FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「罠を避けるよりも、罠に足を踏み入れてしまうほうが収穫が多いことがある。とくに、その罠を仕掛けた張本人を知りたいときにはな」
ダース・シディアス[出典]

15 BBY、元共和国情報部部員のバーチ・テラー銀河帝国に対する反乱を起こした。テラーの反乱分子は、帝国軍が行ったアンターの虐殺に不満を持つ者たちによって構成されていた。彼らは帝国の宇宙軍情報部を率いるドッド・ランシット中将と密かに手を結び、虐殺の実行者であるモフウィルハフ・ターキンを標的に定めた。[1]

制作の舞台裏

バーチ・テラーの反乱は、ジェームズ・ルシーノ小説ターキン』で描かれた。『ターキン』に先駆けて発売されたスター・ウォーズ インサイダー誌153号には、この小説の内容を描写するジョー・コロネイのイラストが掲載された。

脚注

  1. 出典:ターキン