FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ミュニファスント級スター・フリゲート(Munificent-class star frigate)、通称銀行グループ通信フリゲート(Banking Clan Communications Frigate)はホーシュ=ケッセル・ドライブ社が製造したインターギャラクティック銀行グループフリゲート艦である。クローン戦争中、独立星系連合によって使用された。

製造

ホーシュ=ケッセル・ドライブ社製ミュニファスント級スター・フリゲートは、軍艦と通信船というふたつの役割を担ったフリゲート艦である。船体中央部から左右に伸びる翼には防御用兵器が備わっていた。ミュニファスント級艦は200名の乗員で運用され、15万体以上のバトル・ドロイドを運ぶことができた。生きた乗員が少なかったため、しばしば生命維持装置が削減対象となっていた。レーザー砲やツイン・ターボレーザー砲イオン砲を搭載していた。友軍艦船間の通信では万全のセキュリティが確保され、敵の信号の妨害装置を積んでいた。[1]

歴史

ミュニファスント級スター・フリゲートはインターギャラクティック銀行グループの軍艦および通信船として使用され、「銀行グループ通信フリゲート」という通称でも知られた。[1]クローン戦争中、ミュニファスント級艦は独立星系連合の戦力に加わった。[2]

表記

ターキン』ではミニュファンストと誤表記されている。『アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではミューニフィセントバンキング・クラン通信フリゲートと表記されている。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。