FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ミュニファスント級スター・フリゲート(Munificent-class star frigate)、通称銀行グループ通信フリゲート(Banking Clan Communications Frigate)はホーシュ=ケッセル・ドライブ社が製造したインターギャラクティック銀行グループフリゲート艦である。クローン戦争中、独立星系連合によって使用された。

製造

ホーシュ=ケッセル・ドライブ社製ミュニファスント級スター・フリゲートは、軍艦と通信船というふたつの役割を担ったフリゲート艦である。船体中央部から左右に伸びる翼には防御用兵器が備わっていた。ミュニファスント級艦は200名の乗員で運用され、15万体以上のバトル・ドロイドを運ぶことができた。生きた乗員が少なかったため、しばしば生命維持装置が削減対象となっていた。レーザー砲やツイン・ターボレーザー砲イオン砲を搭載していた。友軍艦船間の通信では万全のセキュリティが確保され、敵の信号の妨害装置を積んでいた。[1]

歴史

ミュニファスント級スター・フリゲートはインターギャラクティック銀行グループの軍艦および通信船として使用され、「銀行グループ通信フリゲート」という通称でも知られた。[1]クローン戦争中、ミュニファスント級艦は独立星系連合の戦力に加わった。[3]

表記

ターキン』ではミニュファンストと誤表記されている。『アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではミューニフィセントバンキング・クラン通信フリゲートと表記されている。

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]