FANDOM


この記事はTIEパイロットを扱っています。 あなたが探しているのは彼の息子、レジライ・ミゼルかもしれません。
「危ない!」
―ミゼルの最期の言葉[出典]

砕き屋ミゼル[1]("Mauler" Mithel)は人間男性で、DS-61-2の識別番号を与えられていた帝国宇宙軍TIEファイターパイロット0 BBY当時、ブラック中隊に所属していたミゼルは、初代デス・スターに配属されていた。彼はヤヴィンの戦いブラック2として飛行し、ダース・ヴェイダーの左翼を担当したが、<ミレニアム・ファルコン>による攻撃で戦死した。

経歴

人間男性、ミゼルは、若い頃に父親のT-16スカイホッパーに乗り込み、ボサン・スカイ・ドラゴンの密漁をすることで操縦の腕を磨いていた。やがてミゼルは銀河帝国宇宙軍に加わり、特殊訓練を受けてTIE/LNスターファイターパイロットになった。“砕き屋”のニックネームで知られるようになったミゼルは、0 BBYヤヴィンの戦いまでに、27機もの反乱同盟の戦闘機を撃墜する戦果を挙げていた。彼は撃墜スコアの数だけ、戦闘機の船体に炎のペイントを施していた。

ミゼルには、レジライという名前の息子がいた。ミゼルは息子のホロをTIEファイターの操縦桿に乗せていた。彼の息子は、やがてトラクター・ビーム担当将校になり、スローン大提督が指揮する<キメラ>に乗艦した。

ヤヴィンの戦い当時、ブラック中隊に所属していたミゼルは、初代デス・スターに配属されていた。反乱同盟のスターファイターがデス・スターに対して攻撃を開始すると、ダース・ヴェイダーとの任務のために待機していたミゼルは、ブラック2としてデス・スター防衛のために出撃した。彼はヴェイダーのTIEアドバンストx1の左翼を担当して飛行し、デス・スターの排熱孔へと進むルーク・スカイウォーカーT-65 Xウイング・スターファイターを追撃した。しかし、突然<ミレニアム・ファルコン>からの攻撃を受け、ミゼルの操縦するTIEファイターはトレンチ・ランの壁に激突して大破してしまった。

登場作品

MaulerMithel-XWMG

ヤヴィンの戦いにて、ミゼルが操縦するTIEファイター

参考資料

脚注

  1. 訳語及びカタカナ表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。