FANDOM


マンダロリアン・スーパー・コマンドー(Mandalorian super commando)はクローン戦争中に形成されたマンダロリアンのグループで、シス卿ダース・モールシャドウ・コレクティヴに忠実なデス・ウォッチの一派である。マンダロアプレ・ヴィズラがモールとの決闘に敗れ、デス・ウォッチの指揮権が移った後に創設された。旧デス・ウォッチのナイト・アウル一派はモールを敵対視し、スーパー・コマンドーと対立した。

歴史

BattleOfSundari-shippingdocks

スーパー・コマンドーとナイト・アウルの内戦

クローン戦争中、プレ・ヴィズラ率いるデス・ウォッチシャドウ・コレクティヴの力を借りて惑星マンダロアを制圧した。サティーン・クライズ女公爵新マンダロリアン政権を転覆させた後、ヴィズラはコレクティヴを率いるシス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスを裏切った。しかし、モールはヴィズラに一対一の決闘を申し込み、激しい戦いの末勝利を収めた。モールは伝統に則ってマンダロリアンの新しい指導者となり、彼に忠実なスーパー・コマンドーが創設された。ヴィズラの副官だったボ=カターン・クライズナイト・アウルを率いて独立し、スーパー・コマンドーとの間に内戦を繰り広げた。

モールがマンダロアを統治した間、スーパー・コマンドーはサンダーリ宮殿を警備した。彼らは衛兵であると同時に戦士でもあり、脱獄したサティーン・クライズ女公爵の追跡も行った。その後、クライズを助けにやって来たジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービもスーパー・コマンドーの攻撃を受けた。クライズの死後、ケノービはナイト・アウルの助けを借りて逃亡し、スーパー・コマンドーの攻撃を凌いでマンダロアから去った。シスの暗黒卿ダース・シディアスが宮殿に攻め入った際、数名のスーパー・コマンドーが殺害された。

シディアスはオプレスを殺し、モールをスティジョン・プライムにあるスパイア刑務所へ連れ去った。しかし、マンダロアのアルメク首相の指示のもと、スーパー・コマンドーのローク・カストガー・サクソンらがシディアスを追跡していた。カストたちはモールを脱獄させ、シャドウ・コレクティヴの一員として独立星系連合銀河共和国との戦いに臨んだ。スーパー・コマンドーはザンバーオード・マンテルマンダロリアン小惑星前哨基地における戦いに参加し、ダソミアで行われた最後の戦いでもモールを助けた。シャドウ・コレクティヴはこの戦いで崩壊した。

装備

Mandaloriancommando4

スーパー・コマンドー

他のマンダロリアンと同様、スーパー・コマンドーも伝統的なマンダロリアン・アーマーを身に着けていた。彼らの装甲服にはと黒のペイントが施され、何名かはヘルメットにモールやオプレスを模した角を取り付けていた。ヘルメットに手形のような模様を入れたスーパー・コマンドーもいた。他に、スーパー・コマンドーはブラスター・ライフルブラスター・ピストルロケット・ダーツミサイルなど多彩な武器を装備し、ジェットパックを背負っていた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

マンダロリアン
派閥 マンダロリアン・ネオ=クルセイダー - 新マンダロリアン - デス・ウォッチ - ジャーニーマン・プロテクター - ナイト・アウル - マンダロリアン・スーパー・コマンドー - インペリアル・スーパー・コマンドー
氏族 クライズ家クライズ氏族) - ヴィズラ家サクソン氏族 - ヴィズラ氏族 - レン氏族) - エルダー氏族 - ルック氏族
地名 マンダロアサンダーリ - 王立アカデミー) - カレヴァラ - クローネスト - コンコーディア - コンコード・ドーン
兵器 マンダロリアン・アーマー - マンダロリアン・ヴァンブレイス - ウェスター35ブラスター・ピストル - グラップリング・ライン - パラライジング・ダート - 小型携帯式シールド - ジェットパック - ダークセーバー
ビークル アカジョア級シャトル - コムルク級ファイター/トランスポート - バルター級スウープ - ファング・ファイター
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。