Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,469 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
Cassusfetthead

カサス・フェットCassus Fett)はマンダロリアン戦士団のフィールド・マーシャルで、マンダロア戦争の時代に活躍した戦略家。マンダロリアンの指導者、マンダロア・ジ・アルティメットの副官を務め、マンダロリアン社会のあらゆる方面に対し、強い影響力を有していた。マンダロリアンの中でネオ=クルセイダー運動(戦士団に、従来のマンダロリアン・クルセイダーとは異なる組織的な構造と、標準化された装甲服を求める動き)が発生すると、カサス・フェットはその先頭に立った。フェットは大きな影響力を利用し、ネオ=クルセイダー運動の変革のために必要とされる手段を提供し、銀河系支配という目標に向け、マンダロリアンを軍事勢力へとつくり変えた。

フェットは、アウター・リム銀河共和国の軍隊と一連の戦闘に臨み、キャサーの民の虐殺を実行した。共和国の力量を図るため、共和国領の境界でいくつか小規模な戦闘を行った後、フェットは3963 BBYに3本の経路を使って共和国領に全面的な侵略を仕掛けた。彼はヴァンクオの戦いに参加し、惑星タリス包囲攻撃と征服を指揮し、オルデランに対する侵攻を立案した他、ジャガの星団における戦闘では共和国の旗艦艦長を殺害した。フェットは銀河系の最重要指名手配者になったが、ジェダイ内戦の時代には、すでに死亡したとされていた。やがて、カサス・フェットの子孫であるジャンゴボバ・フェットは、銀河に名を馳せるバウンティ・ハンターになった。

今日の引用句
「少なくとも、今度はちゃんと殺してもらいたい」
何度も“死”を体験させられたベヴェル・レメリスクの、最期の言葉[出典]
日替わり特集記事
Chamedro

カメレオン・ドロイドChameleon droid)は、アラキッド・インダストリーズ社が製造した地雷設置用の破壊工作および探査ドロイドである。クローン大戦中、独立星系連合が使用した。もともとはスペランカー・プローブ・ドロイドとして知られる採鉱用実地踏査ドロイドだったが、レーザー砲で武装し、軍事用地雷を搭載、軍用のホログラフィック・アレイを装備していた。このドロイドはアレイを使って周囲と相手から見た風景をスキャンし、自らの機体に背景のホログラムを投影することで、姿を隠すことが出来た。

カメレオン・ドロイドはクローン大戦を通して使用された。最初に投入されたのはイラムの戦いであり、このドロイドはクリスタル洞窟に地雷を設置して大きなダメージを与えたが、同時に多くの犠牲を出した。カメレオン・ドロイドは連合軍の惑星ライロス征服や、アウター・リム包囲作戦フェルーシアの戦いでも使用された。クローン大戦が終結した際、分離主義評議会のメンバーが処刑された後、全てのカメレオン・ドロイドは機能を停止した。

今日は何の日?

10月26日:

  • 1960年 - ジューン・ブリッグマン誕生。
  • 1985年 - "The Land of the Gupins" と"The Revenge of Kybo Ren"放送。(アメリカ)
  • 2004年 - Jedi Trial出版。(アメリカ)
  • 2004年 - Republic Commando: Hard Contact出版。(アメリカ)
  • 2004年 - The New Essential Guide to Weapons and Technology出版。(アメリカ)
  • 2010年 - Star Wars: The Force Unleashed II発売予定。(アメリカ)
  • 2010年 - Star Wars: The Clone Wars: The Complete Season TwoのDVD、ブルーレイ発売予定。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア