Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,482 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
Silas-young
サイラスSilas)は銀河共和国の最後の数十マンダロリアンとして活動した人間男性である。52 BBYごろ、真のマンダロリアンという傭兵軍団の新人兵だった彼は、友人かつ助言者のジャンゴ・フェットとともにコーダ6戦いに参加した。コーダ6の地表では、マンダロアジャスター・メリールが、コーダ防衛軍の兵士たちを敵の陣地から救出する作戦を指揮した。しかし、この任務はデス・ウォッチと呼ばれるマンダロリアンの変節者たちが仕掛けた、メリールと彼の部下たちを陥れるための策略だった。この暴力的な派閥はコーダ6で戦っていた真のマンダロリアン部隊を壊滅させ、その後発生した戦闘の中でメリールを殺害する。メリールの僚友であるモントロスは、マンダロリアンの軍隊の指揮権を自ら手にするため、サイラスとフェットを戦場に置き去りにして去っていった。

モントロスがマンダロリアンを支配しようとした際、サイラスはメリールの跡を継いで新しいマンダロアとなったフェットの側についた。戦いを生き延びた他のマンダロリアンたちも同じ考えであり、彼らはモントロスを追放してフェットを新しい指導者に据えた。サイラスはアウター・リム・テリトリーの惑星、ガリドラーンで真のマンダロリアンが敗北するまで、フェットに従い続けた。真のマンダロリアンの傭兵たちは、ガリドラーンでジェダイ・オーダーと戦い壊滅に追い込まれた。戦いを生き延びたフェットとサイラスは、メリールの理想を引き継ぐ真のマンダロリアンの最後の2人だった。それから12年後シス卿ダース・ティラナスはフェットに興味を持った。マンダロア時代のフェットの情報を手に入れようと、ティラナスはサイラスを誘拐して拷問した。最終的にサイラスはこのシスの拷問に屈し、コーダ6の戦いの歴史を語る。サイラスはより詳細な情報を提供すると申し出たが、ティラナスは断り、このマンダロリアンを始末した。

今日の引用句
「利口になれ 私のように皇帝側につくんだ そうすれば皇帝は私にしてくれたようにお前を強くしてくれるぞ!」
セドリス・QL[出典]
日替わり特集記事
Couragoushandbook

イネクスパグナブル級戦術司令船Inexpugnable-class tactical command ship)は、マンダロア戦争時代共和国宇宙軍が使用した巨大な軍艦の階級。レンディリ・ハイパーワークス社レンディリ/ヴェンジャーヴァリス・ドライブ・ヤード社によって設計および製造されたイネクスパグナブル級船は、旗艦司令船として活用されていた。移動式宇宙ステーションと呼ばれることもあった全長3,100メートルのイネクスパグナブル級船は、当時銀河共和国が所有したスペースクラフトの中でも最大規模だった。この級種の軍艦は、セロコーの戦いをはじめとする、マンダロア戦争のいくつかの戦闘に参加している。イネクスパグナブル級船は、共和国の大規模な艦隊を指揮する能力で有名だった。この級種の軍艦が使用した最新鋭の司令テクニックのひとつに、最高で64隻ものハンマーヘッド級クルーザーを同時に指揮する、ヴェンジャーヴァリス・チェーンがあった。艦隊の旗艦としての有用性に優れたイネクスパグナブル級船だったが、いくつかの弱点を抱えていた。そのため、実際に製造されたイネクスパグナブル級船は6隻だけだった。そのうちの1隻、<カレイジアス>は、共和国がマンダロア戦争に参加してから間もない3963 BBYの初めに破壊される。マンダロア戦争が終結する前に、センチュリオン級バトルクルーザーが、イネクスパグナブル級船に代わる共和国軍司令船として活用されるようになった。

今日は何の日?

11月22日:

ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア