Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,470 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
AdarTallon-SWR

エイダー・タロンAdar Tallon)は銀河共和国銀河帝国共和国再建のための同盟、そして新共和国に仕えた名の知られたスターファイター軍事戦術家であり、宇宙軍将校である。伝説的な経歴の中で、タロンはタロン・ロールタロン・スプリットとして知られる戦法を考案した。これらは開発以降も数十にわたって使われ続けた。タロンはクローン大戦で優れた功績を残し、彼が編み出したスターファイター戦術は独立星系連合への有効な対抗手段として使用された。ジャン・ドドンナ大佐ジェダイ将軍プロ・クーンとともに、彼は共和国が分離主義勢力に勝利したレンディリの戦いに参加した。

最高議長パルパティーンが自身を銀河皇帝と宣言し、共和国が銀河帝国に再編されると、タロンはニュー・オーダーに仕え、分離主義勢力残党と戦う帝国宇宙軍を指揮することになった。しかし彼はのちに、パルパティーンの新体制に対して明確な態度を打ち出し、反対意見を口にするようになる。だがタロンは銀河皇帝が非常に強力すぎて倒せないことを悟り、自分のを装った。彼は惑星タトゥイーンに姿を隠し、そこで結婚して20年ほど生活した。しかし、かつての船員仲間クイストの裏切りにより、タロンは再びパルパティーンのエージェントの標的になってしまった。

タロンにはほとんど選択肢は残されておらず、反乱同盟軍に加わって積極的にパルパティーンのニュー・オーダーに立ち向かうことになった。ギアル・アクバー提督スターシップ・エンジニアのワレックス・ブリセックス、反乱軍パイロットジェイク・ファーレルたちとともに、タロンはRZ-1 Aウイング・インターセプターの開発に関わった。銀河大戦中、タロンは反乱軍を指揮してヘタークスの戦いに参加した。4 ABYにパルパティーンが敗北した後も、タロンはジャン・ドドンナ将軍の“白髪幹部会”の一員として新共和国に仕え続けた。

今日の引用句
「この目をえぐりとれば、あれを見ずにすむなら、そうしたいぐらいだ。ああ、そのほうがまだましさ。だが、あいつが死ぬところが見える、見えるんだ、どうしても消すことができん……」
チューバッカの死に苦しむハン・ソロ[出典]
日替わり特集記事
Endurance destroyed

<エンデュアランス>Endurance)は、12 ABY新共和国防衛軍に属したエンデュアランス級フリート・キャリアーである。アレタ・ベル提督司令官を務めた<エンデュアランス>は、ウェッジ・アンティリーズ将軍エグゼクター級スター・ドレッドノートルサンキア>を援護するため、銀河帝国との戦いに送り込まれた。新共和国は当時、惑星オリンダミッド・リムエントララ・ルート沿いにある6つの星系征服した帝国の提督ギラッド・ペレオンと戦っていた。<エンデュアランス>は<ルサンキア>と共にオブリダーンで戦った後、エグゼクター級スター・ドレッドノート<リーパー>に率いられたペレオンの軍隊とオリンダで対決する。

戦闘中、ベル提督は<エンデュアランス>に搭載されていたEウイング・エスコート・スタファイター中隊を発進させることを拒否した。彼女は<リーパー>の防衛網が十分に損傷を負うまで、スターファイターによるピンポイント攻撃戦術を展開するのを避けたかったのである。しかしペレオンは、6隻のインターディクター艦や、テレン・ログリス提督が指揮するスター・ドレッドノートドミニオン>を使い、オリンダで新共和国を罠に嵌める。<エンデュアランス>は2隻のインペリアル・スター・ドレッドノートの攻撃に挟まれてあっという間に沈められ、この母艦に積み込まれていた攻撃手段も全て失われてしまった。

今日は何の日?

10月31日:

  • 1995 - Star Wars Droids: Season of Revolt 2 published.
  • 1995 - X-wing Rogue Squadron 4: The Rebel Opposition, Part 4出版。(アメリカ)
  • 2000 - Balance Pointのハードカバーとオーディオブック発売。(アメリカ)
  • 2009 - Planet of the Deadがハロウィンの無料ミニ・コミックとして再出版。(アメリカ)
ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア