Wikia

Wookieepedia

ホーム

トーク13
4,384 件の記事が
このウィキにあります
今週の銀河市民
JoriDaragon-totjfotse1se

ジョリ・ダラゴンJori Daragon)はコロス・メジャー出身の人間女性で、およそ5,000 BBYごろに活躍したハイパースペース探検家である。彼女とその兄、ゲイヴ・ダラゴンにはフォース=センシティブとしての能力が備わっていたが、ふたりともジェダイ・オーダーに加わらず、フォースの訓練を受けていなかった。両親の後、彼女とゲイヴはアールバ・ザ・ハットの恩恵のもとで暮らすようになった。クレジットを切らした兄妹は、新しいハイパーレーンを発見してナビゲーター組合から報酬をもらおうと、宇宙船スターブレーカー12>に乗り込んでシナガーをあとにした。ダラゴン兄妹は偶然にも、シス惑星コリバンへと至るルートを発見する。ふたりはシスに捕らえられ、尋問のために惑星ジオストへと連れて行かれた。

シスはふたりに死刑を宣告する。しかし、シス卿ナガ・サドウはダラゴン兄妹を監獄から連れ出し、自身の要塞へと連れて行った。銀河共和国領侵攻という計画を抱いていたサドウは、ダラゴン兄妹の到着が、共和国がシス領域を占領しようとしている前兆だと他のシスたちに嘘をつき、シス卿たちの助けを得ようとした。サドウの要塞が、そのライバルであるルド・クレシュによって攻撃されたとき、ジョリは<スターブレーカー12>に乗り込んで共和国領へ逃れた。彼女は自分にできる唯一の手段は、共和国に対してシスの侵略を警告することだと理解していた。しかしジョリは知らなかったが、サドウは<スターブレーカー12>が使った航路を辿るため、この宇宙船にホーミング・ビーコンを仕掛けていた。

コロス星系に戻った彼女は、様々な法律違反で逮捕、収監されたが、なんとかコロス星系の指導者であるエンプレステタや、当時の主要なジェダイ・マスターたち(オダン=ウーアメミット・ネイディルら)への目通りがかなった。ジョリの警告のおかげで、彼らは接近するシス艦隊に対して土壇場の防衛対策を打ちだすことが出来た。しかしゲイヴは、シス艦隊を手助けする側に回っていた。シナガーで兄と遭遇したジョリは、彼を止めるために追跡した。ゲイヴは最終的にシス側から寝返ったが、プリマス・ガルード上空でサドウの罠にはまり、命を落とした。ジョリは戦争を生き残り、戦争の犠牲者となったアールバ・ザ・ハットの修理ドックの所有権を引き継いだ。

今日の引用句
「惑星を破壊する力といえども、フォースに比べれば取るに足らん」
ダース・ヴェイダー[出典]
日替わり特集記事
YoungBelIblis

『コンテンプラニーズ・ヘルミ』Contemplanys Hermi)は、銀河共和国憲法にあった条項。共和国の初期に憲法に加えられたこの条項は、コア創始者(共和国の設立メンバー)の惑星コレリアが属すコレリアン宙域にのみ適用される法律だった。『コンテンプラニーズ・ヘルミ』を行使した場合、コレリアは境界を閉ざし、銀河元老院から代表団を撤退させることができた。そうすることで拒否権を譲渡しながらも、コレリアは共和国の加盟惑星としての地位を保つことが許された。この法律の条文は、宙域内の非コレリアン惑星にいくつかの制限を課し、共和国がコレリアやコレリアン保安軍の人員を星間集団防衛軍に呼び出すのを禁止した。『コンテンプラニーズ・ヘルミ』は、銀河系政府設立の際にコレリアが果たした貢献を認め、憲法に加えられた条項だった。

この条項が行使されることは滅多になく、そのためあまり注意されていなかった。470 BBY、コレリアは独立を試みて条項を行使したが、これは上手くいかなかった。その後、コレリアンの元老院議員ガーム・ベル・イブリスは、分離主義者危機のさなかに『コンテンプラニーズ・ヘルミ』を行使した。ベル・イブリスは軍隊創設法がコレリアンの統治を脅かす存在になると考え、この法に関する議論から彼自身と宙域全体を撤退させた。ベル・イブリス議員は大きな非難を受けたが、彼は帝国期に参加を強要されるまで、クローン大戦の間中ずっと軍隊に関する立場を維持し続け、銀河元老院の通常議会への欠席を貫いた。

今日は何の日?

9月20日:

ランダム記事
  • ランダム 秀逸な記事:
  • ランダム 良質な記事:
コンテンツ
ニュース
(→ニュースを編集過去のニュース
新着記事
ウーキーペディア・ニュースネット(英語)
Loading RSS data...


ウィキアネットワーク

おまかせウィキア