FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

ミーヨム・オニス[1](M'iiyoom Onith)は、ナイトリリー[1](Nightlily)という呼び名でも知られたヘネムスィ女性銀河系を旅し、自分とは異なる文化で配偶者を見つけたいと考えた彼女は、故郷である惑星ヘネムスィを離れた。旅の途中、オニスは惑星タトゥイーンモス・アイズリー宇宙港都市クレジットを使い果たし、足止めを食ってしまった。彼女は、この砂漠の惑星でフェルティパン・トレヴァッグと出会う。トレヴァッグは、オニスが自分に肉体的に心酔していることを知り、一夜を共にしてから彼女を捨てるつもりで、結婚しようと言い寄った。オニスは、しだいにトレヴァッグに夢中になっていった。

トレヴァッグは、モス・アイズリーの名所をいくつか紹介した後、オニスをチャルマンの宇宙港カンティーナへ連れて行った。トレヴァッグはいくつかアルコール飲料を注文し、彼女を口説き落とすためにラブ=ワロップ錠剤を仕込んだ。その後、ふたりはモス・アイズリー・インで一夜を共にする。その後、オニスはヘネムスィの慣習に従い、長い舌を使って交尾の相手を殺害した。その後、故郷ヘネムスィに戻ったオニスは、非ヘネムスィと結婚しようとしたことで有名人になり、モス・アイズリーでの経験を人びとに語り聞かせるようになった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 カタカナ表記は『スター・ウォーズ旧3部作の主要舞台完全ガイド』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki