FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

マーカナ[1](Murkhana)はアウター・リム・テリトリー惑星クーリヴァーが住み着き、コーポレート・アライアンスの本拠地がクローン戦争中に置かれていた。大戦中にはアウター・リム包囲攻撃の戦場となり、マーカナの戦いが繰り広げられた。パッセル・アージェンテオロー・ダシーンの出身地である。

歴史

銀河共和国の時代の末期、惑星マーカナには気象ステーションが存在し、惑星の天候を操作していた。マーカナはコーポレート・アライアンス監督官パッセル・アージェンテの出身地であり、アージェンテは自分のコーポレート・アライアンスや、子会社のレス・マーチャンダイジング社に多額の袖の下が入ってくる限り、惑星マーカナでいかなる犯罪行為が行われても目をつぶっていた。その後、クローン戦争の時代には、マーカナは背信行為のまかり通る惑星になっていた。独立星系連合の惑星として、マーカナはアウター・リム包囲作戦を展開していた共和国軍の標的となった。共和国はマーカナに降服勧告を与えたが、分離主義者たちがそれを受け入れることはなく、最後通牒の期限が切れた時点で共和国は攻撃を開始した。[2]

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒卿ダース・ヴェイダー』に基づく。
  2. 出典:暗黒卿ダース・ヴェイダー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki