FANDOM


この記事はクローン大戦の戦闘を扱っています。 あなたが探しているのは他の戦闘かもしれません。

ムウニリンストの戦い(Battle of Muunilinst)は、21.66 BBY第一次ジオノーシスの戦いの4か後に発生したクローン大戦の大規模戦闘である。銀河共和国独立星系連合の資産とドロイド生産に圧力をかけたことで始まった。共和国軍は、分離主義勢力を支える企業の一つ、インターギャラクティック銀行グループの本拠地惑星ムウニリンストになだれ込み、ARCトルーパーの部隊を使って首都ハーナイダンの防衛砲台を制圧した。一方、ジェダイアナキン・スカイウォーカー率いる宇宙部隊は分離主義勢力の軌道ステーションと戦った。

分離主義勢力に組したバウンティ・ハンターダージはこの戦いで初めて共和国の前に姿を現した。彼はIGランサー・ドロイドを指揮して共和国軍に甚大な被害を与え、ランサー・バタリオンクローン・ランサー・トルーパーと対決した。分離主義勢力は激しく抵抗したが、精鋭部隊ムウニリンスト10の活躍もあり、共和国は銀行グループの指導者サン・ヒルの身柄を拘束した。また、ジェダイはこの戦いでドゥークー伯爵の手先であるアサージ・ヴェントレスと初めて遭遇した。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。