FANDOM


マーレック・スティール[1](Maarek Stele)は、帝国宇宙軍に所属したパイロットで、皇帝の手のひとり。惑星クワン出身のスティールは、タルーニアン内戦の終盤、銀河帝国によってボーダリのエージェントから救われた後、帝国宇宙軍に加わった。彼はもともとメカニックとして働いていたが、モードン提督の命を救った後、TIEパイロットとして訓練を受ける機会を与えられた。銀河内戦で数々の軍事作戦に参加したスティールは、共和国再建のための同盟だけでなく、裏切り者のハーコフ提督やデミトリウス・ザーリンの軍隊とも戦った。彼はすぐにエース・パイロットになり、帝国で最も優れたパイロットのひとりとして知られるようになった。また、彼は新型機のテスト・パイロットとしても知られ、TIEアヴェンジャーTIEディフェンダー、そしてミサイル・ボートを実戦で初めて使用したパイロットのひとりである。

皇帝のシークレット・オーダーは、フォース=センシティブ能力を持つスティールに興味を持った。皇帝パルパティーンをザーリンから救った後、スティールはフォースの使い方の訓練を受け、皇帝の手のひとりになった。また、彼は“タン”の称号を与えられていた。高い地位を手に入れたスティールだったが、やがて帝国での生活に疑問を持つようになり、特にエンドアの戦いで皇帝がんだ後に、その考えを強めるようになった。しかし、バロンスーンティア・フェルと出会ったスティールは、帝国への忠誠心を取り戻し、フェルの第181帝国戦闘機部隊に加わった。帝国がインペリアル・レムナントになった後も、彼はパイロットとして仕え続け、ユージャン・ヴォング戦争にも参加した。ユージャン・ヴォングの侵略が終わった後、彼はランド・カルリジアンケッセル防衛任務に参加し、この星のギャリソン・ムーンで再び将校として活動するようになった。

経歴

生い立ち

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではマレック・スティールと表記されている。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはマーレック・スティールに関する1枚の画像があります。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki