FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

マーズ・グワオ[2](Mars Guo)はフュイの男性で、ポッドレーサーパイロット。グワオは大酒飲みで美女が好きであり、そのおしゃべりな性格のためにしばしばトラブルに巻き込まれた。彼はモス・エスパで行われたレースに参加したが、勝利することはできなかった。

経歴

Mars guo

ブーンタ・イヴ・クラシックでのグワオ

マーズ・グワオはサーキットで最も優れたポッドレーサー・パイロットというわけではなかったが、マイナー・リム・リーグでそこそこの名を残し、惑星タトゥイーンで開かれるブーンタ・イヴ・クラシックでも勝利を掴むことができると自信を持っていた。しかし、レース前夜のボールズ・ルアギムリック・コンサートで、グワオは余計に飲み物を飲みすぎてしまった。さらに悪いことにセブルバトワイレックのマッサージ師のひとり、アン・ゲラを殴るという誤りも犯してしまった。長い間アンに夢中だったヴェクノイドティーント・パガリスはこの出来事を耳にする。

激怒したパガリスはこのことを翌日セブルバに報告した。そして事件を聞いたセブルバは故意にグワオのレーサーに妨害行為を働いたのである。ブーンタ・イヴ・クラッシークのレース第2周目、グワオの操縦するコロア・ポンドラット社プラグ2ビヒモスがまだ健在だったことに、セブルバはいらだっていた。グワオを脱落させるため、セブルバは自分のレーサーから小さな部品を分解し、後ろを走っていたグワオのレーサーの巨大なエンジンへとそれを投げ込んだ。これによってグワオのレーサーは破壊され、彼はコースへと投げ出されてしまったのである。

多くの人々はおしゃべりで自慢矢屋フュイのパイロットが最期を遂げたと信じた。しかし、グワオは何とか生き残って、故郷の惑星フュへと弱弱しく帰っていったのだった。しかし、彼がメドセンターで治療を受けている間、憤慨したセブルバはグワオの所有物のすべてを競売にかけてしまうように、レースの職員を説得した。この所有物にはグワオの奴隷である2人のローディアンの整備士パックストラックス・ボンキックが含まれていた(ただし、パックスのほうは競売の前にティーント・パガリスが購入した)。グワオが再びポッドレースのサーキットに姿を現したのはしばらく後のことである。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki