FANDOM


「マージは分離主義勢力側の惑星だと知っているな、船長?」
ハズ・オビットに対し、オーソン・クレニック[出典]

マージ(Merj)はメタンを呼吸する知覚種族モアシーリアンの出身惑星である。人間を始めとする別の惑星の出身者は、マージでは呼吸マスクを着用する必要があった。

歴史

クローン戦争中、マージとモアシーリアン種族ドゥークー伯爵率いる独立星系連合の側についた。マージに築かれた研究施設では、銀河共和国クローン・トルーパーに感染させる細菌戦用媒介物の開発・製造が行われた。[1]

21 BBY共和国工兵隊オーソン・カラン・クレニック少佐マテーゼ率いる共和国情報部の諜報チームは、モアシーリアンから信頼されていた密輸業者ハズ・オビットの助けを借り、惑星マージに潜入した。彼らの目的は、生物機能学のリサーチラボで働くモアシーリアンの科学者を誘拐し、惑星ヴァルトで監禁されているゲイレン・アーソ博士を解放するための交渉材料にすることだった。隠密計画はうまくいかず、クレニックたちはやむを得ず数名のモアシーリアンを殺害することになったが、ナン・パコタ博士とアーシェ・トーの拉致に成功した。[1]

登場作品

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。