Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,298 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
AgenKolarHeadshotOP1
エージェン・コーラーAgen Kolar)は、ライトセーバー技術の高さと、その技術を好戦的に使うことで知られた、ザブラク男性ジェダイ・マスターである。熟練した剣士であり、たいていは無遠慮な手段を選択することで知られたコーラーは、任務でアウター・リム・テリトリーを旅することに長年を費やした。彼はジェダイ最高評議会に強烈なほど忠実であり、彼らの知恵を疑ったり命令に疑問を持つことはほとんどなかった。クローン大戦が勃発した時、コーラーはジオノーシスの戦いに参加し、パダワンタン・ユースターを失っている。しかし彼は前に突き進み、優れたジェダイ将軍となってブレンタールの戦いなどで活躍した。

コーラーは個人的な任務に派遣されることが多かった。奔放なジェダイ・マスター、クインラン・ヴォスを捕える任務では(ヴォスが二重スパイであることを知らず)、コーラーはヴォスと戦いを繰り広げるが、最終的に彼を取り逃がした。ヴォスがドゥークーダーク・アコライトの一派に潜入するにあたり、コーラーから逃れた事実がヴォスに信憑性を与えたのである。また、ジェダイの首に懸った賞金を獲得し始めていたバウンティ・ハンターズ・ギルドの支部、クリムゾン・ノヴァに対し、ジェダイの力を誇示する役にも立った。コーラーはやがてジェダイ評議会のメンバーになり、戦争での指導的役割を引き受けた。

クローン大戦の終盤、コーラーは首都コルサントに残っていた数少ないジェダイ・マスターのひとりだった。グリーヴァス将軍が発見され、ジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービに殺された時、コーラーは最高議長パルパティーンに非常時大権を放棄させる役目のため選出された評議員の1人だった。ジェダイは、最高議長がシス卿の支配下にあると恐れていたのである。実際、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーが、パルパティーンがシス卿であることを明らかにした。コーラー、ウィンドゥそして仲間のマスター、サシー・ティンキット・フィストーは、パルパティーンのもとに赴く。しかしシス卿との戦いで、コーラーはまず最初に殺されてしまう。その後、ジェダイの粛清が始まり、銀河共和国銀河帝国に再編された。

今日の引用句
「おれの名はレックス。呼ぶときはキャプテンかサーをつけろ」
キャプテン・レックス[出典]
日替わり特集記事
Empiricaldestruction

ISS<エンピリカル>ISS Empirical)は、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーの移動研究施設で、改造を施されたクルーザーである。<エンピリカル>は、ヴェイダーの艦隊に多く属した同型の宇宙船のうちの1隻に過ぎないと噂され、囚人たちに対する暗黒卿の実験や、独特なエイリアン種族を扱った研究が行われていた。アウター・リム・テリトリーの生命のない星系を渡り歩き、皇帝パルパティーンスパイ・ネットワークからも隠されたこの極秘の宇宙船には、ヴェイダーが個人的に選出したインペリアルソルジャー小隊が乗り込んでいた。ヴェイダーは実験を監督し、宇宙船から逃げ出そうとする被験者を抹殺した。ロム・モーク大尉ダーク・トルーパー・フェイズ・ゼロ・プロジェクトの実験も<エンピリカル>で行われたが、実際的な面を考慮して計画は中断された。

パルパティーンが指示した攻撃で、ヴェイダーの弟子ギャレン・マレックが致命傷を負った際、ヴェイダーは治療のために彼を<エンピリカル>へ運ばせた。マレックの宇宙船<ローグ・シャドウ>とドロイドプロクシーもこの船に運ばれ、マレックのパイロットを務めていたジュノ・エクリプスは、反逆罪で捕えられ<エンピリカル>に収監された。6か後、回復して目を覚ましたマレックは、プロクシーの助けを借りて多くの乗組員(彼らはマレックをヴェイダーの実験体のひとりだと判断し、彼を殺すよう命じられていた)を殺害し、エクリプスを解放した。乗組員も含め、マレックに関するすべての証拠を消すようヴェイダーから命じられていたプロクシーは、宇宙船の航行システムを破壊し、<エンピリカル>をドミナス星系主星と激突するコースにセットした。マレック、エクリプス、プロクシーは、この実験船が太陽とぶつかる前に<ローグ・シャドウ>で脱出した。

今日は何の日?

8月23日:

ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア