FANDOM


「ARCトルーパー諸君、諸君がこの任務に選ばれたのは、諸君が最高の戦士だからだ。諸君の任務達成が迅速な勝利達成のカギとなる」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

ムウニリンスト10(The Muunilinst 10)は、アドバンスト・レコン・コマンドークローン・トルーパーによって構成されたエリート部隊である。ARCキャプテンフォードーが指揮し、2名のARCルテナントと、ARC訓練を積んだ7名のクローン兵士がこの部隊に属した。キャプテン・フォードーとARCルテナントはジャンゴ・フェットから直接の訓練を受け、クローン・トルーパーの部隊員はARCトルーパーのインストラクターから訓練を受けていた。彼らの最もよく知られる任務は、彼らの名前の由来でもある惑星ムウニリンストにおけるハーナイダン防衛砲台の破壊である。このとき、ムウニリンスト10はオビ=ワン・ケノービ将軍とともにインターギャラクティック銀行グループの本拠地を占拠し、バウンティ・ハンターダージを破った。

ムウニリンストの戦いから少し後、フォードーは20名のARCルテナントを率い、ジェダイ将軍の生き残りを惑星ハイポリから回収する任務に向かった。この任務で、彼らは連合軍のグリーヴァス将軍と交戦した。彼らはベストを尽くすも、数名の犠牲者を出してしまう。クローン・トルーパーのCT-43/002はムウニリンストで命を落とし、4名のARCルテナントがハイポリでグリーヴァスに切り殺された。

歴史

ムウニリンストの任務

Muunilinst 10

ムウニリンスト10

惑星ムウニリンストインターギャラクティック銀行グループドロイドを製造していることが明らかになると、ムウニリンスト10を含む共和国グランド・アーミーが現地に派遣することになった。ムウニリンスト10の任務は、分離主義勢力の砲台を破壊し、銀行グループの高官を逮捕することだった。LAAT/iガンシップ都市ハーナイダンを飛行し、目的地に向かっていた途中、彼らはB1バトル・ドロイドのミサイルによって撃ち落とされてしまう。都市の通りに堕ちたガンシップから脱出した彼らは、周囲の建物に潜むドロイドから攻撃を受け、隊員のひとりCT-43/002が応戦中に戦してしまう。フォードーはふたりのクローンにドロイド・スナイパーの注意を引くように命じ、別のクローンにスナイパーの位置を探知するよう指示した。建物に潜むドロイドの位置を特定した後、ARCトルーパーがPLX-1携帯式ミサイル・ランチャーでスナイパーすべてを爆破した。

その後目的地に向かう途中、ムウニリンスト10は街中で敵のAATと遭遇した。他の部隊員が援護射撃に回る中、ひとりのARCルテナントがAATの上に回り込むことに成功し、この戦車の上に飛び乗った。彼はAATの内部に入って爆発物を設置し、戦車が爆発する前に外へと飛び出した。やがて彼らは攻撃目標である設置指揮砲台にたどり着き、配置されていた多くのバトル・ドロイドを倒した後、強力な爆弾を使って司令塔と砲台を破壊することに成功した。

ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービと合流した後、ムウニリンスト10は敵の司令センターへとなだれ込み、多数のドロイドを破壊した。ケノービが銀行グループのリーダー、サン・ヒルに降伏を迫っていたとき、連合に雇われたバウンティ・ハンターダージが現れたが、ムウニリンスト10はケノービとともにこのジェンダイの撃退に成功した。彼らの活躍により、銀河共和国はムウニリンストを制圧した。

ハイポリの任務

ARC LAAT

ハイポリでLAAT/iガンシップから降りるムウニリンスト10

ムウニリンスト10には、最初の任務を生き延びたメンバーに加え、重火器を装備した兵士たちが新たに配属された。彼らはハイポリの戦いを生き延び、敵に包囲されているジェダイを救出するため、現地に派遣された。ハイポリに到着し、ジェダイたちが隠れている墜落したアクラメイターI級アサルト・シップの残骸にLAAT/iで入り込むと、フォードーは部下のふたりに、探知した3つの生命反応のうち、2つを調査するよう命じた。瓦礫の中の生命反応を部下の1名が捜索する間、フォードーは残りの部下を率いて調査中の生命反応の発せられる地点へと向かった。生命反応の主はジェダイ・マスターキ=アディ=ムンディだった。ムウニリンスト10が到着したとき、キ=アディは分離主義勢力のグリーヴァス将軍と戦闘中で、ライトセーバーを失ったところだった。フォードーとその部下はキ=アディに止めを刺そうとしていたグリーヴァスを撃ったが、このサイボーグの将軍は瓦礫の中へと逃げて難を逃れた。トルーパーはZ-6回転式ブラスター・キャノン往復式4連ブラスターアンダー=バレル・グレネード・ランチャーを使ってグリーヴァスが隠れるデュラスチールの瓦礫を撃ったが、彼を仕留めることは出来なかった。グリーヴァスは一斉射撃をかいくぐってクローン兵の近くに飛び降り、4人のARCルテナントをライトセーバーで切り殺した。フォードーは支援を要請し、すぐに到着したガンシップがグリーヴァスを生存者たちから追い払った。重症を負ったアイラ・セキュラシャアク・ティも回収したムウニリンスト10は、ハイポリの戦場を離れていった。その後、フォードーはこの活躍を認められジェグ・アイを与えられた。

装備

ムウニリンスト10は“エリート”と評され、極めて効果的な戦いを行った。彼らはDC-15Aブラスター・ライフルDC-17ハンド・ブラスターウェスターM-5ブラスター・ライフルサーマル・デトネーター、熱探知機、PLX携帯式ミサイル・ランチャーZ-6回転式ブラスター・キャノンDC-15xスナイパー・ライフルドロイド・ポッパー往復式4連部ラスターといった兵器を携帯していた。

ムウニリンスト10のLAATランコアのノーズ・アートが施されていた。このガンシップの上部には、青いギザギザ模様がペイントされていた。翼とミサイルポッドも青く塗られていたが、それ以外は通常と同様、白かった。

制作の舞台裏

『Guide to the Grand Army of the Republic』(未邦訳)では、ムウニリンスト10はキャプテン・フォードーを含め10名の兵士で構成されると説明されている。しかしスター・ウォーズ クローン大戦のムウニリンストの場面で、彼らの人数は10人より増えたり減ったりしている。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。