Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,590 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
JonAntilles

ジョン・アンティリーズJon Antilles)は、銀河共和国独立星系連合クローン大戦で争った時代に活躍したジェダイ・マスターの名前。しかし、多くの人々は、この名が本名ではなく偽名だと信じていた。彼は人間男性で、ダーク・ウーマンとして知られたジェダイ・マスターの訓練を受けた。ダーク・ウーマンはしばしば非伝統的で厳しい訓練手法を使うことで知られており、アンティリーズはマスターを見習い、フォースに導かれながら銀河系を放浪して回った。アンティリーズの成し遂げたことのひとつに、バウンティ・ハンターズ・ギルドへの潜入任務がある。悪名高い殺人者たちを成敗したアンティリーズの活躍は、仲間のジェダイたちの間で伝説となっていた。アンティリーズには放浪癖があり、長期間にわたってジェダイ・テンプルに報告をよこさない傾向があったため、んでいるのではないかと思われたことも何度かあった。

第一次ジオノーシスの戦いの4ヵ後、アンティリーズは独立星系連合の基地があった惑星クウェイタへと向かった。彼と4人のジェダイ・マスター、ノール・ヴェナーリニコ・ディアスフェイ、そしてジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービには、スワンプ・ガスの解毒剤を入手する任務が課された。スワンプ・ガスは、分離主義勢力が共和国グランド・アーミークローン・トルーパーに対して使用を計画していた化学兵器だった。ジェダイたちは知らなかったが、分離主義勢力の司令官アサージ・ヴェントレスと、バウンティ・ハンターダージがクウェイタでジェダイを待ち受けていた。ケノービとフェイが解毒剤を持つヴェントレスを追跡する中、アンティリーズはダージと戦った。しかしアンティリーズの力では、このバウンティ・ハンターを破ることが出来なかった。ダージはアンティリーズを掴み、基地を流れていた溶岩流へと沈めることで、このジェダイ・マスターを殺害する。ジェダイの攻撃チームの中で任務を生き残ったのは、ケノービだけだった。ケノービが解毒剤をジェダイ・テンプルに持ち帰り、傷の手当てを済ませた後、アンティリーズたちの葬儀が執り行われた。

今日の引用句
ウェッジ: 「レッド隊長に、応援が行くと伝えてくれ」
女性士官: 「パイロットのコールサインは?」
ウェッジ: 「ヴェイダーだ」
戦いに赴くウェッジ・アンティリーズ[出典]
日替わり特集記事
Khar1

カー・デルバKhar Delba)はシス領域に位置した、と雪の惑星であり、5,000 BBY当時にシス帝国に属していた。シス・スペースの端にあったカー・デルバは、カー・シアンという衛星をひとつ持っていた。シス・ウォー・ビヒモスはこの惑星の出身である。ナガ・サドウはこの惑星に要塞を持っていた。他の大多数のシスは知らなかったが、サドウの本当の要塞はカー・シアンにあり、カー・デルバは囮として使われていた。5,000 BBY、ナガ・サドウがライバルであるルド・クレシュと激しい権力闘争を繰り広げていたとき、カー・デルバはクレシュに忠実な軍隊によって軌道からの攻撃を受けた。クレシュの軌道爆撃によって要塞は大きな被害をこうむったが、サドウはカー・シアンの向こう側から秘密の艦隊を呼び寄せてクレシュに反撃を開始し、戦いに勝利した。その後、ナガ・サドウはのちにハイパースペース大戦として知られるようになる、銀河共和国への侵略攻撃を行うため、カー・デルバを再建して軍隊を招集し、惑星を自身の権力の中心地として確立した。大戦が終結した後、カー・デルバの支配権は様々な勢力の手を渡った。銀河史上、ダース・レヴァンシス帝国マンダロリアン・ネオ=クルセイダーズスケア・カーンブラザーフッド・オブ・ダークネス銀河帝国ズンジ大将軍、そして137 ABY当時にはダース・クレイト銀河帝国がこの星を治めた。

今日は何の日?

1月28日:

  • 1998年 - Crimson Empire 2出版。(アメリカ)
  • 2004年 - Star Wars Republic 60: Hate and Fear出版。(アメリカ)
  • 2004年 - Star Wars Empire 16: To the Last Man, Part 1出版。(アメリカ)
  • 2009年 - Star Wars Legacy 32: Fight Another Day, Part 1出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア