FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「おふたりともお気づきでないかもしれませんが、マーカナはコルサントではありません。ここの住人はわたくしを憎んでいる。マーカナがわたくしを憎んでいるのではないかと思うことさえあります。増税であれ法制度のわずかな修正であれ、その責任を負うのはわたくしですから。ここで尊敬されているのは、密輸入者だけです」
―マーカナに駐在していた銀河帝国の大使[出典]

マーカナ(Murkhana)はアウター・リム・テリトリーに属した惑星クローン戦争中、独立星系連合によって支配され、コーポレート・アライアンスの拠点が置かれていた。銀河共和国の攻撃は惑星の環境に壊滅的な被害を及ぼし、大戦が終わった後もその影響は色濃く残っていた。

制作の舞台裏

惑星マーカナはジェームズ・ルシーノ小説ターキン』で初登場を果たした。『ターキン』に先駆けて発売されたスター・ウォーズ インサイダー誌153号には、ジョー・コロネイによるマーカナのイラストが掲載された。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。