FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ミンバン[2](Mimban)は、サーカパスV[2](Circarpous V)という名前でよく知られる沼の惑星。はコーウェイミンバナイトスレラといった種族の出身地である。ミンバンとは地元のものたちが使う呼び名。サーカパス・メジャー星系にあった。

歴史

クローン戦争中、マッド=ジャンパーズとして知られた第224大隊デビル・ドッグスとして知られた第44特殊作戦師団が惑星サーカパスVで活動しており、ミンバンの戦いで戦った。

銀河帝国は炭鉱施設を惑星サーカパスVに設置した。また、惑星にあったポモジェマ寺院にはカイバー・クリスタルが存在した。クロナル卿はフォース探知機を作るため、サーカパスVで取れたサイセン・クリスタルを使用していた。帝国はまた、炭鉱の町を五つ惑星に設立していた。

2 ABYレイア・オーガナとルーク・スカイウォーカーは、共和国再建のための同盟への資金提供を申し出る者たちとの会合を行うため、サーカパスIVへと向かった。しかし、エンジンのトラブルで彼らはサーカパスVへと不時着することになる。帝国が違法なドロヴァイトを採掘していたこの惑星で、ふたりは採鉱コロニーの総督の囚人になってしまった。スカイウォーカーが捕まったことを知ったダース・ヴェイダーはこの惑星に駆けつけるが、ふたりは既に逃げた後だった。その後、スカイウォーカーはポモジェマ寺院でダース・ヴェイダーと対峙し、このシスの暗黒卿ライトセーバーの戦いを繰り広げた。スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービの魂の助けを得て、ヴェイダーに手傷を負わせる。ヴェイダーを倒すことは出来なかったが、ルークとレイアは彼から逃げることに成功した[3]

ユージャン・ヴォング戦争のあいだ、ユージャン・ヴォングファイア・ブリーザージンディンを侵略するためにミンバンから沼のガスを得たという噂が流れていた。

また、危険なワンドレラはこの惑星の代表的な原住種だった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 出典:Databank title Mimban - Databank
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
  3. 出典:スター・ウォーズ 全史

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki