Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,339 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
XoXaan-headshot
ゾーザーンXoXaan)はヒューマノイド女性で、初代のシス卿となった12人のジェダイ離反者のひとりである。ダーク・ジェダイブラック・レギオンマーショネス(女侯爵)として、ゾーザーンは時代に大きな変化をもたらした百年の闇の戦争に参加した。しかし彼女たちは戦いに負け、惑星コーボスで壊滅的な敗北を味わってジェダイ・オーダーから追放されることになった。ゾーザーンは大逆罪の罪で銀河共和国から罰せられ、他のダーク・ジェダイたちとともに共和国領を追われた。彼女たちは惑星コリバンを発見し、そこで原住種族シス族を見つけて彼らを奴隷にした。初代のシス卿となったゾーザーンとその仲間たちは、フォースのダークサイドの崇拝と実践に重点を置く宗教を創始した。

ほかのシス卿たちも似たような能力を備えてはいたが、ゾーザーンはダークサイドの治癒能力によって、仲間内で注目されていた。ゾーザーンの知識はホロクロンに記録され、彼女の遺体と共にコリバンの暗黒卿の谷へと埋められた。ゾーザーンの精神は、弟子としてふさわしいと思える誰かがやって来るまで、何千間も待ち続けた。そんな中、追放されたジェダイ、アシャラド・ヘットが暗黒卿の谷を訪れる。ヘットはゾーザーンの精神とホロクロンからダークサイドの教義を学び、やがてゾーザーンの教えに基づいた新しいシス・オーダーを創設した。“ダース・クレイト”の名のもとシスの暗黒卿の称号を獲得したヘットは、ゾーザーン(おそらく彼女は、ヘットにとって最初のシス・マスターだった)に敬意を払い、惑星コルサントシスのテンプル内に彼女の巨大な像を建てた。

今日の引用句
「“犠牲は最小、戦果は最大”がモットーであります」
ブロードサイド[出典]
日替わり特集記事
Ships2

<ライトサイド・エクスプローラー>Lightside Exolorer)は、シス大戦以前にジェダイ・ナイトアンデュア・サンライダーが使用した個人用ヴェイヤ級スカウト・シップである。4,000 BBY以前、サンライダーはヴァルタンスターシップ業者からこの船を購入し、ジェダイの活動のために銀河系各地でこれを使っていた。4,000 BBY、彼は家族ドロイドA-3DOを<ライトサイド・エクスプローラー>に乗せ、貴重なアデガン・クリスタルチュークゼイジェダイ・マスターソンに届けるため惑星アンブリアへと向かった。しかし、クリスタルを狙うギャングたちによってサンライダーは殺されてしまい、その妻、ノーミ・サンライダーが<ライトサイド・エクスプローラー>の新しい所有者となった。彼女は目的地に到着し、ソンにクリスタルを手渡した。しかし、ギャングたちはアンブリアまで彼女を追跡し、クリスタルがまだ船に積み込まれていると勘違いして<ライトサイド・エクスプローラー>を攻撃した。船に何もないことを知ったギャングたちは、ソンの住居を襲ったが、このジェダイ・マスターによって撃退された。

今日は何の日?

9月3日:

  • 1997年Star Wars Droids: The Protocol Offensive出版。(アメリカ)
  • 2003年Galactic Campaign Guide出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア