ウィキア

Wookieepedia

ホーム

5,569 件の記事が
このウィキにあります
トーク14
今週の銀河市民
Armand isard AotE

アーマンド・アイサードArmand Isard)は人間男性で、銀河共和国元老院情報部部長共和国情報部部長を兼任し、その後共和国に代わって誕生した銀河帝国では帝国情報部部長を務めた人物である。元老院情報部のエージェントという低い身分の出身であるアイサードは、共和国の任務で優れた功績を残し、高い階級へと上り詰めた。さらに彼は、共和国の指導者である最高議長パルパティーンの盟友でもあった。分離主義者の同盟独立星系連合と共和国の間にクローン大戦が勃発すると、アイサードは、パルパティーンの最も信頼するアドバイザーによって構成される戦争評議会、保安および情報委員会の一員として、共和国の戦争活動を支援した。

19 BBYに銀河帝国が設立された後、アイサードは帝国情報部の指導者として、皇帝となったパルパティーンに仕え続けた。大戦終結時、パルパティーンはジェダイ・オーダーのメンバー全員の処刑を命じるオーダー66を発令したが、中には暗殺を免れたジェダイも存在した。生存者を狩りだすため、アイサードはパルパティーンのシス・アプレンティスであるダース・ヴェイダーや、その他のインクィジターたちと非常に緊密な位置で活動した。アイサードの部下たちは、幾度となくヴェイダーやインクィジター・アンティニス・トレメインにジェダイの正確な位置情報を提供した。同時に、アイサードは娘のイセインに帝国情報部の実地任務の訓練を積ませた。帝国と反乱同盟の間に銀河大戦が始まると、アイサードは反乱分子を一掃するために活動し、コーポレート・セクター秘密プロジェクトを調査するため、帝国エージェントのジェイハン・クロスを派遣した。

成長したイセイン・アイサードは、諜報活動の中で次第に頭角を現すようになり、当然の結果として、アーマンドの立場は自身の娘に脅かされることになる。イセインを追い払うため、アイサードは惑星ダークネルの任務に彼女を派遣した。この任務の目的は、盗み出された帝国の設計図を奪回することだった。彼はイセインがこの任務に失敗し、処刑されると考えたのである。イセインは、アイサードが自分を任務に派遣した理由を推理し、実の父親を国家反逆の罪人に仕立てた。その後、アイサードは自身の娘によって個人的に処刑されたという噂である。数十年に渡る情報部部長のキャリアは、やがてこのイセイン・アイサードに引き継がれることになった。

今日の引用句
「“犠牲は最小、戦果は最大”がモットーであります」
ブロードサイド[出典]
日替わり特集記事
Ships2

<ライトサイド・エクスプローラー>Lightside Exolorer)は、シス大戦以前にジェダイ・ナイトアンデュア・サンライダーが使用した個人用ヴェイヤ級スカウト・シップである。4,000 BBY以前、サンライダーはヴァルタンスターシップ業者からこの船を購入し、ジェダイの活動のために銀河系各地でこれを使っていた。4,000 BBY、彼は家族ドロイドA-3DOを<ライトサイド・エクスプローラー>に乗せ、貴重なアデガン・クリスタルチュークゼイジェダイ・マスターソンに届けるため惑星アンブリアへと向かった。しかし、クリスタルを狙うギャングたちによってサンライダーは殺されてしまい、その妻、ノーミ・サンライダーが<ライトサイド・エクスプローラー>の新しい所有者となった。彼女は目的地に到着し、ソンにクリスタルを手渡した。しかし、ギャングたちはアンブリアまで彼女を追跡し、クリスタルがまだ船に積み込まれていると勘違いして<ライトサイド・エクスプローラー>を攻撃した。船に何もないことを知ったギャングたちは、ソンの住居を襲ったが、このジェダイ・マスターによって撃退された。

今日は何の日?

7月3日:

  • 2001年Balance Pointペーパーバック版出版。(アメリカ)
  • 2002年Star Wars: Republic 43: Rite of Passage, Part 2出版。(アメリカ)
  • 2002年 – Star Wars Republic: The Hunt for Aurra Sing trade paperback 出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア