたクルーザーである。<エンピリカル>は、ヴェイダーの艦隊に多く属した同型の宇宙船のうちの1隻に過ぎないと噂され、囚人たちに対する暗黒卿の実験や、独特なエイリアン種族を扱った研究が行われていた。アウター・リム・テリトリーの生命のない星系を渡り歩き、皇帝パルパティーンスパイ・ネットワークからも隠されたこの極秘の宇宙船には、ヴェイダーが個人的に選出したインペリアルソルジャー小隊が乗り込んでいた。ヴェイダーは実験を監督し、宇宙船から逃げ出そうとする被験者を抹殺した。ロム・モーク大尉ダーク・トルーパー・フェイズ・ゼロ・プロジェクトの実験も<エンピリカル>で行われたが、実際的な面を考慮して計画は中断された。

パルパティーンが指示した攻撃で、ヴェイダーの弟子ギャレン・マレックが致命傷を負った際、ヴェイダーは治療のために彼を<エンピリカル>へ運ばせた。マレックの宇宙船<ローグ・シャドウ>とドロイドプロクシーもこの船に運ばれ、マレックのパイロットを務めていたジュノ・エクリプスは、反逆罪で捕えられ<エンピリカル>に収監された。6か後、回復して目を覚ましたマレックは、プロクシーの助けを借りて多くの乗組員(彼らはマレックをヴェイダーの実験体のひとりだと判断し、彼を殺すよう命じられていた)を殺害し、エクリプスを解放した。乗組員も含め、マレックに関するすべての証拠を消すようヴェイダーから命じられていたプロクシーは、宇宙船の航行システムを破壊し、<エンピリカル>をドミナス星系主星と激突するコースにセットした。マレック、エクリプス、プロクシーは、この実験船が太陽とぶつかる前に<ローグ・シャドウ>で脱出した。

今日は何の日?

5月23日:

  • 1995年Dark Empire II 6: Hand of Darkness出版。(アメリカ)
  • 2005年Art of Revenge picture series on Hyperspace concludes.
  • 2007年Star Wars Legacy 12: Ghosts, Part 2出版。(アメリカ)
  • 2008年Lando Calrissian: Idiot's Arrayがネット上で出版。
  • 2010年Star Wars Dark Times 17: Blue Harvest, Part 5出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア