ウィキア

Wookieepedia

ホーム

トーク14
4,677 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民

テレン・ログリスTeren Rogriss)は人間男性で、帝国宇宙軍アダマリ惑星防衛軍に仕えた軍人である。彼は、義務や名誉に関する強い信念を抱いていた。彼は銀河帝国艦隊の職業軍人として提督の階級にまでのし上がり、その傍らで家庭を築いていた。エンドアの戦い以降の混乱の中、ズンジ大将軍が帝国国家の脅威となった際、ログリスは艦隊を指揮してズンジの討伐を試みた。目的達成のため、ログリスは新共和国ハン・ソロ将軍と手を結んで戦ったが、ヴァハバの戦いにおける待ち伏せは失敗に終わってしまった。それから間もなく、ソロがズンジを殺害すると、ログリスはズンジの支配領域の制圧活動に乗り出したが、それがきっかけで帝国のトルーテン・テラドク大将軍や新共和国のギアル・アクバー最高司令官と三つ巴の戦いを演じることになった。彼はこの軍事作戦に敗北し、結果的に勢力を縮小することになった。

ログリスはその後も軍に仕え続け、帝国が崩壊した後はインペリアル・レムナントに加わった。13 ABY、彼は惑星アダマーをインペリアル・レムナントに引き入れるための交渉任務を与えられた。ログリスは、アダマーの民に対し、例えアダマーが新共和国側につくことを選んだとしても、報復攻撃をせずに惑星を立ち去るという誓いを立てた。しかし彼は、もし実際にそのような事態になったとしたら、上層部からアダマー攻撃を命じられるに違いないと考えていた。新共和国からアダマーに派遣されていた特使、ウェッジ・アンティリーズ将軍は、義務と名誉の間で葛藤するログリスに歩み寄り、彼に安全な逃げ場を提供した。アダマーは新共和国への加盟を宣言したが、ログリスは攻撃命令を拒否し、帝国から亡命することになった。彼はアダマリ惑星防衛軍における国防大臣の地位を受け入れ、その後数間に渡ってインペリアル・レムナントからの報復攻撃に対処した。

今日の引用句
「少なくとも、今度はちゃんと殺してもらいたい」
何度も“死”を体験させられたベヴェル・レメリスクの、最期の言葉[出典]
日替わり特集記事
Chamedro

カメレオン・ドロイドChameleon droid)は、アラキッド・インダストリーズ社が製造した地雷設置用の破壊工作および探査ドロイドである。クローン大戦中、独立星系連合が使用した。もともとはスペランカー・プローブ・ドロイドとして知られる採鉱用実地踏査ドロイドだったが、レーザー砲で武装し、軍事用地雷を搭載、軍用のホログラフィック・アレイを装備していた。このドロイドはアレイを使って周囲と相手から見た風景をスキャンし、自らの機体に背景のホログラムを投影することで、姿を隠すことが出来た。

カメレオン・ドロイドはクローン大戦を通して使用された。最初に投入されたのはイラムの待ち伏せであり、このドロイドはクリスタル洞窟に地雷を設置して大きなダメージを与えたが、同時に多くの犠牲を出した。カメレオン・ドロイドは連合軍の惑星ライロス征服や、アウター・リム包囲作戦フェルーシアの戦いでも使用された。クローン大戦が終結した際、分離主義評議会のメンバーが処刑された後、全てのカメレオン・ドロイドは機能を停止した。

今日は何の日?

3月26日:

ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア