Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,262 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
Antares DracoHS
アンタレス・ドレイコAntares Draco)は人間男性で、第二次帝国内戦インペリアル・ナイトを率いた人物。熟練したパイロットかつライトセーバーデュエリストであるドレイコは、銀河帝国や、のちのエンパイア=イン=エグザイル皇帝ローン・フェルに極めて忠実で、彼のためなら命を捨てる覚悟があった。ドレイコはマスター・エシュカー・ニンのもとでフォースを学び、シス=帝国戦争が終結した130 ABYの時点でインペリアル・ナイトになっており、シス卿ダース・クレイトが帝国と銀河系の覇権を強奪し、ニュー・オーダーを宣言してフェルの軍を追放した際には、フェルと共に帝国の首都を脱出した。エシュカー・ニンがインペリアル・ナイトを去ったとき、ドレイコは彼を殺すため派遣され、フェルの妻であるエンプレス・エリアーを殺したニンに重傷を負わせた。ドレイコはその後も皇帝に仕え続け、やがてはマスター兼インペリアル・ナイトのリーダーになった。137 ABY、フェルが要塞惑星バスティオン奪回し、クレイトに対する攻撃拠点を確立した際も、ドレイコは皇帝に随伴していた。

フェルの娘マラーシアヴェンダクサでクレイトのシス・エージェントに追跡されていることを知ったドレイコは、救出を試みてはならないという皇帝の命令を無視し、信頼する友人ガナー・クリーグと共に、シスの手から愛する人を救うべくヴェンダクサに向かった。バウンティ・ハンターケイド・スカイウォーカー宇宙船マイノック>で惑星を離れたドレイコとクリーグは、バスティオンにプリンセスを連れ戻すことに成功したが、皇帝の信用を失ってしまった。プリンセスとの結婚を許してもらえるほどの信頼を獲得したいと願うドレイコは、皇帝の命令に従おうという考えに以前に増して固執するようになる。その後数か月の間に、彼とクリーグはホイール宇宙ステーションタイヴァスジェダイ・オーダー秘密のテンプルの任務へと派遣された。ハド・アバドンにおけるテンプルの任務の中、彼らはダース・クレイト暗殺を計画するスカイウォーカーの攻撃チームに加わる。この作戦の間にクレイトは死んだと思われたが、戦争は激化を続けた。ドレイコはジェダイ・オーダーとの和平会議を行うため、他数名のインペリアル・ナイトと共に惑星アガマーへ向かうフェルに同伴した。しかし、会談はワン・シスの軍隊の襲撃で中断されることにあんった。

ドレイコは皇帝の脱出シャトルに、マラーシアを置き去りにしてでもフェルをアガマーから安全な場所に移すよう命令した。プリンセスはシスに捕らえられてしまい、その後ドレイコはシスの惑星コリバンへの救出任務を率いた。任務は成功に終わるが、ドレイコは彼女が逃げる時間を稼ぐために惑星に残る。そこで彼はシス・インクィジター・ダース・ハヴォックになっていたニンによって捕えられ、皇帝の秘密を問われる厳しい拷問にかけられた。拷問に負けたドレイコは、ジェダイの秘密のテンプルの情報をハヴォックに明かした。その後彼はカーボン凍結され、ケイド・スカイウォーカーに贈り物として引き渡された。クレイトはスカイウォーカーを誘惑し、怒りを引き出そうとしていたのだ。スカイウォーカーはドレイコをテンプルに運び、そこでふたりはクレイトの軍に対抗する防衛戦線に加わった。ジェダイは避難し、フェルとその同盟軍はシスが支配するコルサントへの反撃を開始する。戦闘中、ドレイコは彼の忠誠を信じる皇帝と共に、スター・デストロイヤージャグド・フェル>に乗り込んだ。しかし、ドレイコの忠誠は究極的には皇帝でなくフォースにあった。そのため皇帝がダークサイドに転向し、致死的毒物をコルサント地表に放とうとしたとき、ドレイコはインペリアル・ナイトとしての誓いを守り、皇帝を殺害した。

今日の引用句
「少なくとも、今度はちゃんと殺してもらいたい」
何度も“死”を体験させられたベヴェル・レメリスクの、最期の言葉[出典]
日替わり特集記事
Chamedro

カメレオン・ドロイドChameleon droid)は、アラキッド・インダストリーズ社が製造した地雷設置用の破壊工作および探査ドロイドである。クローン大戦中、独立星系連合が使用した。もともとはスペランカー・プローブ・ドロイドとして知られる採鉱用実地踏査ドロイドだったが、レーザー砲で武装し、軍事用地雷を搭載、軍用のホログラフィック・アレイを装備していた。このドロイドはアレイを使って周囲と相手から見た風景をスキャンし、自らの機体に背景のホログラムを投影することで、姿を隠すことが出来た。

カメレオン・ドロイドはクローン大戦を通して使用された。最初に投入されたのはイラムの戦いであり、このドロイドはクリスタル洞窟に地雷を設置して大きなダメージを与えたが、同時に多くの犠牲を出した。カメレオン・ドロイドは連合軍の惑星ライロス征服や、アウター・リム包囲作戦フェルーシアの戦いでも使用された。クローン大戦が終結した際、分離主義評議会のメンバーが処刑された後、全てのカメレオン・ドロイドは機能を停止した。

今日は何の日?

7月26日:

  • 2000年Star Wars: Republic 20: Twilight, Part 2出版。(アメリカ)
  • 2005年Dark Nest I: The Joiner King出版。(アメリカ)
  • 2006年Clone Wars Volume 9: Endgame出版。(アメリカ)
  • 2006年 – Star Wars Knights of the Old Republic 7: Flashpoint, Part 1出版。(アメリカ)
  • 2008年Star Wars: The Clone Wars出版。(アメリカ)
  • 2011年Riptide出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア