Wikia

Wookieepedia

ホーム

8,195このwikiaの
ページ数
トーク14

Wookieepedia - The Star Wars Wiki

TwitterGrey.png
Wookieepedia日本語版twitter
Starwars-gray.png
スター・ウォーズ公式サイト(StarWars.com)

ウーキーペディア日本語版はスター・ウォーズの百科事典です。
誰でも編集に参加することができます。

警告:このウィキはネタバレを含みます

特集記事

Monmothma.jpg

モン・モスマ惑星シャンドリラ出身の人間女性で、銀河元老院帝国元老院に仕えた政治家共和国再建のための同盟の指導者、新共和国の初代議長分離主義運動クローン大戦の時代、モスマはロイヤリスト・コミッティーと呼ばれる銀河共和国の委員会に所属していた。彼女たちはシーヴ・パルパティーン最高議長の支持者だったが、戦争が進むにつれ、中央集権化を図る議長の政治方針を不安視するようになった。彼女はオルデラン代表のベイル・オーガナ議員やナブー代表のパドメ・アミダラ議員の盟友となり、共和国と独立星系連合の戦争に平和的解決を求める運動を起こした。また、彼女は戦争を利用したパルパティーン議長の権力拡大に反対意見を唱えていた。戦争終結時、パルパティーンが強大な権力を利用して共和国を銀河帝国再編すると、モスマとオーガナ議員は新政府に抵抗するための地下運動に着手した。モスマは帝国元老院の内部から民主主義を支持したが、反政府運動は反乱同盟軍の創設へ発展し、帝国との間に銀河大戦の火蓋が切って落とされた。

帝国元老院が解散し、オルデランの破壊で盟友のオーガナ議員が命を落とした後、モン・モスマは反乱同盟の最高指導者として帝国との戦いを導くことになった。モスマや同盟軍最高司令部が作戦立案に携わったエンドアの戦いで、反乱軍は皇帝パルパティーンと第2デス・スターを葬る大勝利を挙げた。帝国が混乱状態に陥る中、反乱同盟は新共和国へと生まれ変わり、再建された銀河元老院の本部はモスマの母星シャンドリラに設置された。モスマは新共和国の初代元首となったが、パルパティーンと同じ過ちを繰り返さないよう、非常時大権制度を放棄した。彼女は新共和国の非武装化を唱道し、加盟惑星の防衛は個別の軍隊に任せ、新共和国防衛艦隊の戦力の9割削減を目指した。銀河大戦が終結し、新共和国と帝国軍残存勢力の間に銀河協定が締結されると、元老院は軍備縮小法を可決した。

新着/加筆記事

ウーキーペディア日本語版公式フレンド


Wikiaネットワーク上

おまかせWikia